子供を撮影する:5つの始める前に知っておくべきこと

子供を撮影するのは簡単ではありません。 特に、1〜4歳の落ち着きのない年齢では、あなたが忍耐力を身につけて準備を整え、迅速に対応する必要があります。 この年齢層の子供の写真を撮るのは決して簡単なことではないのです。 多くのフォトグラファーは、これらの年齢を半ばあきらめています。彼らは赤ちゃんや年長の子供だけを撮影しています。 でも心配しないでください。 いくつかの基本的なルールに従えば、撮影した素敵な写真を持ち帰ることができます。 最も重要なものをまとめました。

もし、あなたに自分の子供がいる場合は、簡単に始めることができます。 慣れ親しんだ子供の写真を撮るので、適切な気分や瞬間を捉えやすくなります。 知らない子供を撮影する場合、子供が怖がる事があり、そんな時や機嫌が悪いときに撮影時に遭遇する可能性もあります 。

私の経験では、これらの年齢の子供を屋外で撮影するのが最善です。 スタジオと比較した場合の利点は、娯楽性が高く、自由に動き回れることです。 子供が何かを期待してるときも良いです。たとえば、親が約束したおもちゃやおやつなどです。 これは、子供を少なくとも少し落ち着かせることができます。 ここからは、小さな被写体が少しの間・・数分間は耐えて協力できると想定します。

正しいアングルを見つける

撮影中は、しゃがんだり、腹ばいになったりして、子供と同じ高さにしてください。 これにより、写真がより自然になります。 多くのフォトグラファーは、これらの角度からの写真だけが見栄えが良いと主張しますが、実験することを恐れず、時々上から写真を撮ることも試みてください。

Photographing Children: 5 Things You Should Know Before You Start

確立されたルールに厳密に従う必要はありません。別のことも試してみてください。 あなたに最適な方法を見つけてください。 Nikon D750, Sigma Art 35/1.4, 1/640 s, f 1.4, ISO 100.

子供をバックグラウンドから「外す」

カメラで可能な限り低いF値で撮影し、子供を背景からかなり離してください。 ここでは、あらゆる種類のポートレート写真と同じルールが適用されます。 目に焦点を合わせるときは、より近い目に焦点を合わせます。

もし、あなたが複数の子供達を一緒に撮影している場合は、少し高いF値を使用して、すべての子供たちに焦点を合わせる必要がある場合があります。 露光時間は1/125以下(1/200または1/250)に設定してください。 子供が動き回っている場合、鮮明な写真を撮るにはさらに短い時間を設定する必要があります。 1/500でも長すぎる場合があります。 撮影中に自分で試してみる必要があります。

Photographing Children: 5 Things You Should Know Before You Start

F値が低いと、女の子の顔の1つが被写界深度からはずれてしまいます。 Nikon D750, Sigma Art 85/1.4, 1/200 s, f 4, ISO 250.

彼らが遊んでいる時に写真を撮ります

子供がお気に入りのおもちゃや 自転車に乗っている時や 遊び場などで 子供が写真を撮っている事を一瞬 忘れてしまうような場所で、撮影中に楽しませて、笑わせてください。 カメラの後ろに隠れることもできますが、片手で写真を撮り、もう片手でおもちゃを持つこともできます。そこでは写真を撮っている瞬間を忘れることができます。 

Photographing Children: 5 Things You Should Know Before You Start

彼は写真を撮られていることを完全に忘れてしまいました。  D750, Sigma Art 35 mm/1.4, 1/250 s, f1.4 ISO 100.

Photographing Children: 5 Things You Should Know Before You Start

これは彼のお気に入りのテディベアを持っていました。 Nikon D750, Sigma Art 85/1.4, 1/250 s, f 1.6, ISO 100.

ゴールデンアワーを利用して、悪天候から逃げないで

「ゴールデンアワー」は、ここでもこれまで通り効果を発揮します。 この特別な時間帯は 実際に1日2回 明け方と日没前です ゴールデンアワーに子どもたちを撮影すると、あまりシャープな影もなく、顔が明るく照らされます。 ゴールデンアワーには素敵な雰囲気の写真が撮れます。特に、日没前より数時間前より穏やかです。

全てがうまくいくとは限らないし、勿論、天気が悪くなったらすぐに写真を撮るのをやめればいい。 この瞬間を絶対に恐れないでください。 昼間は、昼間の直射日光よりも拡散光の方が、人の顔に醜い影をもたらす。昼間の拡散光は、人々の顔に醜い影を作る直射日光よりはるかに写真に向いています。

撮影の長さに注意する

なるべく早く使える写真をたくさん撮るようにしましょう。 遅れかれ、早かれ、写真撮影に子供は疲れ果てて協力しなくなるでしょう。 つまり、15~20分が、終わるまでに最も多くの時間を費やせる事だと考慮してください。 もちろん、もっと少なくなることもありますが、例外的に少し多くなることもあります。 でも、小さなモデルが不機嫌になってしまえば、使える写真はあまり撮れないでしょうから、時間を大切に過ごしてください。

Photographing Children: 5 Things You Should Know Before You Start

彼女は20分後に撮影を楽しむのをやめ、不機嫌になりました。これで家に帰ります。Nikon D750, Sigma Art 85/1.4, 1/400 s, f 1.4, ISO 100.

最終更新日 9. September 2020

You already voted!
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集長

すべての記事 を読む.

コメント