あなたは結婚式に何を撮るべきですか? 間違いなくそれはカメラではありません!

経験豊富な結婚式のフォトグラファーは、写真機材を持ち歩くだけではありません。 また、作業を容易にし、困難な状況に対処するのに役立つ実用的な小道具などを多数用意しています。 さらに、彼らの頭にはあなたの最初の結婚式の撮影を非常に簡単にするヒントが詰め込まれています! 私たちはこれらを要求し、全ての結婚式の撮影で準備の為のリストをまとめてみました。

いくつかのアイテムはあなたの写真をより簡単にします、他のものはあなたが創造的であるのを助けるか、又は、あなたにもう少し快適さを与えます。 つまり、終日撮影が要求されるので、あなたは自然にあなたの仕事をより簡単にしようとするでしょう。 それでは、あなたは結婚式に何を持っていかなければなりませんか? 実績のあるヒントを一緒に見ていきましょう。

カメラ、意外にも

言うまでもなく、フォトグラファーはカメラとレンズを持って結婚式に到着する必要があります。 この記事はカメラに関するものではありませんが、全て同じであるので、テスト済みで非常に有用ないくつかの組み合わせを見てみましょう。

  • フルフレームボディ+ 24〜70mm(および何らかの高速レンズ)
  • フルフレームボディ+ 24mm + 50mmおよびおそらく別の焦点距離(35mmと85mmを組み合わせることを好む人もいます)
  • APS-Cボディ+シグマART 18–35mmは、フルフレームがない場合やフルフレームが必要ない場合に最適なオプションです
What Should You Take to Weddings - setup

私のお気に入りのコンビ(D750 + 50 f1.4およびD700 + 24 f1.4)

バックアップはあなたを救います

信頼性の高いカメラなどの機体が基盤ですが、最も丈夫な機体でさえ、最も適切でない時期に故障する可能性があります。 そのため、重要なこと全てのうち少なくとも1つを追加することをお勧めします。

  • 予備の追加のカメラ
  • バッテリー
  • メモリーカード
  • フラッシュとフラッシュファイアーバッテリー
  • 充電器とモバイルバッテリー
What Should You Take to Weddings - cards

メモリーカードやバッテリー

カメラにカードスロットが2つある場合、どちらかに問題が発生した場合に備えて、両方に保存するように設定しても問題はありません。

花嫁の為の小さな何か

花嫁とは異なり、バッグやバックパックを終日持ち歩くことができます。 午後に髪を切る必要がある場合に備えて、交換用のヘアクリップまたはピンをお持ちください。 どこにあるかわからない場合は、花嫁の美容師が喜んで貸してくれます。 透明なパウダーも便利です。 肌の不要な反射を取り除くのに役立ちます。

応急処置としてのハンカチ

花嫁が結婚式で涙を流し、彼女にハンカチを誰かが貸してくれるかもしれませんが、参加者が彼女の後ろにいる場合、気づいてもらえない花嫁にとってそれは不快な事です。 彼女はそれを参加者に知らせる事ができません。 このような時は、彼女にハンカチを優雅に渡してください。そうすると1日を節約できます。 つまり、フォトグラファーとして、あなたは空間を動き回り、新婚夫婦が何かを必要とするかどうかを見ることができる唯一の人です。

What Should You Take to Weddings - handkerchief

大きな少女は泣きます。ハンカチを渡してあげましょう

大人数のグループの為の何か

理想的には、多くの人を1か所に集める必要がある集合写真を上から撮りたいと思います。 そうすれば、誰もが見やすくなります。 たとえば、ある結婚式のフォトグラファーであるミラン・ハヴリックは、脚立を彼に持ってきます。 それは軽く、車に収まり、創造性のための多くのオプションを提供します。 そして、彼が集合写真を撮っている時だけではありません。

What Should You Take to Weddings - stepladder

アルミ製脚立から写真を撮る

もし、あなたに強力なアシスタントがいる場合は、Sabina Melicharová(チェコの人気フォトグラファー)のように処理できます。 アシスタントの肩には、脚立のように、そして少なくともゲストに強い印象を与えます。

What Should You Take to Weddings - assistant

アシスタントの肩の上から撮影します。

大人数のグループを撮影する小道具

結婚式の日に雨が降る場合は、車の中で半透明または白いを持って行きます。 そうすれば、屋外でも仕事ができるようになります。

新郎新婦がピクニック写真を撮りたい場合などは、毛布もありがたいです。 そして、これに結びつくいくつかの他の小道具があります。 ワインとグラスのボトルのようなものも。

夕方の撮影には、光源が必要です。 線香花火クリスマスライトのパッケージかもしれません。

What Should You Take to Weddings - sparklers

番外の光源は、夜の撮影に便利です。 花火をお試しください。

創造的なトリック

水晶玉は、わずかに異なるビューを作成するのに最適です。 一方、それで多くの写真を撮る事を期待しないでください。 魅力はかなり早く失われますが、数回試してみてください。

What Should You Take to Weddings - ball

水晶玉、少し違ったポートレートの写真になります。

あなた自身の快適さの何か

特に夏には、午後に走り回るために、余分なシャツを着替えたり、消臭したり、より快適なを欲しくなります。

また、歩き回って、ボロボロになったかかとのために絆創膏で救われることもあります。または、宴会で長い時間を過ごす場合はペットボトルなど水も必要です。

しかし、実際にはもっと色々あります

しかし、実際のトリックのリストは、私たちがリストしたものをはるかに超えています。 共有する興味深いヒントはありますか? あなたのコメントを教えてください。

最終更新日 9. May 2019

1 0
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集長

すべての記事 を読む.

コメント