理想的なキットの選択③:風景写真用の選択

写真機材一式に関するシリーズのこのパートでは、風景を撮影するための理想的なキットを検討します。 ボディ、レンズ、アクセサリーのどのような組み合わせが最良の結果になるかを。 また、どのカメラ本体を選択するか、何に留意するかについてもアドバイスします。

風景写真:陸と水に満ちた魔法のような風景でもっとも視聴者を引き付けるジャンルです。 モバイル写真の現在の進歩にもかかわらず、優れたレンズとカメラを使用すれば、最高の風景の美しさを捕らえることができます。

これら2つの適切な組み合わせを選択すると、すべてのシーンを思い通りに捕らえるための基礎が得られます。 風景写真キットの選択から始めたときは、そのために何が必需品になるかを注目してください。 何よりも、高品質のレンズ付属品が必要です。

すべての写真のジャンルと同様に、優れたレンズが基盤です。 また風景の場合は、いくつか必要になります。 具体的には、少なくとも3つ欲しいです。

  • 望遠レンズ
  • 広角レンズ
  • またはキットレンズを用意していただければ幸いです。

レンズ

最初に、最低限必要なレンズについて話しましょう。必要になった時に持っていないと、自分を呪ったり叫んだりするかもしれません。私はレンズについて話しています。 これらのレンズを使用すると、風景の遠くの細部を拡大できます。 例えば、霧からのぞく丘や、日の出に照らされた雪の山頂のような部分など。

Choosing Your Landscape Kit - Tamron 70-200 f2.8

タムロンSP 70-200 f / 2.8 Di VC USD G2レンズは、実際には、同じ焦点距離を持つ一流のニコンまたはキヤノンレンズの非常に合理的な代替品です。 結果は本当に遅れることはありません。 その後、節約したお金を写真旅行や他のキットの購入に投資できます。

理想的な望遠レンズは、70〜200 mmの範囲の焦点距離と、f / 2.8-f / 4の最小F値を提案します。 おそらく最も一般的なのは、f / 4からf / 5.6の最小f値を持つ70〜300 mmの範囲の望遠レンズです。

それらは時々、詳細の悪さと悪天候に対する抵抗力の欠如に苦しむことがありますが 他の点では、最高の出力を必要とするプロのフォトグラファーでない限り、あなたはそれを使うことをためらう必要はありません。

APS-Cおよびフルフレームに適した望遠レンズの例を次に示します。

Nikon 70–200 mm f/2.8

Canon EF 70–200 mm f/2.8

Sigma 70–200 mm f/2.8

Tamron SP 70–200 mm f/2.8

Nikon 70–200 mm f/4

Canon 70–200 mm f/4

広角レンズを使用すると、より多くの風景をフレームに収めることができます。 ここで、APS-Cまたは4/3チップを搭載したカメラは「クロップファクター」によって十分な広角ショットを得ることが困難なため、あなたを引き留めることができます。 フルフレームチップを使用するフォトグラファーの方が簡単に選択できます。

クロップファクターとは、デジタルカメラのセンサーの比率のことです。35mmフィルムカメラをベースにし、比較されます。

Choosing Your Landscape Kit - Nikkor 14-24 f2.8

高い価格にもかかわらず、Nikon 14–24 mm f / 2.8レンズは、フルフレームチップを搭載したNikonカメラのユーザーにとって非常に人気のある広角レンズです。 Tamron 15-30mm f / 2.8 G2とSigma 14–24mm f / 2.8は、2つの高品質の代替品です。 これらは、ニコンマウントと他のカメラのマウントの両方に対応しています。

フルフレームチップを搭載したボディの場合、通常、焦点距離範囲が14〜24 mmのレンズで十分です。 このようなレンズを使用すると、約114.2°〜84.1°の範囲のショット角度を使用できます。 固定20mmレンズは、フルフレームセンサーにも適しています。 安価で良質のサムヤン14mm f / 2.8かもしれません。これは、その詳細が四隅に歪みがありますが、星の写真を撮るための優れた選択でもあります。

Choosing Your Landscape Kit - Samyang 14mm f2.8

多くの出費に見合うだけの価値がある

もしあなたがAPS-Cと4/3チップを搭載したカメラを所有している場合は、10〜35 mmの広角レンズを探して、実際に十分な広さの角度を確保してください。 優れたオプションを見つけるのは少し大変ですが、少なくともすべての機体は、フルフレームの機体をユーザーが持ち歩くものよりも物理的に軽くなります。 また、4/3チップの焦点距離が8 mm、APS-Cチップの長さが10 mmの固定レンズを見ることができます。

 

APS-Cおよび3/4に適した広角レンズの例を次に示します:

Tokina AT-X  14–20mm f/2 Pro DX

Tokina AT-X 11–20mm f/2.8 Pro DX

Tamron 10-24mm f/3.5–4.5 Di II VC

Nikon 10-20mm f/4.5–5.6 G AF-P VR DX

Canon EF-S 10–22mm f/3.5–4.5 USM

選択するときは、魚眼レンズに注意してください。 これらは視野の歪みが大きいです。 180度のショット角度を持ち、メーカー自身によって魚眼レンズとしてマークされています。 二つの例としてSamyang 8mm f / 3.5とNikon 10.5mm f / 2.8があげられます。

Choosing Your Landscape Kit - Nikon 10.5mm f2.8

Nikon DXカメラ用の高品質魚眼レンズ。 近日中にレビューを公開します。

もしあなたが頻繁に旅行しているなら、キットレンズが必要になります。これは、その旅先のほとんどの風景写真を撮るのに対応できます。 フルフレームの場合、この種のレンズは理想的にはf / 2.8の最小F値で24〜70 mmです。 APS-Cチップの場合、理想的な焦点距離の範囲は18〜55 mm、より良い場合は18〜105 mmで、f値はf / 3.5〜f / 5.6です 

APS-Cおよび4/3に適したキットレンズの例を次に示します:

Sigma ART 18–35mm f/1.8

Fujifilm XF 16–55mm f/2.8 R LM WR

Olympus M.ZUIKO ED 12–40mm f/2.8 Pro EZ-M1240

Sony 16–70mm f/4 ZA OSS SEL Vario-Tessar T

Canon EF-S 18–135mm f/3.5–4.5 USM

Nikon 18–80mm f/2.8–4.0E AF-S DX ED VR

レンズを手に入れました。次はボディを手に入れます!

カメラ本体について100%の推奨事項はありませんが、いくつかのパラメーターがあります。 風景を撮影するということは、目標を決めて旅をすることを意味します。そのため、軽くて小さいものを用意することをお勧めします。 これらの2つの基準を満たすボディは、通常ミラーレスカメラまたはAPS-C DSLRです。 これら2つはフルフレームのデジタル一眼レフよりも軽いです。.

カメラのその他の機能は選択におけるもう一つ重要に要素になります。液晶モニターやブラケットなど適切なものを利用することはとても役立ちます。ただし、多くの風景写真には役立ちません。例えば、迅速な連写写真や内臓フラッシュを使いたい場合。だからカメラにこれらの機能がついていなくても、実際には問題となりません。

したがって、理想的なコンビは、どのような風景が撮影されるかによって異なります。 撮影のために旅行に出かけるほど、バックパックの重量を節約できる、より軽量でコンパクトなボディと、高品質のレンズを欲しくなるでしょう。 低チップ解像度のエントリーレベルの一眼レフカメラでも、高品質の風景写真を撮影できることに注意してください。 ここでのコツは、パノラマを撮影することです。 これにより、わずか15 MPxチップでも、数倍高い解像度と最大数百MBのファイルサイズで画像を取得できます。

アクセサリー・付属品

レンズとカメラだけではありません。 風景用カメラやレンズと一緒に正しく機能するには、フィルター、三脚、Lプレート、リモートスィッチなどのアクセサリーも必要です。 空を強調し、川や湖からの反射を除去することができるため、円偏光フィルターを購入する価値があります。

高品質と屈強な三脚は、備えているのには良いです… ただ、持ち運びにはあまりも適していません。 マンフロットのようなものは素晴らしいですが、すぐにそれらの5ポンドの重さをあなたは呪うでしょう。 そのため、Genesis製品やManfrotto BeFreeのように、カーボンなどで作られた軽量の折りたたみ式三脚を自由に選択してください。 これらの三脚は小型で安定性に劣りますが、通常、三脚の脚のすべての部分を引き出す必要はありません。

Choosing Your Landscape Kit - L-plate

このL字型三脚プレートを使用すると、カメラを三脚に縦向きで取り付けることができます。 そうすれば、三脚の頭を外側に傾けたり、カメラを三脚の回転軸から外す必要はありません。 Lプレートは、風景のパノラマ撮影によく使用されます。

Lプレートは、作業をより速く、何よりも簡単にするアクセサリーの1つです。 カメラを三脚に縦向きで取り付けることができます。 これにより、カメラをより安定して三脚に設置できます。 ケーブルスィッチを使用すると写真も簡単になります。ケーブルスィッチを取り付けると、カメラのセルフタイマーをいじるのではなく、そのスィッチを押すだけで、震えのない写真をより速く撮ることができます。

最終更新日 16. April 2019

You already voted!
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集長

すべての記事 を読む.

コメント