雨からカメラを保護する

晴れた日だけが豪華な写真につながる訳ではありません。 雨は写真愛好家にも役立つ可能性がありますが、それが残酷な主人ではなく、良い使用人であるように注意する必要があります。 つまり、カメラに雨がたくさん降ると、高価な修理が必要になります。 雨の危険を克服する方法とカメラを水から保護する方法について今日は読んでください。

カメラの防水性はどれくらいなのか?

一般的なカメラは土砂降り用ではありませんが、雨粒が数個あっても傷つくことはありません。 ただし、雨の中で撮影する場合は、自己責任で撮影してください。 あなたが雨の被害に保証を主張しようとすると、店から出て失笑したことでしょう。 カメラの価格が高ければ高いほど、防水性は上がり損傷が全く見られなくなる可能性が高くなります。

しかし、最高のカメララインでさえ、公式には「防塵防滴」と漠然としかラベル付けされておらず、詳細はありません。 実際には、その溶接、接合部、および開閉部の多くは、抵抗を増やすための密閉するためのシールを持っていることを意味します。 しかし、そのどれも保証されていません。

The seal under the card door on a Canon 5D Mark III.

Canon 5D Mark IIIのカードドアの下の密閉のためのシール

同じ事がレンズにも当てはまります。 密閉のシールのないもの、もしくは、いくつかのシールがある物もあります。 レンズが雨の中で使用される時、より多くのシールは、より少ないリスクに等しいです。 レンズ、特にズームレスレンズは非常に頑丈な物体のように見えますが、フォーカスリングは取り付け点を隠してあります。取り付け点は水を簡単に入れる穴です。 この写真は、メーカーが透明テープで覆ったフォーカスリングを示していますが、それは例外です。

Mounting holes, hidden under the focus ring. (A focus ring is removable with the help of a credit card, so that it can be washed in water.)

フォーカスリングの下に隠れている取り付け穴。 (フォーカスリングは、クレジットカードを使用して取り外し可能であるため、水で洗うことができます。)

私はガタガタの古いキヤノン350D(日本名称:Kiss Digital N)と最も基本的なレンズで小雨の中で撮影してみましたが、問題はありませんでした。 キヤノン5D MarkIIと5D MarkIIIは、雨が非常にひどくて、液晶ディスプレイがほとんど見えないにもかかわらず、非常に悪い暴風雨に耐えることができました。 このような瞬間に、仲間は5Dの保護されたビューファインダーと個々の機能専用のボタンを高く評価します。 しかし、幸運の女神は気まぐれです。例えば 、私の友人が5D Mark IIIを水でひどく破損させたため、修理店で大金を費やさなければなりませんでした。

雨の為用に、または悪天候の為に実際に作られたカメラもありますが、これらは例外であり、この安定に代わって不利な点があります。

あなたのカメラを保護する

雨の下で長時間過ごす場合、高価な電子機器を保護する方法があります。 水中シールドは高価ですが、雨の場合はありがたいことに無意味です。 非常に単純なバリアント(あなたに傘をかざしてくれる友人)の他に、カメラをプラスチックで包む事もできます。

即興で独自のカバーを作成することも、適切な形状の既成の「スリーブ」を購入することもできます。 たくさんのサイズとたくさんのレンズに合うように、種類はたくさんあります。

A rainsleeve. Photo: OP/TECH USA.

レインスリーブ. 写真:/TECH USA.

レンズフード

これでカメラ本体が覆われましたが、前面はどうですか? 雨はレンズの前面ガラスに浸透することはできませんが、水滴は画像をぼかすことになります。 そこで日よけとして一般的に使用されるレンズフードが登場します。

望遠レンズには、レンズフードが深いという利点があります。 一方、ワイドレンズには、雨にならない浅いレンズフードがあります。 このため、雨の日の写真は通常、焦点距離が長くなります。

70–200/2.8 and 16–35/2.8 lenses with their lens hoods. The lens hood on a wide lens is practically useless here.

レンズフード付きの70〜200mm / 2.8および16〜35mm / 2.8レンズ。 広角レンズのレンズフードは、ここではほとんど役に立ちません。

バッグとバックパック

カメラ用の普通のバックパック、大量の雨でも問題ありません。 しかし、雨の中に長時間持ちこたえる必要がある場合(たとえば、雨の中、野外での1日ツアー)、ジャケットが付属している物を探してください。 バッグやケースがそうであるように、カメラのバックパックにはしばしばこれらが付属しています。 これはあなたの機材の取り出しがより困難であることを意味しますが、それはまた旅行のほとんどの間安全に乾燥したままであることを意味します。

ただし、短時間の降雨の場合は、ジャケットをスキップできます。 個人的には、この解決方が必要なのは一度だけです。

A Kata 3-in-1 backpack with its jacket.

カバージャケット付きのKata 3-in-1バックパック。

衣服

雨の中、出かける場合はもちろん、防水ジャケットと良い靴に感謝します。 追加の快適さは、より良い撮影を可能にします。 しかし、その上に、レンズカバーについてのヒントがあります。

個人的には、ポケットにレンズカバーを入れて持ち運ぶのに慣れていますが、高温多湿の場合は問題があります。 カバーが体に押し付けられると(間接的に、ポケットを通して)、水分が結露します。 そして、レンズに戻すと、レンズに水滴が付着したり、レンズがぼやけたりすることがあります。 極端な例ですが、見た経験があります。

解決策は簡単です。私はまだレンズカバーをポケットに入れて持ちますが、身体の反対側を内側にして持ちます。 そして、再び置く前にそれらを再確認します。

最後に

これらのヒントがあなたを助け、次回の雨の中での旅行は慌てずにすむでしょう。カメラを心配する代わりに、あなたが素晴らしい写真に集中できるようになることを願っています。

最終更新日 21. October 2015

0 0
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集長

すべての記事 を読む.

コメント