ポートレート用にズームインする必要があるのは何故ですか?

写真撮影を始めると、カメラの設定でさえ面倒な作業になりかねません。 さらに、カメラや携帯電話を取り出して、何も考えずに素早く写真を撮ることもある事実も考えて下さい。 ポートレート写真では、被写体の顔を変形させることがあり、写真を台無しにします。 では、異なる焦点距離で撮影したポートレート写真はどのように見えるのでしょうか。 そして、ポートレートを台無しにするのを防ぐにはどうすれば良いのでしょうか? 続きを読むとわかります!

ポートレートは思った以上に撮影するチャンスがあります。IDカードの写真を撮る、友人の写真を撮って携帯電話の連絡先で見栄えを良くする、プロのスタジオでポーズをとる、屋外でポトレートを撮るなど多岐にわたります。 以前にもここで肖像画を取り上げたことがあります。 例えば”人と絵で避けるべき3つの間違い“という記事でです。

ポートレートには、1つの目標があります。それは、可能な限り主題をとらえる事です。 しかし、知識や経験の不足から、初心者は焦点距離を選ぶのは下手です。 カメラの電源を入れると、カメラに映りこむものは何でも残してしまいます。通常は、カメラの広角が原因で値が低くなります。 そして、誰かの顔を額縁いっぱいにしたかったら、ズームインするのではなく、ただ近くまで歩いていく傾向があります。 その結果、遠近法効果による顔の変形(多少なりとも)が生じます。

これをわかりやすく説明するために、顔が占めるシーンの領域を一定に保つために、モデルからさまざまな距離を使用してカメラをさまざまな焦点距離にズームしたサンプルポートレートを撮影しました。(すべての焦点距離は、 フルフレーム、つまり、クロップファクターが1のカメラの場合:)

20 mm:

A portrait photographed with a 20 mm focal length.

焦点距離20 mmで撮影したポートレート

28 mm:

A portrait photographed with a 28 mm focal length.

焦点距離40 mmで撮影したポートレート

40 mm:

A portrait photographed with a 40 mm focal length.

焦点距離40 mmで撮影したポートレート

85 mm:

A portrait photographed with an 85 mm focal length.

焦点距離85 mmで撮影したポートレート

150 mm:

A portrait photographed with a 150 mm focal length.

焦点距離150 mmで撮影したポートレート

235 mm:

A portrait photographed with a 235 mm focal length.

235 mmの焦点距離で撮影されたポートレート

カメラの焦点距離は28〜40 mmの範囲で始まり、上記の「工場出荷時の設定」は最小の数値になるので、上記の「28mm」と「40mm」の撮影をよく見てください。 顔の変形はパッと見てわからないかもしれませんが、「正しい」写真と比較すると印象的です。 最大の問題は、鼻が大きくなる事です。これは、フォトグラファーが被写体に非常に近くに立つため、鼻がカメラに非常に近くなり、大きく見えるようなるためです。

85 mmにズームイン

一方、焦点距離が長くなると、被写体の鼻がカメラに比較的少し近づくため、遠近感が強くなります。 その為、ポートレート写真では85 mm(フルフレーム相当)から最大約150 mmの焦点距離が重要です。 勿論、さらに長い焦点距離を使用することもできますが、顔の光学的な平坦化が得られ、画像全体が少し平面的に感じられます。 しかし、この効果は遠近法による変形と比較すると穏やかです。 例えば、300 mmのレンズでも心配する必要はありません。

 

強調しておきたいのはこれらは フルフレームセンサー搭載カメラの数字だという事です。 基本的なデジタル一眼レフまたはミラーレスカメラを使用している場合、チップは通常APS-Cになり、1.6または1.5倍になります。 そのため、焦点距離がそれに応じて短くなります。したがって、理想的なポートレートレンズとして85 mmではなく50 mmを推奨する場合、それは間違いではありません。50mm×1.6 = 85 mm(および50 mm×1.5 = 75 mm)。

長さと焦点距離

上記は焦点距離にこだわりましたが、本当の問題は物理的な空間です。レンズにこだわる 傾向がありますが、絶対にそうする必要はありません。 20 mmのレンズで、十分な距離がある限り、変形のない素晴らしい写真を撮ることができないという決定的な理由はありません。 唯一の問題は、あなたがそのような写真を撮った場合、頭がほんの一部を占めるだけで、人の体のほとんどが写る事です。 古典的な「頭と肩」のポートレートにうんざりしている場合は最高かもしれませんが、それ以外の場合はそれは問題です。

最高のアプローチ

シンプルが一番良いと思います。  最も簡単なのは、撮影を始める前に焦点距離を85mm以上に設定し、その度に顔を撮影するように少し後ろに下がります。 撮影現場を見て、笑みを浮かべた人があなたへのご褒美になります!

最終更新日 10. June 2015

1 0
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集長

すべての記事 を読む.

コメント