退屈な背景はもうやめよう! 自分で作成してみましょう

背景は写真にとって非常に重要な要素です。 これらを使って、写真のスタイルと雰囲気に根本的に影響を与えることができます。 しかし、多くのポートレート・フォトグラファーは、前景、つまり彼らのモデルにのみ焦点を合わせています。 それは残念です!実験すること、モデルと背景をつなぐこと、または反対のことをしてコントラストを出すことを恐れないでください。 創造的になることは有益です。 私たちの記事からインスピレーションを受けてください!

あなたがたまたま持っている背景は、実際に機能するものとは限りません。 では、独自に作成してみませんか? それがどのように見え、どのように作成できるかについては、多くの可能性があります。 必要なのは、はさみ、両面テープ、紙や布などです。要するに、簡単に家で見つけることができ、たくさん持っているので、フレームがきれいに埋められます。

No More Dull Backgrounds! Create Your Own Instead.

材料を集める

あなたはきっと伝統的なスタジオの背景をご存じでしょう。 様々な色と幅で、紙や布から製造されています。 それらには、購入してすぐに使用できるという利点があります。 しかし、余裕がない場合は、家庭で不要なアイテムや捨てられたアイテムを使用するなど、別の材料を探してみてください。スタジオに連絡することもできます。 彼らは不必要なスクラップを見つけて、喜んで貸してくれるでしょう。 紙くずを使うのが好きです。紙くずを使ってたくさんの面白いことができるからです。 それらは単に実用的ではありませんが、創造性に優れています。

No More Dull Backgrounds! Create Your Own Instead.

あなたは、ほとんどのフォトグラファーが捨てて、それらを重ね引き裂いて、踏み潰した断片を段階的に使えることができます。 たとえば、紙の背景が1つしかない場合は、絵の具を購入して、刷毛で塗り、面白くしみてはどうでしょうか。 友達、家族、又は子供を巻き込むと、豪華なアート作品を作成している間、彼らが楽しんでいるのがわかります。

No More Dull Backgrounds

この写真には、互いに重なり合う2つの背景の組み合わせがあります。 ここで何にも制限されないことは素晴らしいことであり、私たちの想像力には無限の可能性があります。

焦点距離に注意

使用しているレンズの焦点距離に合わせて背景を整える必要があります。 頭と肩までのポートレートを撮影するときは、小さな背景で十分です。 しかし、広角ショットでは、多くの素材が必要になります。 背景の作成中にレンズを通して視野角を確認することをお勧めします。これにより、フレームの一部から視野角が失われないようにします。

複数の色の背景を備えた家具付きのスタジオがある場合は、色を組み合わせてレイヤー化し、再生するだけでワイルドになります。 あなた専用のシーン全体を作成することもできます。

No More Dull Backgrounds

どの素材を使用すべきか?

何でも背景として作ることができます。 面白いパターンの古い布があるかをおばあちゃんに聞いてみてください。 もう必要のないと思っていたものも使用できます。 古い新聞を接着して面白い「壁紙」に変えることができます。リサイクルセンターもここで役立ちます。 そこには多くの興味深いものがあります。 (繰り返しますが、使用している素材を十分に用意することが重要であることを忘れないでください。)または、少し収集採取をすることができます。 使用する素材の一部を保管しておき、十分だと思ったらすぐに作成を開始します。

No More Dull Backgrounds

この撮影のために、私はアルミ箔から背景を作りました。 費用は数十セントで、効果は素晴らしいです。 次に、前景の背景の一部も使用して、のぞき穴効果を作成しました。

背景を作成したら、どこでも撮影できます。 または、単にそれをあなたの計画に合わせてください。 ちょっとした要素を追加するだけで、他の写真よりも写真を際立たせることができます。

No More Dull Backgrounds

この写真では、しわくちゃの紙を平らな紙の上に重ねました。

目立つーそして創造的に

他の人が使用しているものだけに固執するのではなく、新しい可能性を試してみてください。 コメントやZonerama で作品を共有することを忘れないでください! 楽しみにしています!

最終更新日 4. July 2019

You already voted!
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集長

すべての記事 を読む.

コメント