雷の撮影方法:嵐の達人になる

夏の嵐が来る時、あなたや多くの人が考えているかもしれません:「とにかく雷を撮影する方法は?」と。私たちは良いニュースを持っています:暗い空を背景に雷のストロークの美しい写真を撮るのは簡単です 。 三脚と正しい設定が必要です。

How to Photograph Lightning: Become a Master of Storms

デジタル機器のおかげで、実質的に誰でも雷の写真を正しく撮影できます。 高品質の写真に必要なものは次のとおりです

  • 三脚 
  • カメラのセルフタイマー、リモートコントロールシャッター
  • 手動設定を使用できるカメラ
  • タオル!

雷を撮影する前に、良い場所を選んでください。 適切な選択肢には、印象的な風景や街の景色を望む高台が含まれます。 必ず「安全」を忘れないでください。

適切な場所を見つけたら、あとは天気予報を見て嵐を待つだけです。 接近する嵐が本当に雷雨であるかどうかを確認するには、例えば、雷を追跡するの為のアプリを確認します。

稲光りを撮影するときに使用する設定

嵐が来たら、選んだ場所に向かい、写真を撮る準備をします。 カメラをフルマニュアルモードに切り替え、 三脚を置き、次の値を設定します。

  • 時間 10–30 秒
  • ISO 100–1000
  • f/2.8-4
  • 焦点距離10 ~200 mm

焦点を過焦点距離に設定し、ロックします。 ライブプレビューを使用して、非常に離れたオブジェクトに焦点を合わせてから、焦点をオフにすることもできます。How to photograph lightnings: lightning in the clouds.

時々、レンズを雲に向けることが有益です。 Canon  EOS Kiss Digital X、Canon EF-S18-55mm f / 3.5-5.6、38 s、f / 7.1、ISO 200、焦点距離24 mm(EQ 35:38 mm)。 写真家:ジリ・ザック理想的な露出値を決定するために、いくつかのテスト写真を撮ります。 ただし、これらの値を開始点として使用できます:時間15秒、ISO 100、f / 2.8。

雷がもたらすダイナミックレンジが大きいため、RAWで撮影することが重要です。

稲妻を撮影しますか? 白飛びに注意してください!

雷のために写真が露出オーバーになっていることがわかったら、F値を上げるか、シャッター時間を短く設定します。 雷が周囲の風景や自分自身の周りの領域を過度に露出させないように注意してください 。※白飛び=写真の適正露出を越え、明るくなりすぎてしまい絵が白くなっている状態を白飛びと呼ぶ。

手ブレを引き起こす可能性のあるカメラの震えを防ぐには、リモートシャッターを使用します。 別のオプションは、カメラでセルフタイマーを使用することです。 その場合は、タイマーを少なくとも2秒に設定してください。

稲妻で作業しているからといって、構図を忘れられるわけではありません。 そして、よく構成された写真はより印象的です。

稲妻は、例えば都会の環境で非常に見栄えがよく、撮影位置の前景のぼやけた景色も写真に表示されます。 休暇中は、海から来る嵐を撮影してみてください。 稲妻は海の表面上で非常に印象的に見えます。

How to photograph lightnings: a lightning with a city in the foreground.

強烈な稲妻と前景の街の組み合わせは、この写真をより劇的にします。 Nikon D7100、Nikon 18-35 / 1.8、0.8 s、f / 5、ISO 100、焦点距離24 mm(EQ 35:36 mm)

嵐を撮影している時でもカメラを乾いた状態に保つ

雷を撮影するときは、多くの湿気にさらされているため、機材に注意する必要があります。 しかし、高価なプロのレインスリーブを購入することは意味がありません。 ゴムバンドでカメラに固定する古典的なレインカバーで十分です。 また、例えば、同じ方法でビニール袋を使用できます

写真を撮影したら、タオルでカメラをよく拭き、バッテリーとカードを取り外します。 次に、シリカゲル付きのビニール袋に入れるか、自宅のラジエーターに置き、少なくとも7時間は取り出さないでください。 それをフォトバッグに入れて、しばらく慣れさせるとうまく機能します。

How to photograph lightnings: a lot of lightnings on one picture.

同じ場所の写真を何枚か撮ったら、Zoner Photo Studioでそれらを組み立てて、稲妻に満ちた空の写真にできます。 フォトグラファー:ジリ・ザック

安全第一!

嵐を撮影するときは、常に身体を第一に考え、リスクを冒さないでください。 金属製の三脚は避雷針として機能します。 したがって、常に安全な場所から写真を撮ってください 。

そして、雨具など正しい服を着ることを忘れないでください。 つまり、ただ濡れてしまい、風邪をひいたら楽しくありません。

 

最終更新日 7. August 2018

1 0
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集長

すべての記事 を読む.

コメント