理想的なキットの選択②:マクロキットの選択

多くのマクロ写真の記事が「フォトレッスン教室」に公開されています。 それらはあなたが写真のテーマについて知るために、それらほぼ全てを学ぶ事ができます。 ただしキットの選択に関するシリーズのこのパートでは、マクロを撮影する方法については説明しません。マクロに関してのボディとレンズのどの組み合わせを選択するかを説明します。

市場には多くのマクロレンズがあり、選択肢に不足はありません。 カメラの場合も同様です。 ですから、カメラとレンズの理想的な組み合わせを1つだけに絞ることはできません。 そうです、あなたはその正しい情報を読んで見て下さい。つまりの全てのフォトグラファーは、それぞれ異なるものに最も適しています。 しかし、私ができることは、いくつかの特定のカメラの長所を指摘し、魅力的なマクロの選択肢であるいくつかのレンズの話をすることです。

どのレンズを選ぶべきですか?

最近まで、倍率レベルを変更できるマクロレンズはキヤノンMP-E 65 / 2.8のみでした。 1:1から5:1の範囲の倍率を使用できます。 しかし、現在、キャノンFE以外のマウント用の調整可能なマクロレンズが市場に登場しています。 私はここでLaoawとMitakonについて話します。

最も魅力的な「ズーム可能なもの」(冗談を言っています;我々はズームしているよりはむしろ、拡大しています)は、Mitakon Creator 20 mm f / 2.0とLaowa 25 mm f / 2.8です。これらは、キャノンの競争の中で市場のギャップを埋めます。 キャノンのユーザーに追加のマクロレンズの選択肢を提供します。 Nikon、Canon、Sony、Pentaxカメラの最も一般的なマウントタイプにマウントできますが、あまり一般的ではないマウント(Fuji Xなど)には適切なアダプターを購入できます。

以下に、マクロレンズのその他の実際の処理を示します。

  • Laowa15mm f / 4
  • Laowa 24mmF14 2×MACRO PROBE

これらのレンズは、デザインが特別であり、市場で最初のレンズでした。 Laowa 15mm f / 4は、1:1の倍率を備えた最初の広角マクロレンズであり、マクロ写真の世界を広角で見ることができます。

 

Laowa f/14 Macro Probe メーカー自身が告知しているように、市場で最も奇妙なマクロレンズです。 長いチューブ構造だけでなく、使用方法も理由です。 チューブは前面が防水であるため、水に浸して水生昆虫や植物を撮影できます。

1:1より大きい倍率の利用可能なレンズ:

  • Canon MP-E 65mm f/2.8, 1:1 – 5:1
  • Laowa 25mm f/2.8, 2.5:1 – 5:1
  • Laowa 60mm f/2.8, 2:1
  • Laowa 24mm f/14, 2:1
  • Mitakon Creator 20mm f/2, 4:1 – 4.5:1

どのカメラボディ?

マクロ撮影では、被写体を詳細に描写することが重要です。つまり、高解像度のカメラが必要です。 フルフレームチップを搭載したカメラは、この需要に応えます。

アイデアを与える少数のFXカメラ

  • Canon EOS 5DS R 50.6 Mpx
  • Nikon D850 45.7 Mpx
  • Nikon Z7 45.7 Mpx
  • Sony A7R 42.4 Mpx
  • Pentax K-1 Mark II 36.4 Mpx

このチップのフルフレームサイズにより、被写界深度を浅くすることで、より多くの被写体をフレームに取り込むことができます。 より良いダイナミックレンジはもう1つの長所です。 ただし、APS-Cまたは4/3チップを搭載したカメラを使用していても絶望しないでください。 ここには、フルフレームチップと比較していくつかの利点があります。

これらの2つのタイプは、被写界深度が大きくなり、被写体の倍率が大きくなります。 それはクロップファクターよるものです。 これらのカメラには、フルフレームのボディよりも小さくて軽いという利点もあります。

あなたにアイデアを与える少数のAPS-Cと4/3カメラ

  • Nikon D7500
  • Canon EOS 80D
  • Fuji – X T30
  • Olympus OM-D E-M5 Mark II
  • Sony A6400

ただし、最終的には、すべて写真の経験と忍耐にかかっています。 両方が十分に備わっている場合は、携帯しているカメラはどれであってもあなたにとって適切です。

その他の道具

簡単に言えば、マクロ写真はポートレート写真の小さなものです。 ポートレート写真では、フラッシュ、リフレクター、さまざまな小道具や背景などのアクセサリーなしでは対応できません。 同じことがマクロ写真にも当てはまりますが、規模は小さくなります。 自宅でマクロを実行できるという記事で、理想的なマクロ照明について説明しました。 方法を説明します。

自宅でマクロ写真を撮ります。その方法をお見せます。

いつものように、反射板を使用して被写体を照らすことができます。 可能な限り最高のグリップを確保し、たとえば昆虫が座っている草の葉を固定するためのさまざまなホルダーとクリップも役立ちます。 背景として、厚紙に貼り付けられた様々な色の紙または硬い紙を使用できます。

三脚もここで馬鹿にしてはいけません…そしてまだ!実際には、これを使わずに撮影する事を学ぶ方がよいでしょう。ほとんどの種類の昆虫を撮影する為にスピードが必要とされるからです。 三脚は、あなたの行動を遅くし、昆虫を飛ばします。 ただし、フォーカススタッキングを使用してショットを撮影する場合は、三脚が必須です。 写真のテクニックがまだ十分ではなく、手がふらついている場合は、三脚とマクロスライダーを使用します。                 

それでは理想的なコンビとは何でしょう?

私が言ったように、「これが理想的なレンズとボディの組み合わせです」と断言はできません。誰もが少し違うものを好むからです。 しかし、どのコンビが自分に最適か、そしてその理由を明確に言うことができます。

私は個人的にNikon D850、またはNikon Z7を選択します。これら2つにはそれぞれ高解像度のFXチップが搭載されているからです。 しかし、主な利点はフォーカスシフトオプションにあります。 これは、カメラが異なる焦点面で複数のショットを独自に撮影し、それらを単一の画像にマージする機能です。 この機能により、フォーカススタッキングの操作が簡単になります。個々の写真を手作業で結合する必要はありません。※focus stackingとは焦点合成とは、複数の画像をデジタル画像処理によって合成し、擬似的に深い被写界深度を得る技術のこと。

私がこのカメラでタムロン90mm f / 2.8を選択したのは、それが自宅にあるレンズであり、満足しているからです。 倍率を使用する場合は、Laowa 25mm f / 2.8を選択します。 はい、このレンズはフォーカスシフト機能を失いましたが、マクロスライダーを使用して手動でシフトすることで交換する必要があります。

率直に言って、おそらくあなたにとって理想的なコンビは、既に使用しているカメラと、そのカメラに適切に選択されたマクロレンズです。 被写体を拡大したくない場合は、市販されているマクロレンズで問題ありません。 その他の選択としては、延長チューブを使用するか、上記のレンズのいずれかに手を伸ばし試す必要があります。

主にマクロ撮影は90%の照明と10%の技術であることに留意してください。 これら2つのことを完全に調整したら、基本的なデジタル一眼レフカメラとマクロリバースリングを使用しても、息をのむようなマクロ写真を撮れます。

 

最終更新日 9. April 2019

You already voted!
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集長

すべての記事 を読む.

コメント