自宅でマクロ写真を撮ります。 方法をお見せします

マクロ写真は、誰もが試みるジャンルです。 それに固執する人もいれば、二度と戻ってこない人もいます。 マクロを試して、諦めたくないタイプの人なら 寒さに追い込まれないでください。ご自宅で快適なマクロ写真撮影ができるのを知っていましたか?ちょっとした作業で、これらの写真を本物の”屋外”風に見せることもできます。 お見せします。

 

マクロは単純なジャンルのように思えるかもしれませんが、真実は、優れた計画、準備、アプローチを要求する非常に技術的に要求の厳しいものです。 それでは、最良の結果を得るために何をする必要があるのかを見ていきましょう。

計画が基本です

計画する事は、全ての良いマクロ写真の基礎になります。 あなたは写真を撮る前に、いくつかの基本的な質問を自問自答し、次に一致するアプローチを選択します。 全体として、プロセスは次のようになります:

何を撮りたいですか?

 昆虫を撮りたいです。

 

照明に何を使いたいですか?

フラッシュを一つとディフューザーを使用したい

 

アレンジした画像とかアトラススタイルがいりますか?

すべて黒の背景のアトラススタイル

 

写真にフォーカススタッキングを使用しますか?

はい、複数の焦点面から写真をまとめます

 

手動で、またはマクロスライダーを使用して、様々な焦点面を撮影しますか?

手動で管理できます

 

昆虫を所定の位置に固定するにはどうすればよいですか?

昆虫をピンでとめます。

これは、実際の撮影開始前の計画がどのように見えるかです。 何よりも、初心者の場合は、撮影の前に慎重に考えてください。

準備を過小評価しないで下さい

撮影されたシーン全体、つまり黒い背景の虫を準備することも重要なポイントです。 この仕事を過小評価しないでください。 必要な物をすべて事前に用意し、機能しているかを再確認してください。 とりわけ、フラッシュとバッテリーに注意してください。 これらは、頻繁にトラブルの原因となります。

昆虫自体も再確認して、変形やほこりが多すぎないことを確認します。 虫にほこりが付いている場合は、エアブロー風船で吹き飛ばし、細いブラシで拭きます。 後でレタッチ作業を保存します。

You Can Do Macro at Home - done

自宅でフォーカススタッキングを使用して撮影した写真。 しかし、ショットの前に昆虫は適切に掃除されていなかったので、その場で繊維をレタッチする必要があります。

昆虫が変形していたら、より良いものを探してみてください。 これがあなたが持っている最高の標本である場合、Zoner Photo Studioで後でレタッチする準備をしてください。 粘土のモデリングで虫ピンを安定させます。 これにより、撮影中に昆虫の位置が固定されます。

一般的に、準備の最も難しい部分は、黒い背景を準備することです。これは、マットにする必要があり、理想的にはフラッシュをわずかに吸収する必要があります。 40 x 40 cmの寸法の段ボールに黒い生地が接着されています。 しかし、黒いネオプレンタブレットケースも代替として使用できます。 実際、私はこのプロジェクトで使用しました。

どこから始めるのか 

ピンで昆虫を止め、粘土にピンを固定します。 この方法で準備した昆虫を、選択した背景の前に、計画しているすべての焦点面の背景がぼやけてしまうような距離に配置しま す。

You Can Do Macro at Home - lighting

私は私の底部照明用の光を拡散し、その上に配置された拡散材料とヘッドランプを使用します。 メインの照明には、自家製のディフューザー付きのフラッシュを使用しました。 Sigma ART 18-35 / 1.8レンズのケースが私の背景となりました。

ディフューザーを取り付けたフラッシュをカメラに固定し、手動モードに設定します。 全ての写真の照明強度が同じである必要があるので、手動で行ってください。 フラッシュ強度を正しくする為に、いくつかのテスト写真を撮ります。 (写真を暗くて露出不足にするよりも、写真を少し明るくする方が良いです)You Can Do Macro at Home - my camera

Nikon D7100 と、Yongnuo 580EXフラッシュとレンズフードに取り付けられた自家製のディフューザー。 このようなディフューザーの利点は、昆虫がそれほど強く照らされないように傾けることができることです。カメラをフルマニュアルモード(リングのM)に設定します。

レンズとカメラをマニュアルフォーカスモードに切り替え、レンズの1:1ズームを設定します。 カメラをしっかりとつかみ、異なる焦点面で写真を撮りながら、昆虫の目/アンテナから後ろに向かって静かに移動します。

これにより、昆虫がゆるんだり移動したりした場合でも、最も魅力的な部分である頭をすでに写真に収めることができます。 手でしっかりつかんでいない場合は、マクロスライダーを使用します。

You Can Do Macro at Home - ladybug

「アトラススタイル」のホームマクロ画像を表示する方法の1つです。 てんとう虫はピンの上に置かれ、適切に掃除されていました。 黒いネオプレンタブレットケースが背景として使用され、完全に機能しました。

最後にいくつか言葉の

Zoner Zoner Photo StudioPhoto Studio エディターで個々の写真を異なる焦点面で開きます。これを使用して最終的な写真を作成します。 配置された写真を撮影するときも同じアプローチを使用します。 ここでは、外部から持ち込んだ苔、花、または岩の上に昆虫を置くだけです。 Zoneramaギャラリーで昆虫の完成写真を披露することを忘れないでください!

 

You Can Do Macro at Home - hornet

すでに死んでいるスズメバチ。 苔のついた石に並べ スプレーボトルで 実験的に振りかけました 私は照明に鏡と日光を使いました。

最終更新日 10. January 2019

0 0
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集長

すべての記事 を読む.

コメント