グラデーションフィルターを使用して写真を改善する方法

グラデーションフィルター機能は、通常、写真の上部(通常は空)を暗くしたり、色付けしたりする為に使用されます。 基本的に、カメラのレンズの上に配置する物理的なグラデーションフィルターを置き換えます。 しかし、ZPS Xのグラデーションフィルターは高度にカスタマイズ可能で、多くの創造的な機会を提供します。

物理的グラデーションフィルターの他に、「仮想」フィルターもあります。 Zoner Photo StudioX  には、このフィルターが用意されています。 私はあなたが<現像>モジュールでそれを使用する事をお勧めします。 そうすれば、非破壊的に使用したり、RAWファイルで動作させる事さえできます。

基本設定

まず、グラデーションフィルター(G)自体をアクティブにします。 次に、写真の上部の空(最も一般的な使用方法)を調整する場合は、その写真をクリックして上にドラッグします。 ドラッグするほど、グラデーションは緩やかになり、その逆も同様です。 <グラデーションの幅>設定を使用して、グラデーションを微調整することもできます。 このフィルターを裏返しにする必要がある場合があります。 反転マスクを使用します。         ※日本版は日本語になっていますので、安心して色々使ってみて下さい。

 

グラデーションフィルターは、8つの異なる設定で、自分の好みにカスタマイズ可能です。 画像の一部を明るくしたり暗くしたりするだけでなく、コントラストに影響を与えたり、シャープにしたり、明るい色や暗い色調のみを調整したりすることもできます。 特定の色に着色する事もできます。

夜の雲に色を付け加える

夕方の空は通常、非常に魅力的に着色されています。 グラデーションフィルターを適用し、彩度とコントラストの設定を使用して色を強調することにより、これをさらに増幅できます. 

星を強調する

星空を強調表示するには、明るさシャープネス設定を使用します。 これらの設定は、グラデーションフィルターだけでなく他の多くの場所にもありますが、空の星空など、写真の1つの領域だけを強調表示する必要がある場合は、グラデーションフィルターが最適です。

太陽の光と影の境界の強化

夏の写真では、太陽が写真の一部に直接輝いているのに、残りの部分が影になっている事がよくあります。 これによって、ある部分が露出オーバーになったり、他の部分が露出アンダーになる可能性があります。 2つの部分の間に実線が引かれている場合は、グラデーションフィルターを使用してこれらを修正できます。

複数のフィルターを一度に使用する

この写真では、空をもう少し暗くすると便利です。 <フィルターの追加>をクリックすると、複数のフィルターを一度に適用できます。 この場合、2番目のフィルターは上部の空のごく一部のみを暗くします。 使用中の全てのフィルターのリストを表示するには、サイドパネルの上部にある表を確認してください。

写真の1つの領域のみに色をつける

グラデーションフィルターを使用して、画像の一部だけに色を付けることもできます。 それは全てあなたの創造性次第です。 これには色設定を使用します。 グラデーションフィルターの設定の下部にあります。 カラーなどで紫の色合いを使用すると、魅力的なヴィンテージ色を得ることができます。 このトリックについては、ブレンドモード も参考にしてみてください。

実用的なワンポイントアドバイス

私は実際にソフトウェア・グラデーションフィルターを好みます。写真を撮る時、カメラに何かを取り付ける時間がない事が多いからです。 又、RAWで撮影する場合、フィルターが画質を損なうことを心配する必要はありません。常に十分なデータがあるからです。

 Zoner Photo Studio Xをダウンロードしてください。グラデーションフィルター編集を試すことができます。

最終更新日 14. October 2019

2 0
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集長

すべての記事 を読む.

コメント