画像処理

透明度とテキスチャーで写真をより見映え良くする

写真のディテールが不足していると感じることがあり、どうすればそれを引き出せるか悩んでいる人はいませんか?Zoner Photo Studio Xの「透明度」と「テキスチャー」を調整してみてください。これらの調整は、写真全体のコントラストを変えることなく、写真の質を高めるのに非常に有効です。

露出とダイナミックレンジを調整する方法

ほとんどの写真には、多少の露出やダイナミックレンジの調整が必要です。特にRAW写真では、予想以上の効果を得ることができます。これは、撮影時に露出設定を気にしなかった場合や、ハイライトとシャドウがきついシーンを撮影した場合に便利です。例えば、風景写真や人物写真で、ある部分には明るい空が写っていて、ある部分には影が写っているというような場合です。

写真のシャープとノイズの量のバランスをとる

ノイズが多い写真や、シャープさが必要な写真は、多くのフォトグラファーが直面する一般的な問題です。幸いなことに、これらの問題は写真編集で解決できることが多いです。ここでは、写真のノイズを減らしたり、シャープを高めたりする方法を紹介します。この2つの調整は密接に関連しているので、写真のシャープさとデジタルノイズの適切なバランスをとる方法も学びます。    

カタログ機能で写真を簡単に整理

整理された写真と素早い検索?それが可能です。ただ、適切なツールが必要です。Zoner Photo Studioのカタログ機能は、まさにそのためのツールです。カタログを使いこなせば、写真での作業がもっと楽になるはずです。

背景を透明にする方法

透明な背景は、商品写真やコラージュ、その他のクリエイティブな編集を準備する際に、完璧な助けとなります。しかも、設定は簡単です。必要なのは、選択範囲、レイヤー、マスクなどの基本的な作業だけです。数分でポスターや招待状の作成に使える写真が完成します。 

ケラレやその他のレンズの欠陥を修正する:LCP(およびDCP)の使用方法を学ぶ

ケラレや口径食、色収差、樽型歪曲などの変形。どのレンズにも多少なりともこのような欠陥があります。あまり影響を感じない写真もあれば、非常に影響のある写真もあります。幸いなことに、これらの欠陥は簡単に抑えることができます。DNGコンバーターをインストールして、LCP(およびDCP)プロファイルを利用すれば解決します。

Instagram用の写真を編集する:ボーダーを追加してトリミングを避ける

インスタグラムでは、横長や縦長の写真をアップロードすることができますが、サムネイルは常に正方形に切り取られます。これはフォトグラファーにとって必ずしも理想的ではありません。もしこれを回避したいなら、簡単なコツを覚えればいいのです。写真に境界線を追加して、トリミングを回避しましょう。Zoner Photo Studio Xでは、みなさまに、写真を共有する準備ができています。これで、似たような機能を持つ怪しいモバイルアプリを使う必要もなくなりますね。

Zoner Photo Studio X 2021 でのビデオ編集:簡単かつ高速に作成

カメラや携帯電話の多くは、写真だけでなく、動画を撮影する機能も備えています。瞬間を切り取るには、動画のほうが適していることがあります。1回の撮影では全体像を伝えきれないものもあるからです。そんなときは、Zoner Photo Studio Xで簡単に作れるビデオ編集がお勧めです。新しくなった機能を使えば、ビデオの編集も簡単です。

新しい記事を徐々に追加しております。

無料オンラインマガジン「フォトレッスン教室」を購読する

メールアドレスは正しくありません。