理想的なキットの選択①:初心者向けのカメラ

あなたは新しいカメラを購入する準備ができている熱心なフォトグラファーですか? 新しいシリーズを作成し、さまざまな状況やジャンルに最適なカメラとレンズの組み合わせを1つずつ紹介します。 今回は、初心者に最適なカメラを選択します。

予算が限られている初心者の場合、優れた性能と価格帯のCanon EOS Kiss X9とNikon D3500が最適な選択肢の1つであると考えています。 続きを読んでこの分野に関する記述、長点と欠点の評価、良いレンズの推奨事項をご覧ください。  

最初のデジタル一眼レフをどのように選ぶべきですか?

最初に写真を撮り始めたとき、今日のEOS Kiss X9の前身であるCanon EOS Kiss X7を選びました。 どちらのモデルも、リリース時点でAPS-Cセンサーを備えた最小かつ最軽量のデジタル一眼レフでした。それらの両方の長所は、カメラ本体が非常にコンパクトで、私はそれを必要な場所で経験を得る為にはとても便利でした。またEOS Kiss X7での18メガピクセルの解像度を備えたハイブリッドAPS-C CMOS AF IIセンサーは、2013〜2014年の手頃な価格のカメラの中で最高の製品でした。

ここでは今日のEOS Kiss X9がさらに優れています。 24.2メガピクセルであり、DIGIC 7イメージセンサーには、ライブビューで非常に迅速に焦点を合わせるという利点もあります。 9点自動焦点調節機能を備えた光学式ファインダーにより、写真撮影も簡単になります。 これは、ビデオの撮影などの優れた機能です。 フルHDで撮影することもできます。

3インチのタッチスクリーンも素晴らしいタッチです。 写真を撮ってカメラを設定するときだけでなく、例えばカメラ内でビデオを編集するときも、作業が簡単になります。 EOS Kiss X7とは異なり、「EOS Kiss X9」には折り畳み式のディスプレイが付いているため、低い位置の物体を撮影するときに地面に横たわる必要がなくなりました。(デジタル一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ 海外機種一覧参照 100D=EOS Kiss X7・200D=EOS Kiss X9)

私の経験

数年前に写真撮影を始めたとき、私は「理想的なコンビ」を探していました。さまざまな状況で手頃な価格で使いやすいデジタル一眼レフとレンズのコンビ。 私が選んだのはキヤノンEOS Kiss X7でしたが、その弟であるEOS Kiss X9は今日も同様にあなたに仕えます。 非常に信頼性が高く、よく設計された小さなガジェットで、多くの機能を備えています。 いくつかの小さなマイナス点はありますが、優れているのは、既に述べたその小ささ、コンパクトさです。 その大きさはに、丸一日の写真撮影した後に腕が痛むことはなく、バッグのスペースも問題ありませんでした。 そうでなければ重すぎたり、収まらなかったりする機器を梱包することはできませんでした。

A Camera for Beginners - bag

ロープロデジタル一眼レフバッグとその付属品。

ただし、カメラのサイズが小さいと、EOS Kiss X7とEOS Kiss X9の両方で共通される最初の問題が発生しました。手のひらが大きい場合、写真を撮ったりビデオを撮影したりする際にグリップを掴むのが難しいでしょう。 全体的なグリップは非常に快適で、シャッターとゴムで保護された部分の周りに人間工学に基づいた湾曲がしっかりと付いていますが、指のくぼみは小さく、その小さなプロファイルはしっかりしていて、その小さな範囲内で操作をすることが求められます。

A Camera for Beginners - rubber coated recess

Canon EOS Kiss X7の人間工学に基づいたゴムコーティング成形。 何年もこのグリップの形を大いに楽しんでいます。

どんなレンズ?

当然、レンズも必要です。EOS Kiss X7が市場に投入されると、カメラとそれに付属する1つ、又は2つのレンズ、およびクリーニングペンやメモリーカードなどの他のアクセサリも入手できる割引価格でセットで購入できます。 現在、キヤノンEOS Kiss X9と同様のレンズセットから選択できます。

私の場合、それはユニバーサルCanon EF-S 18-55mm f / 3.5-5.6レンズと「長い」タムロンAF 70-300mm f / 4.5-6 Di LD Macro 1:2レンズでした。 そして、これらの同じレンズをお勧めします。 それは手頃な価格で普遍的であり、より高い価格とパフォーマンスのカテゴリーに移行しても、どんな状況であってもあなたを失望させません。

固定ポートレート・レンズもお勧めします。 この種のレンズは、F値が低いため、ポートレートに最適です。 ただし、固定されていることに注意してください。ズームはしません。 このカテゴリーでは、50 mm f / 1.8 STMが最適です。

A Camera for Beginners - lenses

基本セットのキヤノンとタムロンのレンズ。

作品の仕上げ作業の必要性

例えば、外出中に写真を撮ってすぐに写真を活用しようと思うと、問題が発生します。 デジタル一眼レフを使用すると、鮮明で詳細な写真が得られますが、色は正確には合いません。 携帯電話のアプリで撮影する場合と比較すると、鮮明さは低下するため、後で写真を編集することをお勧めします。 そのため、フィルターを使用していない限り、すべての写真を最大限に活用したい場合は、写真を撮影した後の編集に多くの時間を費やす必要があります。

納得できる写真を手に入れるために、難しい写真ソフトの編集に時間をかける必要は全くありません。Zoner Photo Studio Xのようなプログラムで、素敵な色の忠実な写真を手に入れることができます。写真の編集で最高の経験ができます。現像モジュールを使って、数分で写真が眩しい色でいっぱいになります。

ビデオ撮影

EOS Kiss X7とEOS Kiss X9の両方でのビデオキャプチャについて不満はありません。 問題が発生するのは、これらのカメラのサイズが小さいことだけです。 とても軽いので、特に安定しているわけではありません。 揺れのないスムーズな撮影を行うには、手ぶれ補正機能付きのレンズを手に取るか、静止シーン用の三脚に頼る必要があります。

最後になりましたが、動画を撮影するには、書き込み速度が少なくとも10 Mb / sのメモリーカードが必要であることを忘れないでください。 速度が遅いと、ビデオキャプチャが5〜10分後に自動的に停止する可能性があります。これは、カードの性能が維持できないためです。

推奨する道具一式

ここでは、デジタル一眼レフでの作業の雰囲気を完全に変えることができるアクセサリーについて説明します。 最も重要な部分から始めましょう:バッテリーです。 Canon EOS Kiss X9 に付属しているオリジナルのLP-E17バッテリーは1,040 mAhしかないため、1日中は持ちません。

そのため、家族のお祝いを約20分のビデオで撮影したい場合を除き、大容量のバッテリー(DSTEが2,300 mAh以上のバッテリーを製造する)またはバッテリーグリップのいずれかを選択する必要があります。

バッテリーグリップアドインは、内部に最大2つのセルを保持できるため、撮影できる時間が大幅に増えます。 20分から6時間のノンストップフィルム撮影まで簡単に行えます。 さらに、カメラの下のスペースがいっぱいになり、グリップを改善することで縦向きでの撮影がより簡単になります。 要するに、カメラの構造的な欠陥を補います。

A Camera for Beginners - grip

上記のモデルでのEOS Kiss X7の外観は次のとおりです。 また、リモコンと側面の下部バッテリーをカメラシステムに接続するワイヤーがあります。

活用

キヤノン EOS Kiss X9は、約550ドル(日本円で5~6万円くらい)シングルレンズセットを購入できます。 2レンズセットを選択した場合、約750ドル(8万強)を超えないようにしてください。 EOS Kiss X7は、中古品として入手できます。 ただし、公式ディーラーを優先することを強くお勧めします。

最初からより高い位置を目指している場合、たとえばキヤノンEOS 4000D、または、その精神的なライバルであるNikon D3500、またはより高いD5600モデルを選択できます。

次回:風景

このシリーズの次のパートでは、風景を撮影するのに最適なカメラ+レンズセットを紹介します。 作業を簡単にするヒントやコツを楽しみにしています。

著者:Filip Baran

最終更新日 19. March 2019

1 0
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集長

すべての記事 を読む.

コメント