犬を美しく撮ってみよう

Photographing Dogs: Get Beautiful Dog Portraits Indoors and Outdoors

犬を飼っている人なら、日常でも携帯などで写真を撮ったことがあるはずです。でも、犬の写真はなかなか思い通りにならないものです。しかし、正しいテクニックを身につければ、プロ並みの犬の写真を自宅で撮影することができます。その方法をお教えしましょう。

「犬の写真」というと、屋外で撮影した写真を思い浮かべますね。しかし、それは一つの方法でしかありません。実は、室内でももっと素敵な犬の写真が撮れます。

自宅で犬のポートレート

ここで、自宅で簡易スタジオを作って撮影するのは非常に魅力的な選択肢となります。人と同じように犬と一緒に仕事ができるので、とても素敵な犬のポートレートが撮れます。

このような室内撮影では、外部フラッシュが1~2台必要です。この方法の利点は、ペットを好きな方向から照らすことができ、クリエイティブに光を扱うことができることです。また、背景はシンプルな色合いなものを選ぶと、見る人の目を惹きつけることができます。

How to Photograph Dogs: a dog photographed with an external flash.
このポートレートには柔らかな光が必要だったので、ニコンSB800フラッシュを使用しました。ケーブルを使ってカメラ本体に接続し、スタンドに置きました。フラッシュの前に白い色の写真用の傘を置きました。フラッシュを至近距離からダイレクトに目に向けて発光するのは避けましょう。フラッシュがストレスになることもあるので、気を付けましょう。犬の後ろのシンプルな背景に大きな灰色のボックスを使用しました。Nikon D800、Nikon 28-300 / 3,5-5,6、1 / 250秒、f / 14、ISO 100、焦点距離200 mm

犬の写真撮影のための背景の選び方

室内で作業をする場合、背景を作る方法はいくつかあります。例えば、白い紙を使えば、明るい自然な背景を得ることができます。あるいは、黒い紙を使って、コントラストの強い暗い背景を用意します。

画材店などに行けば、大きな正方形の紙が売っています。また、プロカメラマン用の背景紙を注文することもできます。これらは様々な幅のロール状で売られています。

How to Photograph Dogs: photo of a puppy on a white background.
子犬の写真には白い背景を選びました。犬の毛並みに溶け込みます。目などのディテールが際立ちます。Nikon D800、Nikon 28-300 / 3,5-5,6、1 / 250秒、f / 8、ISO 100、焦点距離300 mm
How to Photograph Dogs: photo of a dog on a black background.
背景を黒にすると、とても印象的になります。犬の白い毛とコントラストをつけるために、横からフラッシュを1回だけ当てて、その光が紙に当たらないようにしました。そうすることで、背景を黒くすることができました。そうしないと、フラッシュの光で背景がグレーになってしまいます。Nikon D800, Nikon 28 – 300/ 3,5 – 5,6, 1/320秒, f/16, ISO 100, 焦点距離 300 mm

屋外で犬を撮影する

屋外で犬を撮影する場合、自然光に頼らざるを得ません。理想は曇りのときに出かけるのがベストです。雲は日中の光を和らげるので、影が濃くなりません。犬の影の映り方も考えてみましょう。

自然な背景は写真のバリエーションが広がりますが、選び方には注意が必要です。背景の色は、モデルに合った調和のとれた色であることが大切です。

How to Photograph Dogs: photo of a dog taken by a telephoto lens.
望遠レンズと中程度の F値を使用したところ、被写界深度が浅くなりました。犬は目立ち、周囲は少しぼやけており、色も犬によく合います。Nikon D800、80.0-400.0 mm f / 4.5-5.6、1 / 400秒、f / 11、ISO 400、焦点距離400 mm

犬と一緒に写真を撮るには

写真撮影は、犬が楽しく過ごせるような工夫をしましょう。時間が長すぎるのもよくありません。長すぎると、犬は興味を失い、疲れた顔をして、無理やり写真を撮らせたことが皆にバレてしまいます。

撮影中は、ほめてあげたり、おやつをあげたりして、犬のモチベーションを上げましょう。そうすれば、撮影を楽しいことと結びつけて、喜んで協力してくれるようになります。

もし、撮影を手伝ってくれる人がいたら、ぜひその人に声をかけて、犬とコミュニケーションをとってもらい、やる気を出させたり、おやつで方向を教えてもらったりしてください。そうすれば、あなたは撮影に集中できます。

How to Photograph Dogs: dog looking at its master.
この犬は生き生きとした表情で主人を見つめ、おやつを心待ちにしています。Nikon D700、80.0-400.0mm F4.5-5.6 、1/250秒、F11、ISO100、焦点距離70mm
How to Photograph Dogs: a dog with a toy.
撮影中、犬におもちゃを与えて遊ばせることができます。写真に活気が出て、犬も楽しくなり、より自然な表情になります。一方、犬と遊んでいるときは、落ち着いている時よりも露出時間を短くすることを忘れないでください。動きのある写真を撮りたいと思うでしょうが、ブレてしまってはいけません。Nikon D800、50.0mm F1.8、1/400秒、F8、ISO640、焦点距離50mm

事前準備が大切

撮影する前によく考え、準備することが大切です。環境を選ぶ、お菓子を持参するなどです。

ドッグショーの準備をするように、犬をきれいにしてあげてください。ブラシなどで毛づくろいをして、目元をきれいにして、また、眠くならないようにすることも大切です。

そして、犬が飽きてきてしまったら、必ず作業をやめることです。

犬のポートレートを編集する方法

パソコンで写真を扱う作業をできるだけスムーズにするために、RAWで撮影してください。そうすることで、後々の編集に優れた選択肢が生まれます。

その後、Zoner Photo Studio X で写真の露出を編集し、必要に応じて暗い部分を明るくしたり、露出オーバーの部分を抑えたりすることができます。例えば、露出オーバーの白い毛並みや黒くつぶれてしまった毛並みには、現像モジュールライトとシャドウのスライダーを使用します。露出の誤差を補正することができます。

また、レタッチツールもぜひ活用してください。例えば、犬の毛並みをきれいにしたり、眠そうな目元の雰囲気も編集することができます。

新しい記事を徐々に追加しております。

無料オンラインマガジン「フォトレッスン教室」を購読する

メールアドレスは正しくありません。
著者編集部

コメント