より良い構図のための7つのヒント

画像の構成は、写真の価値を高めたり、低下させたりする重要な要素です。 したがって、決して過小評価すべきではありません。

aaa

より良い構図のための7つの基本的なヒントがあります:

構図の勉強には、写真の他の要素の勉強に比べて1つのがあ長所があります。構図を勉強している間、どのカメラを使用しても構いません。 さらに、デバイスを完全自動モードに切り替えることもできます。 そうすれば、写真のコンテンツだけに集中でき、カメラの設定については今のところ心配する必要はありません。

1) 被写体で写真のスペースを完全に占有する

写真を見たとき、その写真の被写体の周りに多くの「無表情」な空きスペースがありますか? すべての側面ではなく、例えば、左側、または上だけですか? 撮影する場面であなたが本当に興味を持っているものに焦点を当て、それをあなたの写真のキャンバスいっぱいに支配させてください!

2) ビューファインダー又はカメラのディスプレイで構図を作る

これにより作業が節約され、最終的な大判印刷に十分な画像データが残されます。

3) センター構成を避ける

または、状況がそれを必要とする時だけ、より良い構図でセンター構成を使用します。 初心者のフォトグラファーは、常に自分の興味を引く全てのオブジェクトを画像の中央に配置する傾向があります。 しかし、この種の構図は、主にポートレート写真で有効となり、被写体に特定の深刻さを与え、時には建築写真にも役立ちます。 他のほとんどの場合、対象を別の場所に置くことで、例えば…

4) 三分の一のルール

画像を水平または垂直に3分の1に分割する想像上の線の1つ。 このルールは、黄金比の概念と密接な関係があります。黄金比は、ギリシャの時代から視聴者に深い審美的な効果があることが知られている側面の比率です。 黄金比自体は、写真では直接使用されませんが、実際には、3分の1規則を介して単純化された形式で使用されます。 そのため、ショットを撮影しているときに、ファインダーの上に三目並べのグリッドが表示されることを想像してください。 そのグリッドの交差点の1つに写真の被写体を置きます。 これにより、よりドラマティックな画像が得られます!

 

Photo: tana-tatana

写真: tana-tatana

5) フレームに写真をおさめる

お店に行き、そこでフレームを選ぶことではありません。 むしろ、場面内の自然なフレームを見つけて、視聴者が写真から目をそらさないようにします。 フレームを使用すると、人々はあなたの写真をより長く見ることができます。

6) 繰り返す画題を見つけてくださいーリズムのために

繰り返し対象物、時にはそのリズムを乱すものは、構図にとっての強力なツールです。 リズムがあると見ている人の注目を集めます。

7) それぞれの場面でガイドラインを活用する

高速道路、川、直線、曲がった線などのガイドラインは、見ている人の目を導く為に役立ちます。 そして、そのような線を見ると、それを利用して視聴者があなたの写真の主要な主題に集中し続けることができます。

Photo: spirit studio

写真: spirit studio

構図について書かれた本はありますが、上記の7つの領域は、魅力的で強力な写真を撮ることを学ぶための素晴らしい出発点です。 さあ、外に出て練習しましょう!

 

最終更新日 8. March 2013

0 0
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集長

すべての記事 を読む.

コメント