日本の秋の彩りを楽しもう

Zoner Photo Studio Xのカンタンな操作で、秋の彩りを編集をしてみましょう。

日本独自の記事を配信するシリーズ3回目のテーマは「秋」です。

日本列島は南北に長いので、地域によっては多少の季節感のずれはありますが、深まる秋の風景を撮影したり、お蔵入りになっていた昔の写真などをZPSXを使って、編集してみませんか?

特に空の青が深くなり木々の葉が色を変えていく「秋」は、見映えの良い写真を撮るには絶好のチャンスです。

コスモスの写真を編集した例を見てみましょう

Canon EOS Kiss Digital  絞り:11.0、自動露出(P):1/320秒 ISO:200 焦点距離:21mm

コスモスはさまざまな色の花が存在します。複数の異なる色の花と秋らしい空を背景に撮った写真です。この編集では、最初にバリアントを作成し、日中の陽射しの下でしたので、それを強調するために 「プリセット」を使ってみました。 「カラー」-「Vivid]」を選択し、パラメーターも 「100%」で出力したことで、空の青さやコスモスの花びらの色が強調されています

編集の前後を見比べてみると、もう少し淡い色合いにしたほうが優しい雰囲気にできたかも知れません。色味などは、それぞれの好みがあるので自分なりに編集を試してみましょう。

トリミングをしてみる

写真:greenKyoko 撮影地:山口県岩国

元の写真には左下に棒のようなものが映り込んでいました。「切り取りと回転」を使ってトリミングをしました。電信柱や標識のようなものは時々撮影者を困らせます。こんな時はトリミングするのも一案です。

元の写真には左下に棒状のものが映っていました。

深まる秋を楽しみましょう 

秋といえば、もみじの「赤」でしょうか?こんなきれいな赤い葉に出逢えると、うれしくなります。本格的なカメラを持っていなくても、携帯を持っていたら、早速、撮影してみましょう。ZPSXでは携帯で撮影した写真も編集することができます。

写真:greenKyoko 撮影地:山口県岩国市 Canon EOS5D MarkⅡ 絞り:f8 露出:1/640 ISO:1600 焦点距離105㎜

写真の中の傾いた建物を修正する

撮ったけれど、家に帰ってパソコンに取り込んだら、建物がゆがんでいたとか、水平線が斜めになっていた・・・など、ありませんか?

こんな時は水平補正を使って修正します。とても簡単に修正できます。

インテリジェントを使うと写真全体の縦横を自動的に修正してくれます。補正した写真は名前をつけて保存しましょう。

自分なりの秋を見つけよう

写真:greenKyoko Canon EOS5D MrⅡ 絞り:f5.6  露出1/125秒  ISO:200 焦点距離300mm

近所の公園で撮影。お手持ちのレンズを色々変えて撮ってみても趣のある一枚が撮れるかもしれません。

身近にある秋の気配を見つけてみましょう。 

Zoneramaにも写真をアップしてみましょう!

Zoneramaは容量無制限・無料で使えるオンラインギャラリーです。せっかく撮った写真を世界中の皆さんにみてもらいましょう。

新しい記事を徐々に追加しております。

無料オンラインマガジン「フォトレッスン教室」を購読する

メールアドレスは正しくありません。
著者編集部

コメント