無料のAdobe DNGコンバーターを設定する手順

ZPSXは、多くのカメラのRAWデータに対応しています。(こちらで確認できます)カメラが捉えた光の情報をRGBの三色に分解して保存しているのがRAWデータです。RGBの三色はあらゆる色を再現することができ、パラメーターの調整次第で1枚のRAWから様々な仕上がりの写真を作ることができます。例えば、光の印象を鮮明にしたり、質感を変えたり、レンズの歪み具合など、写真の印象を決める大事な部分をほとんどを自宅のパソコンで調整することができます。しかし、編集する人の中に、このファイルがサポートされていないと言われることがあります。それは誰かが悪いわけではありません。各カメラメーカーのRAW形式は企業秘密となっており、各社で少しづつ違うからです。もし、対応していなくても心配しないでください。Adobe DNG Converterをダウンロードして、Zoner Photo Studio Xに統合します。

Zoner Photo Studio Xに統合するには、3つの簡単な手順で実行できます。

  1. Adobe DNG Converterをダウンロードします。
  2. インストールします。
  3. Zoner Photo Studio Xで正しいパスを設定します。

これで、開封できなったRAWの問題を解決し、LCPを使用してレンズの欠陥を自動的に修正するオプションも取得できます。

Adobe DNG コンバーター

撮影時の光の情報を、カメラ内部で調整せずにそのまま保持したデータがRAWというファイルです。DNGは、さまざまな機種のカメラで撮影されるRAWファイルの標準形式です。
RAWデータは、色味や明るさなどの調整を、画質を劣化させません。露出やホワイトバランスを後から修正・調整することができるため、細かいカメラ設定を気にせずに撮影に集中できることも大きなメリットです。各カメラメーカーのRAWファイル形式がそれぞれ少し違いがある為、Adobe DNGConverterを無料でダウンロードし、ZPSXを使う事ができます。

コンバーターのインストール方法

先ずは、Adobeのサイト「Adobe Digital Negative Converter」のWindows:Adobe DNG Converter をクリックしてください。のページの中のwindows:Download the DNG Converterを選択し、ダウンロードに進むをクリックします。

ボタンを押して、ダウンロードを始めましょう。 

Download[ダウンロードに進む]をクリックして、Adobe DNGConverterをダウンロードします。
●ダウンロードが終了したら、ダウンロードしたフォルダーを開きます。インストーラーをダブルクリックして実行します。 

●インストールのダイアログが表示されます。その中の「インストール」をクリックします。コンバーターをインストールしたら、「完了」をクリックします。 

How to Integrate Adobe DNG Converter into ZPS: installing the converter.

コンバーターをZPSに統合する

次に、 Zoner Photo Studio X左上のメニューに移動して、[表示] → [ユーザー設定]をクリックします(または、Ctrl + Mを押します)。

環境設定画面が表示されます。その中の左側の列にある設定のRAWフォーマットをクリックし、「 Adobe DNGConverter使用してRAWファイルをロードする」をオンにします。

それから、フォルダーアイコンをクリックします。表示されるダイアログで、Adobe DNG Converter.exeへのパスを見つけて、[開く]をクリックします。

通常の状況では、パスは、C:\ Program Files \ Adobe \ Adobe DNG Converter \ Adobe DNGConverter.exeになります。

過去に以前のバージョンのコンバーターをインストールしたことがある場合は、パスが正しいバージョンにつながることを再確認してください。 Adobeは古いバージョンのコンバーターをProgramFiles(x86)フォルダーにインストールしたため、これは重要です。 したがって、最新のパスを使用していることを確認することが重要です。

正しいパスを設定したら、適用をクリックすると、ZPSが変更を記憶します。 

これで、Zoner PhotoStudio XはAdobeDNG Converterを使用して、ほぼすべてのRAWに対応します。編集中の写真の明るさや色の変化などに気付くでしょう。

LCPと DCPの追加

Adobe DNG Converterを使用すると、レンズ補正プロファイルとDNGカラープロファイルを適用して、口径食やケラレその他レンズの欠陥を自動的に修正こともできます。

Zoner Photo Studio Xの現像モジュールに移動し、右側の列のツールバーにあるカメラの形のアイコン(カメラとレンズ)をクリックするか、Mキーを押します。次に、+アイコンを使用して適切なDCPまたはLCPを選択します。

LCPの場合、ZPSにプロファイルを自動的に選択させることができます。 [自動的に検出]をクリックするだけで、ZPSが最も適切なLCPを選択します。 次に、修正したいレンズの欠陥にチェックマークを付ける必要があります。 

レンズプロファイルを追加するには、[+]ボタンをクリックして、LCPファイルから適切なメーカーとレンズタイプを選択します。

定期的に更新

メーカーごとに全てのカメラのRAW形式は少し異なります。したがって、新しいカメラを購入する場合は、ご使​​用のバージョンのDNGコンバーターがそれをサポートしているかどうかを確認してください。古いバージョンは、新しいカメラからのRAWをサポートしていない可能性があります。

Adobe はコンバーターに新しいRAW形式のサポートを定期的に追加しています。最新バージョンをダウンロードするだけです。

新しい記事を徐々に追加しております。

無料オンラインマガジン「フォトレッスン教室」を購読する

メールアドレスは正しくありません。
Autor編集部

コメント