初心者向けのヒント

日本の秋の彩りを楽しもう

日本独自の記事を配信するシリーズの3回目のテーマは「秋」です。 日本列島は南北に長いので、地域によっては多少の季節感のずれはありますが、身近にある、秋の風景を撮影したり、お蔵入りになっていた昔の写真などをZPSXを使って、編集してみませんか?

「Zoner Photo Studio X」で春の写真を簡単に編集してみよう

日本には春夏秋冬の四季があり、それぞれの季節ごとに「見どころ」や「見ごろ」が存在しますが、そのような撮影スポットは「密」となるため、新型コロナウイルス感染拡大による「緊急事態宣言」で、”今年はどこかに行って写真を撮る”と思っていた計画も実行できず歯痒い思いをされた方も多いのではないでしょうか。 

ホワイトバランス:写真の色をマスターする

人間の目は、光の色の変化に簡単に適応できますが、カメラにとってそれは簡単ではありません。そのため、あなたはこの事実を知り現実の場面と異なる発色に気が付かなければなりません。これを行う方法は、カメラモードまたは自動ホワイトバランスを使用することです。次の記事では、シーンの色を現実に合わせて微調整する方法を見ていきます。

露出とは何か、それがどのように写真に作用するかを学びましょう

露出という言葉を聞いたことがあると思います。 でも意味が分からないかもしれません。 ご不明な場合は、この記事をお選びください。写真の成功は、ショット中の光の状態など、さまざまなものに依存します。 、カメラの正しい設定、特に3つの露出設定(時間、絞り、ISO)にも依存します。フォトグラファーであるあなたは、正しい露出度(写真の暗さまたは明るさ)を与える値を選択し、表現したい事を表現できるようにする必要があります。 これらの設定は、写真での時間と空間の記録方法に影響を与えるため、表情に影響します。

適正露出の3つの鍵を発見:露出トライアングル

露出設定に関する以前の記事では、2つの最も基本的な露出設定、つまり開口サイズとシャッタースピードを紹介しました。 それらは、カメラのデジタルセンサーに当たる光の量に直接影響します。 シャッター速度と絞りサイズを組み合わせて正しい露出を得るには、常に複数の方法があります。 どの組み合わせを選択すべきかは、創造的な目標によって異なります。 時間、絞り、および3番目の露出パラメーターISOの関係は、「露出三角形」と呼ばれることがよくあります。

露出モードの使い方

カメラ内蔵の露出計は、入射光のレベルを測定し、それに基づいて絞り、シャッター速度、ISOを調整します。 露出モードの設定によって、カメラと測定される光レベルが決まります。 モードに応じて、カメラは完全に自動的に調整されるか、または写真の最終的な色調をある程度制御します。 一方、手動モードでは、メーターは露出設定にはまったく影響しません。 カメラはどのような露出モードを提供し、どのように役に立つのか?本日の記事でこれらの質問にお答えします。

適正な露出の3つの鍵:ISO

「露出三角形」は、3つの主要な露出設定の用語です。絞り、露出時間、ISO(感度)です。 これらのうち2つ(絞りと時間)は、露出設定に関する記事で説明されています。 今回は、3番目の露出設定であるISOに焦点を当てます。

退屈な背景はもうやめよう! 自分で作成してみましょう

背景は写真にとって非常に重要な要素です。 これらを使用して、写真のスタイルと雰囲気に根本的な影響を与えることができます。 しかし、多くのポートレート写真家は前景、つまり彼らのモデルにのみ焦点を合わせています。 それは残念です! 実験し、モデルと背景をつなぐこと、または反対のことをしてコントラストを出すことを恐れないでください。 あなたは創造的であることが報われることがわかるでしょう。 私たちの記事からインスピレーションを得てください!

新しい記事を徐々に追加しております。

無料オンラインマガジン「フォトレッスン教室」を購読する

メールアドレスは正しくありません。