自分を素早く簡単に、そして上手に撮影する方法

自分自身を撮影したいと思ったことはありますか?バスルームの鏡の前での自撮りや、携帯電話のカメラでの適当なスナップ写真ではありません。ここでは、自画像を撮る方法について説明します。さあ、レンズに向かって撮影してみましょう。

フォトグラファーは、自分の写真をどのような形で撮っているのでしょうか?それは簡単です。フォトグラファーは写真の撮り方をよく知っています。周りの人たちは自分が撮った写真をたくさん持っていますが、自分自身の写真は、せいぜい数枚の自撮り写真や舞台裏の写真しか持っていません。まだ試していないのであれば、今がその状況を修正し、自分のことを考え始めるチャンスです。

誰かに写真を撮られるのは嫌だと思っていませんか?写真映えしないのでは?などなど。そんな言い訳は必要ありません、自分ひとりでいいのです。セルフポートレートでは、自分ですべてがコントロールできます。

三脚と機材

三脚は最も重要な機材です。大きくてかさばるものを持ち歩きたくなければ、JOBYの三脚が最適ですし、小型でフレキシブルな三脚もいろいろあります。これらは、カメラを好きな場所に設置できるだけでなく、フラッシュを取り付けることもできます。

三脚がなくても、なんとかなるものです。その場にあるものでカメラを固定することができます。完璧ではありませんが、テーブルやベンチ、木の枝でも、写真を撮るのに役立ちます。

Self-portraits, or: How to Photograph Yourself Quickly, Easily, and Well
カメラを置く場所としてバイクが役立ちました。カメラのセルフタイマーで撮影。
Nikon D750, Sigma Art 35 mm/1.4, 1/2500秒, f/3.5, ISO 100.

セルフタイマー

カメラには必ず搭載されていますし、スマートフォンにも搭載されていますので、非常に簡単にできる解決策です。しかし、セルフタイマーでの撮影は時間との戦いであり、何度も撮影しないと思ったような結果が得られないことが多いです。また、自分自身を撮影するだけでは、どれだけシャープに撮れるかわかりませんし、F値を下げて撮影するのは非常に面倒で、実現不可能な場合もあります。また、背景や自分の後ろにあるものにピントを合わせて撮影すると、自分自身がボケてしまいます。

被写界深度を浅くすることが目的でなければ、F値を大きくしたほうがよいでしょう。また、あらかじめシーンの中にあるものを(椅子や三脚など)にピントを合わせることもできます。ピントを合わせた後、手動に切り替えてシャッターを押し、あらかじめ配置しておいたものがある場所に正確に戻ります。しかし、これにはかなりの忍耐力が必要です

アシスタントと一緒に写真を撮る場合は、それらに焦点を合わせてくださいそして、タイマーが切れる前に、自分だけが写っていることを確認してください。セルフタイマーの遅延時間(撮影間隔)は、カメラの設定で調整できます。

Self-portraits, or: How to Photograph Yourself Quickly, Easily, and Well
カメラを三脚に取り付けてセルフタイマーをセットします。
Nikon D750, Sigma Art 85 mm/1.4, 1/100 秒, f/3,5 ISO 200.

リモートコントロール/シャッター

リモートコントロールについては、特定のカメラとの互換性に依存します。私はNikon ML-L3 IRを使用しています。このコントロールは、カメラに向かって走り回ったり、セルフタイマーを設定したりする必要がないという点で、素晴らしい小さな小道具です。そのため、シャッターを切る前に十分な準備時間を確保できます。リモコンを手に持って、必要なときにシャッターを切ればいいのです。

残念ながら、ここには欠点もあります。シャープネスを制御できないため、事前に設定したオブジェクトに焦点を合わせて、もう一度自分自身を修正する必要があります。また、バッテリーは(すべての電子機器と同様に)すぐに切れる事が多いので、注意してください。そのことを頭に置いて、交換用のバッテリーを用意してください。

Self-portraits, or: How to Photograph Yourself Quickly, Easily, and Well
スタジオでフラッシュ1台とリモコンを使って、片手で使って撮影しています。
Nikon D600, Nikon 70-200/2.8. 1/125 秒, f/18 ISO 100.

アシスタント

セルフポートレートを撮影するには、アシスタント(一緒にいる友人を含め)にシャッターを押してもらうという方法もあります。しかし、この方法で撮影した写真の撮影者は誰でしょうか?自分で考えて、カメラの設定も含めて準備した写真で、アシスタントがシャッターを押しただけなら、セルフポートレートであることに変わりはありませんので安心ください。しかし、あなたとあなたのアシスタントの両方が写真の内容について創造的な考えを検討したなら、あなたとアシスタントの両方がその写真の共同「著作者」となります。

Self-portraits, or: How to Photograph Yourself Quickly, Easily, and Well
スタジオでセルフタイマーを使い、フラッシュ2台とレフ板を使用して撮影。 
Nikon D300s, Nikon 50/1.8.G, 1/80秒, f/8 ISO 100.

スマホやタブレットでカメラを操作する

Wi-fiやBluetoothでスマホやタブレットに接続し、そこからアプリで遠隔操作できるカメラがあれば、最もシンプルな解決策を手に入れることができます。このテクノロジーを使えば、セルフポートレートを簡単に撮影することができます。最終的な写真の見た目を大幅にコントロールでき、どの部分がシャープになるかを事前に知ることができます。 

そのため、最小のF値でも安心して撮影できますし、何よりも写真の仕上がりをスマホの画面で直接確認することができます。手持ちのスマホでそのまま撮影してもいいし、セルフタイマーをセットして、シャッターを切る前にスマホをどこかに隠しておくこともできます。今回は、Nikon Z6で、Snap Bridgeというアプリでこれらを実現しています。素晴らしい技術です。この機能に対応したカメラをお持ちで、まだ試していない方は、是非使ってみてください。限りなくシンプルです。

Self-portraits, or: How to Photograph Yourself Quickly, Easily, and Well
屋外で、三脚を使いアプリ「Snap Bridge」で撮影。
Nikon Z6, Sigma Art 35 mm/1.4, 1/800 秒, f/1.4, ISO 100.

セルフポートレイト、自撮り、ドローン?

また、セルフポートレートの撮り方には、他にもいくつかの可能性があります。しかし、それらは「自撮り」、あるいはドローンを使っている場合は「ドローン」の領域に入ってしまいます。

自画像というと、芸術的なイメージがあります。しかし、芸術的な自画像と普通の自撮り写真とは、どうやって見分ければいいのでしょうか?

今日、セルフポートレートと自撮りの境界線は曖昧になっており、「アート写真」という言葉自体が、しばしば議論の対象となっています。セルフポートレートに付加価値やアイデアがあり、光や構図に工夫が凝らされていれば、それを「セルフポートレート」と呼びましょう(撮影に何を使ったかは関係ありません)。一方、何も考えずにパッと撮ったものは、どちらかというと「自撮り」です。

新しい記事を徐々に追加しております。

無料オンラインマガジン「フォトレッスン教室」を購読する

メールアドレスは正しくありません。
著者編集部

コメント