魅惑的で楽しい猫の写真を撮る方法

飼い主を驚異的な動きと面白い姿勢で楽しませるだけでなく、猫は美しいポートレートのポーズをとることもできます。 これらの愛らしい猫たちを可能な限り効果的に撮影するための基本的なヒントを紹介します。

使用するのに最適なカメラは何ですか? 手元にあるもの。 猫を携帯電話で撮影したり、コンパクトカメラで撮影したり、デジタル一眼レフカメラがあればそれを撮影することもできます。

(実際、最高の写真を撮るには、デジタル一眼レフとf / 1.4からf / 2.8の範囲の速度を持つ固定レンズを使用するのが良い選択です。これらのレンズは猫の背景をぼかすことができます。)

How to Take Cat Photos That Will Attract and Amuse - chair

椅子でポーズをとる猫のルビー
この写真はフラッシュで照らし、背後から天井に反射しました。 そうすることで、シーン全体を照らし、毛皮と目の詳細を提供できます。Nikon D7100 + Sigma ART 18-35mm 1/250 f / 2.8 ISO 100、焦点距離52 mmEQ 3535mm

フラッシュは、猫の写真を撮るときに非常に役立ちます。 しかし、フラッシュからの直接な光は非常にシャープになる傾向があります。

どうすれば柔らかくできますか? 天井にフラッシュヘッドを向けます。 これにより、直接光ではなく、拡散反射光が猫に向けられます。 またはディフューザーを使用します。 フラッシュは写真の影を驚くほど豊かにし、細部も鮮明にします。

正しい画角

猫だけでなくペットの全ての写真の黄金律は、目の高さまで自分を下げることです。 そうすることで、写真の被写界深度が広がり、ペットを際立たせることができます。

猫は常に「目と目を合わせて」撮影するようにしてください。可能であれば、背景から遠く離れた場所でも撮影してください。 その後、低いF値を使用すると、背景がぼやけて猫が目立つようになります。

あなたの猫が「ソファにいるだけの猫」以上のものなら、あなたの庭の周りの旅や冒険も愛するなら、それらを撮影するために望遠レンズを使用します。 この種のレンズを使用すると、猫にズームインし、必要に応じて背景をもう一度ぼかします。

How to Take Cat Photos That Will Attract and Amuse - from the ground

地面に横たわると、あなたの写真はまったく新しい次元を獲得します。さらに、猫の鋭い視線がさらに鮮明になります。
Nikon D750 Sigma ART 85mm f / 1.4 1 / 320s ISO 400 f / 1.4; 猫はわずかに動いており、露出が1/320秒に短縮され、写真が鮮明に保たれます。 (著者:Jana Mackova、janefoto.cz)

あなたは撮影のために地面に横たわることを嫌がらないでください。 草の中の猫の写真は、ミニチュアの捕食者とともに、「野生動物」の写真のヒントになります。

写真を撮りながらさまざまな角度を試してみてください。たとえば、猫を上から見たとき、猫がレンズを覗いている時などです。

How to Take Cat Photos That Will Attract and Amuse - from above

普通、この角度は良い事よりも悪い影響を及ぼしますが、ここでは猫に無邪気な表情を与え、カーペットは統一された背景を形成し、猫を際立たせています。
Nikon D7100 + Nikkor 50mm f / 1.8 AF-S 1/60 f / 1.8 ISO 200、焦点距離75 mm(EQ 35:50 mm)How to Take Cat Photos That Will Attract and Amuse - from below

洗濯物を干しているランドリーラック以外で猫がリラックスできる場所はどこですか? ふう・・・(溜息) 猫の下に潜るチャンスです!試してみてください。
Nikon D7100 + Nikkor 50mm f / 1.8 AF-S 1/60 f / 1.8 ISO 200、焦点距離75 mm(EQ 35:50 mm)

 ヨガする猫

猫は自分自身をきれいに掃除しながら、不思議な恰好で周りの人を楽しませることで人気があります。 カメラを持って猫のヨガを記録しましょう! これは、ソーシャルネットワークで友達を楽しませるのに最適です。

How to Take Cat Photos That Will Attract and Amuse - cat yoga

猫はダンスもヨガもできないと思うかもしれませんが、小さなヘリーはそうではないことが真実であると証明しています。 ここで素晴らしい楽しい写真を撮るのにやった事は、スマートフォンを取り出して地面に横たわるだけでした。 「ねえ、ヘリー、まず起きて、ストレッチして、踊りに行こう!」と。
Samsung A3(著者:Veronika Batkova、lioncreek.webnode.cz)

ここでも、写真を撮るときに猫の目の高さまで下がってください。 猫がひっかいている柱や猫がベッドでヨガをしているときは、あなたは椅子から写真を撮ってください。

How to Take Cat Photos That Will Attract and Amuse - Rubby the camera shy

猫の果てしない掃除の最中にちょうどいい瞬間を捕まえると、とても魅力的な写真を撮ることができます。 「ルビーの発言:いやいや、写真は撮らないで!」
Nikon D7100 + Sigma ART 18-35 f / 1.8 1/250 f / 2.8 ISO 100、焦点距離52 mm(EQ 35:35mm)

良い夢を

これらの小さな猫は何時間も寝ることができます。 その間、彼らは最も奇妙なポジション、夢にも思わないポジションをしています。 だから、これを利用して、面白いコミカルな写真を撮ってみましょう。

あなたが彼らを起こさないように、できるだけ静かに彼らに近づいてください。 それは簡単ではありませんが、少し練習すれば、あなたはそれを行うことができ、その写真はそれだけの価値があります。 猫を起こすのが心配? それなら、望遠レンズに手を伸ばすと、遠くから猫を撮影できます。

How to Take Cat Photos That Will Attract and Amuse - mainecoon

このメインクーン猫は目が覚めた所だったかもしれませんが、その動きは「スーパーマン」のポーズのように見えてーそれはまた、キッチンのカメラで固まったかのような瞬間をキャッチされました。
Nikon D750 + Sigma ART 35 / 1.4 1/400 f / 1.4 ISO 400 –光が猫の細部を引き出したので、フラッシュからの光を加えるのではなく、シャッタースピードが速いので高いISOを選び、画像を鮮明に保つ方が、フラッシュを使うより良いです。 (著者:Jana Mackova、janefoto.cz)

控え目な猫のスポーツフォトグラファー

猫は非常に動きの速い動物であり、おもちゃで遊んでいる時に空中で驚くべき宙返りやループをすることがよくあります。 そして、それはまた、カメラを手に取り、一連の素晴らしいショットを撮る良いチャンスです。

猫が遊んだり走ったりしている写真の場合は、1/250〜1/2000以上の範囲のかなり速いシャッタースピードを使用します。 それはあなたに素晴らしい、シャープな写真を提供します。 カメラの時間優先モードを設定します。 ニコンのカメラでは「S」とマークされていますが、キャノンでは「Tv」とマークされています。あなたのカメラで必要な時間を設定します。

慣れてきてテクニックを微調整するまで、猫の跳躍の写真の主な目標は、与えられた瞬間を描写することです。 つまり、これはほぼ常に非常に高速なイベントであり、構成や背景について考える時間はありません

しかし、経験を積めば、猫が通り抜けたり、遊ぶのが好きな場所を見てみることができます。 次に、最適な角度を見つけてください。 シーン全体の照明と背景も忘れずに、猫なしで数枚のテスト写真を撮ります。

次回、猫が遊び心を感じるようになったとき、又は部屋の中を駆け回るような気分になったときは、予行演習と同じ角度を使用します。 猫が通る場所に前もって焦点を合わせ、カメラをブラケット用に設定した場合、少なくとも1回は鋭いショットを得られる可能性は、ほぼ100%になります。

締めくくりのヒント

猫や他のペットを撮影すると、忍耐力と写真のスキルが鍛えられます。 さまざまな面白い位置で、また屋外で自由に走り回っている猫の両方を捕まえてみてください。

それにより、いくつかのテーマに沿った猫の写真が作成され、他の熱狂的な所有者と共有できます。How to Take Cat Photos That Will Attract and Amuse

窓から通りの出来事を怒って観察する古典的な不機嫌そうな猫を見てください。 何を考えいるのでしょう? 面白い写真で、まったく異なる視点から猫を捉えています。
Nikon D750 + Sigma ART 35 / 1.4 1/250 f / 1.4 ISO 800 –暗闇と猫が周囲を見回しているため、ISOが増加し、ショットの長さが1/250秒に短縮され、鮮明な画像が可能になりました。

最終更新日 3. January 2019

0 0
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集長

すべての記事 を読む.

コメント