画像処理

レイヤーを使って独自の合成写真を作る:写真を別の写真の中に配置する方法

この写真は、どうやって撮影したんだろう?と思うような写真を作ってみませんか?写真を合成して、リアルに見せる方法です。これを作るための簡単な方法があります。例えば、誕生日カードとか、ちょっと遊び心で人を喜ばせたい時にも使えます。写真を別の写真の中に入れて、独自の合成写真、または写真のコラージュを作成する方法を今日はご覧ください。

写真の中の背景にある電線や電柱など不要なものを消す方法

風景写真や屋外で写真を撮っている時、素晴らしい構図なのに、何か邪魔な物が入っている事があります。それは、電線や電柱だったり、レンズのゴミだったり、それがなければ素敵な写真なのに、とても残念に思う瞬間です。しかし、適切に編集すれば、この問題を簡単に解決できます。基本的なレタッチを行う方法を見てみましょう。

口径食・ケラレー問題点と長所

実際に、どの写真にも少しの口径食やケラレがあります。これが欲しい時もあるし、不用な時もあります。口径とは交換レンズの一番前のレンズのことを指し、最初に光が入る入口の事です。光は常に平行ではなく、斜めから入り込んでくる光もあります。斜めから入ってくる光は他のレンズの径に邪魔されるため、中心に比べると入ってくる光の量が減ってしまう性質があります。口径食を回避する方法があります。どのように、いつ、どう使うかご存じでしょうか?

無料のAdobe DNGコンバーターを設定する手順

ZPSXは、多くのカメラのRAWデータに対応しています。(こちらで確認できます)カメラが捉えた光の情報をRGBの三色に分解して保存しているのがRAWデータです。RGBの三色はあらゆる色を再現することができ、パラメーターの調整次第で1枚のRAWから様々な仕上がりの写真を作ることができます。しかし、編集する人の中に、このファイルがサポートされていないと言われることがあります。それは誰かが悪いわけではありません。各カメラメーカーのRAW形式は企業秘密となっており、各社で少しづつ違うからです。もし、対応していなくても心配しないでください。Adobe DNG Converterをダウンロードして、Zoner PhotoStudioに統合します。

LCP(およびDCP)の使い方を学ぶ:口径食やケラレやその他のレンズの欠陥を修正する

ケラレや口径食、色収差、および樽型歪みなどの変形写真の変形。 どのレンズにもこのような欠陥があります。写真によっては隠れていても、見えるものもあります。しかし、これらは簡単に抑えられます。DNGコンバータをインストールし、LCP(および DCP)プロファイルを利用するだけです。

写真の切り取り方法

トリミングツールは、最もシンプルで広く使用されている写真編集ツールです。このボタンを使用すると、構図を改善したり、印刷するための辺の比率を調整したり、画像の端にある不要な物を取り除くことができます。

新しい記事を徐々に追加しております。

無料オンラインマガジン「フォトレッスン教室」を購読する

メールアドレスは正しくありません。