月を撮影する・風景写真

月はとても魅惑的な題材です。 ただ、月だけの写真はどれも同じように見えます。この天体は、風景のシルエットや人物など、画像に他のオブジェクトを追加すると、より魅力的になります。月を撮影するのに適切な時間、場所、方法を見つけることについて読んでください。

月を撮影する方法 – 風景写真

一見すると、夜に撮影する為には、素晴らしいカメラとレンズが必要なように思うかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。月は太陽の光を浴びているので、基本的な設定は日中の値に近いものになると思って大丈夫です。ただ、常に例外やその他の考慮事項はあります。

可能な限り長い焦点距離

月に照らされた風景をいろいろな方法で撮影することができます。空を主体とし、月と前景のシルエットがシーンに加わる広い視野を持つことは理にかなっています。この方法を使用すると、レイアウトが簡単になり、場所を選択する手間が軽減されます。 

How to photograph the Moon – landscape photography

部分日食の間に撮影された月を撮影した広角の風景。 光の差が大きいため、複数の写真を重ねる必要がありました。
Canon 5D Mark IV、Canon EF 16-35 / 2.8 III、焦点距離30mm、さまざまな露出を使用して積み重ねて編集しています。

月をいきいきと魅せるには、月をできるだけ大きくすることをお勧めします。これは、焦点距離が長くなることを意味します。 長ければ長いほど良いでしょう。しかし、写真を撮るのに適した場所を見つけるのは難しいと思います。下の画像は、焦点距離が400〜600mmであったこの記事の他の写真とは対照的に、焦点距離が150mmで撮影されたものです。

How to photograph the Moon – landscape photography

同じシーンですが、これは望遠レンズを使用して撮影しました。 月が地平線に近づいたとき、別の場所から1時間後に撮影しました。 今回は一枚で十分でした。 繰り返しになりますが、月食中に撮影されたため、露出設定は暗闇用に設定されています。
Canon 5D Mark IV, Sigma 150-600/5-6.3 C, 1.6 s, f/6.3, ISO 3200, 焦点距離 150mm.

何をどこで撮影するか

月を撮影するのに、他にどんなイメージが良いと思いますか?一般的に、空に伸びるようなシルエットの建物が理想的です。日没直後や日の出前に撮影すると、空は青く、暗いシルエットが浮かび上がります。 

How to photograph the Moon – landscape photography

日が昇る前に、青空を捉えることができた時。
Canon 5D Mark IV, Sigma 150-600/5-6.3 C, 1/100 s, f/9, ISO 100, 焦点距離600mm.

太陽を背にして撮影しても問題ありません。

How to photograph the Moon – landscape photography

月が沈んでいますが、太陽が昇り始めているので、展望台も色づきます。
Canon 5D Mark IV, Sigma 150-600/5-6.3 C, 1/25 s, f/13, ISO 100, 焦点距離 600mm.

その一方で、夜中に写真を撮るのも良いと思います。空は明るくないので、月が周囲の空を照らしてくれて、前景の被写体にとても近いです。また、HDR を使用して後で組み合わせる為の明るい撮影もとっておく必要があります:

How to photograph the Moon – landscape photography

真夜中に、月と展望台の一部が見えるようにするには、3枚の写真を組み合わせる必要がありました。
Canon 5D Mark IV, Sigma 150-600/5-6.3 C, 1/100 s to 0,6 s, f/6.3, ISO 100,焦点距離 403mm.

別の方法は、月の光を使用して被写体の真後ろの空を明るくすることです:

How to photograph the Moon – landscape photography

日の出の約15分前です。 月は唯一の光源である。 私たちはとても長い露出を使いました。 月自体が隠れているので、露出過多や動きによるぼやけの心配はありませんでした。
Canon 5D Mark IV, Sigma 150-600/5-6.3 C, 13 s, f/6.3, ISO 100, 焦点距離 361mm.

簡単な選択肢としては、建物にライトを灯す都市設定があります。それでも、複数の写真を合成する必要があると仮定してください(私は、単独で街を撮影する場合でも、このようにしたいと思います)。

How to photograph the Moon – landscape photography

月が都市の建物の背景に輝きます。 真夜中の30分前に撮影。
Canon 5D Mark IV, Sigma 150-600/5-6.3 C, 0,5 s, f/8, ISO 400, 焦点距離 252mm.

 暗いほど、日中のその場の状況をよく知っている必要があります。そうでないと、月が正しい位置に移動するのを待っていても、月は何キロも離れた丘の後ろに隠れたままで、暗闇の中では手前にある建物などを判別するのは不可能です。

いつどこに立って撮影するか

焦点距離を長くすると、より複雑になります。上記の写真では600mmのレンズを何度か使用しました。当時、私は展望台から1.5キロ離れた、ブルノのランドマークから3キロ離れた距離に立っていました。

望遠レンズ付きのカメラは空のごく小さな部分を捉えているので、月と自分が選んだ前景の被写体が合うかどうか確かめる必要があります。月の位置を知る為の多くのアプリの1つを使って、いつでも簡単に計算し、表示することができます。個人的にはAndroid用の「Sun Surveyor」を使っていますが、「The Photographer’s Emphemeris」なども人気です。

また、カメラを設置した場所から、選択した建物や景観内の名所までの距離と標高を知る必要があります。または、結果が100%正確でなくても、これをすべて地図から収集することもできます。いずれにせよ、写真を撮る時は、より時間の余裕を持つ必要があります。月は非常に速く動きます。ズームインすると、数秒で消えたり、間違った場所が点灯したりする場合があります。

この証明のために、同じシーンの下の2分間隔の写真をお見せします。 

How to photograph the Moon – landscape photography

2分間でこれだけ月の位置に違いがでます。
Canon 5D Mark IV, Sigma 150-600/5-6.3 C, 0,5 s, f/8, ISO 400, 焦点距離 252mm.

 月の変化はとても速く起こります。モニターでは、月の動きを観察できます。正確な場所に配置したい場合は、すべてを注意深く観察し、正確な秒数でシャッターを押すだけです。

次の画像を撮るには、月が来る場所にカメラを向けて三脚を設置し、待つ必要があります。また、私の場合と同様に、最初の数回がうまくできなかったら、何度か再試行してください。

How to photograph the Moon – landscape photography

1秒おきに月の位置を計る。
Canon 5D Mark IV, Sigma 150-600/5-6.3 C, 1/100 s, f/13, ISO 100, 焦点距離 600mm.

丘の上の原っぱで、自由に移動して撮影できる場所を見つけました。撮影時、建物に近づいたり、離れたりしながら、角度を微調整しても問題ありませんでした。私も左右に動くことで水平方向のミスも解消しました。異なる角度から撮影する場合は、十分に調整できるようにしてください。

光学的な問題

残念ながら、横向きで焦点距離が長い(400mm以上)写真を撮ると、空気の振動が目立ちすぎます。

How to photograph the Moon – landscape photography

前の画像の詳細。 月の輪郭に空気の振動が見えます。

この問題は理想的な解決策がありません。提案にすぎませんが露光時間を短くした方がいいです。月の輪郭はギザギザになりますが、全体像はより鮮明になります。露出時間が長くなると、月がぼやけて見えます。 

月食を観察するために出発する時、短い露出が問題になります。次の写真では、私は小さな礼拝堂のそばにいました。前の例よりもはるかに近く、約250メートルに近づく必要がありました。これは問題がありました。なぜなら、このような「短い」距離では、礼拝堂に焦点を合わせると、月がぼやけて見え、その逆もあることが明らかになったからです。日食中の光が少なかったため、大口径を使用できませんでした。結局、同じ場所から撮影した2つの画像を組み合わせることはしませんでした。代わりに、私は少し前に月を単独で撮影し、後で礼拝堂と一緒に写真に追加し、その下にぼやけたバージョンを追加しました:

How to photograph the Moon – landscape photography

この画像は2つの画像で構成されているため、すべてに焦点が合っています。
Canon 5D Mark IV, Sigma 150-600/5-6.3 C, 3.2 s, f/6.3, ISO 25 600, 焦点距離 600mm.

楽しい!

月の写真を撮ることは、比較的短期間でまともな結果を得ることができる良い経験になります。しかし、適切に計算された写真を撮る為には、少し計画を立て、夜遅くまで出かけることをいとわないでください。真夜中に新鮮な空気の中にいることは決して時間の無駄ではなく、写真だけではなく他にも充実した体験を得られます。

最終更新日 11. November 2020

You already voted!
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集長

すべての記事 を読む.

コメント