タグ:構図

構図:被写体の位置を決める

見栄えのする写真を撮るためには、構図の基本的なルールを尊重しながら撮影する必要があります。被写体の配置もそのひとつです。シャッターを押す前に、必ず場面シーンを考えてください。そうすれば、写真の中で物が触れ合っていたり、背景に余分なノイズが入っていたりといった問題を避けることができます。被写体の位置が良ければ良いほど、写真の中でその被写体は輝きを増します。

写真撮影上達のための13の基本ルール:構図を学ぶ

構図の基本を理解して、より美しい写真を作りましょう。現実を記録するだけの写真から、本物の写真を撮るためには、これらの構図のルールを守ってください。また、これらのルールをあえて破って、刺激的な作品を作ることもできます。ただし、「ルールを知っているからこそ、ルールを破るのだ」ということがわかるようにしてください。

ポートレートの基礎 構成②:モデルの環境の使用方法を学ぶ

ポートレート写真で最も重要なことは被写体です。 しかし、それは彼らの環境に果たすべき役割がないという意味ではありません。 大丈夫! 被写体の周囲で写真が示すものは、その写真が全体的にどのように感じられるかについて共有しています。 普通の茂みでさえ、ポートレート全体を台無しにしたり、完璧に仕上げることができます。

ポートレート構成の基礎①:モデルのフレーミング

高価なカメラや古い携帯電話で写真を撮っていても関係ありません。 ポートレートでは、同じ構図の規則が常に適用されます。 そして、あなたがそれらに固執するなら、あなたのポートレートはずっと良く見えます。 勿論、ルールは破られるように作られていますが、破る前に知っておくべきです。 それでは、基本的なものを見てみましょう。 ご覧のとおり、それらを知ることで写真を劇的に改善できます。

風景写真のヒント

風景写真に関する記事がたくさんあります。 しかし、今回は、このジャンルの主要なガイドラインと、シャッターを押す前に心に留めておくべき事柄について説明します。

新しい記事を徐々に追加しております。

無料オンラインマガジン「フォトレッスン教室」を購読する

メールアドレスは正しくありません。