三脚を正しく使用してください!

三脚は、フォトグラファーの最も典型的な基本ツールです。 三脚を使うと、カメラをその上に置くだけで魅力的な写真が撮れると思うかもしれません。 しかし、物事が常に上手くいくとは限らず、時々不必要にぼやけた写真を撮ることがあります。 どれだけ多くの事があなたの努力を台無しにするかと驚くかもしれません。 より良い写真を撮るには少し設定が必要です。

私は花火という言葉に触発されました。 そして花火大会の写真を撮りに出かけました。三脚から撮影する方法を知っていると思っていたとしても、私の写真の多くはここに見られるような問題を抱えていました。

A close-up on my shaky fireworks photo. Canon 5D Mark III, Canon EF 70-200/2.8 II + Canon Extender EF 2x III, 4 s, f/11, ISO 100, focal length 252 mm

揺れる花火の写真のクローズアップ
Canon 5D Mark III, Canon EF 70-200/2.8 II + Canon Extender EF 2x III, 4秒s, f/11, ISO 100,焦点距離252 mm

ここで、あなたは実際に振動を見ることができます。 当然、花火が揺れるのではなく、三脚とカメラが揺れます。 問題の一部は、すべてが約3.5 km離れた場所から撮影された為、長さ約250 mmの望遠レンズを使用せざるを得なかった事です。 その長さでは、すべての小さな動きが顕著に増加し、写真を損ないます。 ここでは、写真からのクローズアップを見ることができます。 実際の写真では、揺れはそれほど見えませんが、それでも約15ピクセルの幅です。

トラブルの原因を見つけるために、私は家に戻って安心していくつかのテストを実行し、さまざまな撮影技術が振動に与える影響を調べました。 自分の機器で同じ実験を行い、次の撮影に理想的なアプローチを学ぶことができます。

テスト方法

「花火をシミュレートする」ビデオを用意しました。 非常に技術的であり、一般的なアイデアを提供することを目的としています。 2つのシンプルな白い点があり、1つは画面を水平に、もう1つは垂直に走っています。 アイデアを提供し、同様のテストを実行できるように、YouTubeに掲載しました(または、このサービスを無限ループservice for infinite loopingに使用しています)。

カメラを三脚に置き、カメラを画面に向け、長時間露光で撮影するだけです。 1.6秒使用しました。 使用する焦点距離が長ければ長いほど、それは可能性のある問題を強調するため、より良いです。 ここでは、レンズの最大値である400 mmの近くにとどまりました。 絞りとISOは関係ないので、十分な露出が得られるものなら何でも使用できます。

全てうまくいけば、次のような画像が表示されます。

An ideal photo; the camera didn’t even budge during the shot.

理想的な写真。カメラは撮影中も動きませんでした。

白い点は 1 つの場所で強調されていますが、これはビデオ再生のエラーによるもので、1 つの画像で 1 秒間にフリーズしただけです。テクニックを見る限り、この写真は素晴らしいです。

しかし、次の写真には問題が表示されます。

A bad result. The camera’s motion during the shot is visible.

悪い結果。撮影中のカメラの動きが見えます。

カメラの振動ははっきりと見えますが、使用される撮影方法は理想的ではありません。それでは、セットアップで揺れに影響を与える事柄を見てみましょう。

普通の撮影—シャッターを手動で押す

私は誰もが知っている方法から始めます ー三脚にカメラを置く、シャッターを押す、写真を撮る。これだけです。特別なことは何もありません。

残念ながら、シャッターの手の動きは、全体のセットアップが振動し、この動きは、写真にも表示されます。この結果は、上に示した画像が悪い例として示されています。

Ordinary shooting. A bad picture due to pressing the trigger by hand, which makes the camera vibrate.

普通の撮影。手でシャッターを押すことによる悪い画像は、カメラを振動させます。

中ほどから下から上に移動することを知っているので、振動が開始時に最も強く、露出全体で徐々に弱まっていたことがわかります。

ディレイを使って撮影します

幸いなことに、この問題はよく知られているため、カメラメーカーには撮影を遅らせる機能(セルフシャッター)が含まれています。 シャッターを押してから少し遅れて、撮影が始まる前に手を離すことができます。 この遅延はカスタマイズ可能であるか、事前に定義された長さです。 例えば、Canonカメラでは2〜10秒になることがあります

2秒の遅延を使用した場合の結果は次のとおりです。

A two-second delay. Significantly better, but still far from perfect.

2秒の遅延。 大幅に改善されましたが、それでも完璧にはほど遠い状態です。

振動は大幅に減少しますが、状況はまだ完全ではありません。 そこで、10秒の遅延を試みます。

A ten-second delay. There are still vibrations here.

10秒の遅延。 ここにはまだ振動があります。

振動はまだ消えていません。なぜ駄目なのか。シーンを動かすことができるのは人間の要因だけではありません。この場合、カメラはショットの直前にミラーが邪魔して自分の振動を作った為です。

ミラーアップ

ミラーの切れ端は小さな動きのように見えるかもしれないが、それはすぐに起きます。 上記の例では、カメラへの影響も確認できます。このカメラはレンズと合わせて重さが2.5キロあります。

コンパクトカメラとミラーレスカメラの所有者は、このことを心配する必要はありませんが、私たちの残りの部分は、メーカーがこの問題を考えたことに感謝する事ができるので、デジタル一眼レフにはミラーアップと呼ばれる機能が含まれています。この設定は通常、上記の遅延と共に使用され、アクティブな場合、ミラーはシャッターが押された直後に解放されます。ショット遅延 (通常は上記の 2 秒の期間) は、その後にのみ開始されます。それは鏡とあなたの手からの振動が消えるのに十分な時間です。

その後、写真は次のようになります

Mirror lock-up and a two-second delay. We’re not there yet, but we’re close.

その後、写真は次のようになります

非常に良いですが、まだ完璧ではありません。特に垂直では、軽度の揺れが依然として見えます。ほら、まだ一歩残ってるんです。

スタビライザーをオフにする

カメラのレンズやボディーの安定メカニズムはシーンが揺れるのを防ぐためのものですが、安定させるものがなければ、その小さな動きは実際に不安定になることがあります。

三脚を使用する場合は、スタビライザーをオフにすることをお勧めします。その後、理想的な結果を得ます。

Mirror lock-up on, stabilization off, and a two-second delay. Practically perfect.

ミラー・アップ 安定化オフ、2秒の遅延。実質的に完璧

その最後のステップでは、私はあら捜ししているかのように見えるかもしれませんが、実際にはスタビライザーがそれよりも悪い問題を引き起こさなかった事に驚きました。私が外でそれを使用するとき、それは本当に狂ってひどい結果を引き起こす可能性があるというのが私の経験です。おそらくいくつかのフィードバックが起こっていて、安定剤は微視的な風の動きを増幅しています。

スタビライザーをオフにした森林の流れのこの写真を見てみましょう。

Stabilizer off. Right: a 1:1 close-up. Canon 5D Mark III, Canon EF 70-200/2.8 II, 25 seconds, f/16, ISO 320, focal length 70 mm

スタビライザーオフ。右:1:1クローズアップ
Canon 5D Mark III, Canon EF 70-200/2.8 II, 25 second秒, f/16, ISO 320, 焦点距離 70 mm

そして、それがオンになっていると

Stabilizer on. Right: a 1:1 close-up. Canon 5D Mark III, Canon EF 70-200/2.8 II, 25 seconds, f/16, ISO 320, focal length 70 mm

スタビライザーオン。右:1:1クローズアップ
Canon 5D Mark III, Canon EF 70-200/2.8 II, 25秒, f/16, ISO 320,焦点距離 70 mm

一部のスタビライザーは、カメラが三脚上にあると判断すると自動的にオフにできます。しかし、これに頼るのは安全ではありません。

何よりも落ち着いて

あなたがプロのようにこのすべてを扱う場合でも、あなたはまだ自分で絵を台無しにすることができます。三脚を歩いてみた時に何が起こったかを見てください。

Walking around the tripod. (Stabilization is off, mirror lock-up is on, and there’s a two-second delay.)

三脚の周りを歩く。(安定化がオフ、ミラーロックアップがオン、2秒の遅延があります。

現時点では、ミラーアップと安定化の設定は特筆に値しません。これらの効果は、床が三脚に移動した私の動作によって大きく叫ばれています。

花火の何が悪かったのか

しかし、私はこれら全てを知ってそれを尊重しようとしましたが、それでも私のオープニングの花火の写真はあなたの見た目と同じでした。 理想の設定(スタビライザーオフ+2秒遅延+ミラーロックアップ)が三脚の最も安定した位置にしか動作しないことが分かり、残念ながら安定性が低い状態で持っていました。 下の写真で違いがわかります。

A stable tripod position and a less-stable one.

安定した三脚位置と安定性の低い位置

下の位置では 振動が鎮まるのに時間がかかりました。2秒遅れる代わりに 10秒を使わなければならなくなった事が分かりました。それは実用的ではない花火です。 リモート シャッターもオプションです。 実際 、この多様なをテストすると 赤外線シャッターと2秒の遅延が 振動なしに作動しました。なので・・・・次のレッスンがまた必要です。

それは複雑ではない

この記事は少し長くなりましたが、これらは全て、多くの時間を費やすことなくオンサイトで簡単に実行できる単純なアクションです。 重要なのは、カメラの個々の設定がどこにあるか、そしてそれらを変更できるかどうかを知ることです。 そのため、メニューを確認するか、マニュアルを調べて、自宅で関連するオプションを落ち着いて見つけるのが最善です。 より良い写真は価値があります。

最終更新日 9. May 2017

You already voted!
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集長

すべての記事 を読む.

コメント