コンパクトカメラでマクロ写真を撮る

専門家はデジタル一眼レフカメラとしばしば高価なレンズを使用してマクロ写真を撮影しますが、古いコンパクトカメラで基本的なマクロ写真を試すことができます。 マクロモードに切り替えるだけです。

デジタルコンパクトカメラのセンサーはデジタル一眼レフカメラよりも小さく、光学の法則(および物理学)により、焦点深度も大きくなっています。 したがって、焦点深度を大きくするために、デジタル一眼レフで写真を撮る時ほど小さな絞りを使用する必要はありません。 また、一部のコンパクトレンズでは、わずか数センチ離れた場所からでも鮮明な写真を撮ることができます。

設定を正しくする

カメラのマクロモードをオンにします(花のアイコンでマークされています)。 カメラで有効になっている場合は、マクロモードを自動的にオフにせずにカメラで可能な限りズームインすることをお勧めします。

これにより、焦点深度が最小になりますが、その深度はデジタル一眼レフでの深度よりも大きくなります。 これにより、ディテールに焦点を合わせやすくなり、カメラをそれほど近づける必要がなくなります。 F値を変更することで調整できる小さな焦点深度は、文字通り写真にまったく新しい次元を与えます。 ここで重要な原則は、写真で強調したいのは焦点を合わせるべきことです。

コンパクトカメラのマクロで何を探すべきでしょう

市場には、単純なものからウルトラズーム、非常に高度なものまで、多くのコンパクトカメラがあります。 マクロ撮影には、内蔵レンズのすべての焦点距離でマクロモードで撮影できるコンパクトを選択してください。

多くの場合、焦点範囲の広い端でのみマクロモードをオンにできるカメラの写真は、焦点深度が深すぎます。 それはいくつかの状況で本当に問題になる可能性があります。 ワイド端で撮影すると、背景にぼやけていないオブジェクトが多くなりすぎて、リーダーの視聴者が被写体から目を離す可能性があります。 また、空飛ぶ昆虫は少し離れた場所で撮影するのが最適なので、怖がる可能性が低くなります。

A short focal length means a nice wide scene, but also a large depth of focus.

焦点距離が短いということは、シーンが広いだけでなく、焦点深度が大きいことを意味します。

マクロは花や虫だけではありません
ほとんどの人は、「マクロ写真」という言葉を聞いたときに、さまざまな昆虫や花を思い浮かべます。 しかし、マクロは、クローズアップの詳細ショットを指します。 どんな種類の詳細な写真でも構いません。シーンを探して撮影するだけです。 私たちの周りには、マクロで撮影されるのを待っている詳細が無限にあります。

This detail shot of a model tank shows off how the artist handled the tank’s patina.

戦車の模型のこの詳細ショットは、アーティストが戦車の緑青をどのように処理したかを示しています。

A detail from a saw. Photo: Tomáš Rak, 2004.

ノコギリの詳細.: 写真:トマシュ・ラック(Tomáš Rak)

This flower, meanwhile, was photographed with a larger focal length and a large aperture. Thus the depth of focus is small.

一方、この花はより大きな焦点距離と大きな口径で撮影されました。 したがって、焦点深度は小さくなります。

最小焦点距離

1センチほど離れたオブジェクトに焦点を合わせることができるコンパクトカメラがあります。 しかし、そのような小さな距離はそれほど魅力的ではありません。 それらの距離では、昆虫などを追い払うだけでなく、カメラが写真に影を投げかけることもあります。 最悪の場合、レンズに傷が付くことさえあります。

持つべきか持たないべきか?

いつものように、三脚を持参するかどうかという永遠の疑問があります。 誰もがこれについて自分の意見を持っています。 時間が経つにつれて、どのショットがそれを必要とし、どのショットがそれを必要としていないかについても、あなた自身の意見を形成します。 静止シーンを撮影する場合、三脚は間違いなく使用する価値があります。 構図、焦点、焦点深度に集中できます。 一方、三脚は柔軟性と速度を制限します。 そのため、非常に活発な翼のある昆虫は、三脚の写真にはあまり適していません。

経験からのいくつかのヒント

昆虫を撮影するときは、かなり寒い日を選んでください。 早朝に出かけましょう。 早朝、昆虫の「モデル」はまだ活動的ではないため、良い撮影のチャンスが増えます。

ヒント:昆虫を撮影するときは、問題の種の典型的な日常生活について学びます。 実際、ほとんどの「昆虫の専門家」の写真家は、自然愛好家でもあります。 通常の写真家とは異なり、彼らは特定の種を探し出すだけでなく、どこでそれらを見つけるかをよく知っています

焦点を処理する方法は2つあります。 中心に焦点を当てます。 最初の古典的な方法:焦点を合わせ、位置を決め、シャッターを押し、撮影します。 他の方法も似ていますが、最初に必要な距離(通常は最短の焦点距離)に焦点を合わせ、次にカメラを動かして適切なシャープさを確認し、シャッターを押します。

背景とディフューザー
気を散らすような特徴がある背景の中に昆虫を見つけた場合は、別の場所に移動してみてください。 翼のある昆虫には効果がありませんが、飛べない昆虫の場合は簡単です。 たとえば、元の背景よりも背景の良い草の葉の上に置きます。 ただし、屋外での写真撮影に独自の色付きの背景を使用することもできます。

そのような背景として普通の色紙を使用できます。 ディフューザーを交換するには(影を和らげるため、強い光を拡散するため)、トレーシングペーパーを使用します。 マクロにはレターまたはA4サイズのシートで十分です。 スペースをあまり消費せず、費用もほとんどかかりません。

2番目の方法の良い所は、フォーカスを含む全てのものを事前に準備しておくことです。適切な距離をテストしてから、各ショットの後に再びフォーカスを合わせる場合よりもはるかに高速になります。

Nature can sometimes surprise you with its interesting color combinations. Like in this photo. Photo: Tomáš Rak, 2004

自然はその興味深い色の組み合わせで時々あなたを驚かせることができます。 この写真のように。 写真:トマシュ・ラック(Tomáš Rak)2004

An orange A4 sheet of paper is behind the bug being photographed. The original background was much too diverse.

オレンジ色のA4用紙が、撮影中の虫の背後にあります。 修正前の背景は、あまりにも多様でした。

最終更新日 16. December 2013

0 0
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集長

すべての記事 を読む.

コメント