拡散ツール:ソフトボックス対オクタボックス

ライティング機材が市場に沢山でまわっています 。今日は、最も基本的な、最も使用頻度の高いタイプについて見ていきます。 そのタイプは光拡散ツールです:ソフトボックスとオクタボックスです。 これらの2つの光拡散ツールは非常によく似ており、オクタボックスはソフトボックスの一種と言えます。 しかし、これらのツールには微妙な違いがあります。 違いは一見しただけのように見えるかもしれません。 ただし、詳細は、良い写真と悪い写真を区別するものです。

ソフトボックスは、主に光を導き、柔らかくするのに役立ちます。 ソフトボックスライトは柔らかく「深い」ため、輪郭がきれいに形成され、シャープな変化が生成されません。 ソフトボックスは主にフラッシュで使用され、システムフラッシュで使用される事もあります。 ただし、それらは昼光球に使用されています。

A photo taken using a flash directly, without a softbox. You can see sharp shadows here, the light is very flat, and so the photograph itself feels almost 2D.

ソフトボックスなしで、フラッシュを直接使用して撮影した写真。 ここではシャープな影が見えますし、光は非常にフラットなので、写真自体は2Dに近い感じがします。

A box-lighted portrait has very deep shadows. Thanks to softbox lighting, this photograph feels almost 3D.

像画には非常に深い影があります。 ソフトボックス照明のおかげで、この写真はほぼ3Dに感じられます。

一目見ただけで

違いはすぐにわかります。 ソフトボックスは正方形または長方形で、オクタボックスは八角形です。 2つのデバイスはほぼ同じように機能します。 小さな違いはあなたがそれらを使って作る写真にあります。

The difference in shape between an octabox and a regular softbox.

オクタボックスと通常のソフトボックスの形状の違い。

オクタボックス: 人物の写真撮影に最適

これは、特殊な円のような形状によるものです。 この形状のおかげで、オクタボックスで撮影された人々の目には円形の輝きがあります。 この輝きは、太陽から得られる輝きをいくらか置き換えることができます。 円形の反射は、正方形の反射よりもはるかに自然に感じられます。 虹彩と瞳孔は円形であり、そのため、全てのポートレートにとって重要な領域である目にとり非常に適切な円になります。オクタボックスを写真の主な光源として使用することもできます 。

The round reflection in the eye comes courtesy of an octabox.

目の丸い反射はオクタボックスの礼儀です。

ソフトボックス:ユニバーサル、一般的な照明ツール

ソフトボックスは、より一般的なデバイスです。その使用分野は、オクタボックスの場合ほど具体的ではありません。 それらの正方形または長方形の形状は、オクタボックスからの反射ほど快適な反射につながりません。 しかし、ここでの「痛み」を感じるのはポートレート写真だけです。 一方、製品の写真やその他の生きていないものの場合、どちらのデバイスも非常に機能し、うまく機能します。

A rectangular reflection isn’t as pleasant as a round one.

長方形の反射は、丸い反射ほど快適ではありません。

A softbox-lighted product photograph.

ソフトボックス照明の商品写真

実用性

オクタボックスの構造は、より汎用的なソフトボックスの構造よりも複雑であることがわかります。 スタジオの外で照明機器を使用する予定がある場合は、セットアップと取り外しが簡単であることが非常に重要です。 したがって、この役割ではソフトボックスが間違いなく優れています。 しかし、必ずしもそうである必要はありません。 Boxのセットアップの容易さと「ティアダウン」は、実際にはメーカーによって異なります。 使いやすいボックスもあれば、そうでないボックスもあります。 たとえば、「Lastolite」ブランドのボックスは、組み立てと分解を非常によく考えています。

ボックスのサイズに関しては、使用方法とライト又はフラッシュの強度に基づいて選択してください。 主に単独でスタジオの外で撮影している場合、非常に大きなボックスは役に立たないのでは実用的でない傾向があります。 そして、強い風は小さな箱よりも大きな箱を吹き飛ばしやすくします! 最後に考慮すべきことが1つあります。それが光出力です。 巨大なオクタボックスと一緒に弱いフラッシュを使用する場合、光はあまり拡散しないため実際にはあまり照明されないため、あまり効果がありません。

最後にもう少しヒント

ボックス、フラッシュ、ランプを使用して写真を撮ると、時間に合わせて柔軟に作業できます。 ただし、全てを監視する必要があり、カメラ道具を持って旅行しなければならない時は快適さを失い、場合によっては(窮屈な部屋や風などのため)実用的でない場合もあります。 しかし、これらのボックスは、全てのフォトグラファーが時々感謝するシンプルで素晴らしいキットです。

最終更新日 11. August 2014

3 0
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集長

すべての記事 を読む.

コメント