白い背景で製品を撮影する方法

白い背景で撮影されたアイテムは、どこでも使用できる古典的な撮影です。 これらの標準撮影の詳細をお読みください 。

時々、「物」を撮影する必要がある事があります。通常はウェブ製品の写真のために、時には他の理由のために。 製品の特定の外観が必要な様々な状況で、これらの撮影の手順を見てみましょう。

最近、小さなオブジェクトを撮影するための最も簡単なオプションである卓上ミニスタジオの作成方法を説明しました。 今日は、サンプル写真のために、外部フラッシュなどの複雑な物を追加します。 しかし、これらの撮影を安価な物から高価な物まで照明には、たくさん種類があるので、これらのイラストは単なるイラストと考えてください。

何が必要なのか

卓上スタジオの記事と同じように、詳細を微調整しながら撮影を繰り返すことができるように、手動カメラモードと三脚を使用することを強くお勧めします。 しかし、カメラの要件については以上です。 大きなポスターを印刷しない場合、コンパクトデジタル一眼レフカメラを使用したか、高価なデジタル一眼レフカメラを使用したかは誰にもわかりません。 唯一の重要な要素は、照明と背景です。

ほこりは、多くの場合、クローズアップから撮影した小さなアイテムに顕著に見られます。 照明とシーンが劇的であればあるほど、ほこりが見えやすくなります。したがって、白い背景と正面からの照明を使用すると、ほこりにほとんど気付かないでしょうが、黒い背景と背面からの照明では、すべてのモートがクリアになります 。 私は、最初の援助の為に一つタオルや布巾を持つ事をお勧めします。

Harsh lighting from behind nastily highlights every last bit of dust. Canon 5D Mark III, Canon EF 24-27/2.8, 1/160 s, F18, ISO 200, focus 70 mm

背後からの過酷な照明は、最後のほこりを目立たせます
Canon 5D Mark III, Canon EF 24-27/2.8, 1/160 秒, F18, ISO 200, 焦点70 mm

いくつかの基本的なヒント

近距離で焦点を合わせると焦点深度が浅くなるため、通常、上の図の極端なF18など、高いF値を使用します。 これらの数値であっても、製品に完全に焦点が合っていない可能性があるため、焦点を慎重に選択してください。 通常、オブジェクトの前面に焦点を合わせるのが最善です。 フォーカスポイントをそれより少し深く移動することはできますが、通常はオブジェクトの3分の1を超えないようにします。

 

The front of the lens is sharp, but there’s blurring even as close up as the trigger. (This particular photo will only be used as an illustration for a filter holder, so here it doesn’t matter.) Canon 5D Mark III, Canon EF 70-200/2.8 IS II, 1/200 s, F14, ISO 400, focus 130 mm

フロントレンズはシャープですが、シャッター近くなど他はぼやけています。 (この写真はフィルターホルダーのイラストとしてのみ使用されるので、ここでは問題ありません)
Canon 5D Mark III, Canon EF 70-200/2.8 IS II, 1/200 秒, F14, ISO 400, 焦点 130 mm

通常の限界を超える焦点が必要な場合、唯一の選択肢は、焦点面が傾いたレンズ(チルトシフト)又は、異なる焦点を持つ撮影のソフトウェアベースの結合、つまり「フォーカススタッキング」です。(焦点合成)

私からの最後の注意点は、製品写真の専門家であっても、単純なワークフローに固執することが最善である場合があることです。 例えば、個人的には、Webで販売したい古いアイテムを撮影するとき、白い背景を使用しません。 代わりに、意図的に「使い捨ての」卓上写真を撮って、ショットが本物のように感じられるようにします。そうすれば、購入希望者は、私がeショップの写真をコピーしただけとは思いません。

白い背景にたいして

ミニスタジオに関する以前の記事のように、このより大きなスケールでも、図に示すように、(大きな)一枚の紙や折りたたみ可能なプラスチックシートを用意しても問題ありません。 シートが光沢がある場合、反射も提供され、面白い外観を提供できます。 ただし、低角度で撮影する場合は、シートの大部分が写真の下部になり、完全に真っ直ぐでない限り、反射が変形することに注意してください。 ただし、通常、製品の周囲の領域は良好であるため、適切な距離で画像を切り抜くだけで十分です。 これにより、反射の一部が失われますが、ほとんど変形されていない上部が残ります。

あなたの好きなように、非常に正確にライトを配置できます。 通常、ソフトボックスはソフトな照明の作成に使用されます。 反対側で2つのソフトボックスを使用すると、ほとんどの影がなくなり、オブジェクトのテクスチャが見えます

A setup with a plastic sheet.

プラスチックシートを使用したセットアップ

The resulting photo. I won’t go into camera settings, because they’re not important for this article, and they’ll be different for each picture anyway depending on the lights you use.

結果の写真。 この記事ではカメラの設定は重要ではないため、カメラの設定については説明しません。使用する照明によっては、写真ごとに異なる場合があります。

The reflection is deformed—especially at the bottom of the photo.

反射が変形しているー特に写真の下部で

状況に応じて、1つのライトを使用して影を強調したり、2つのライトを異なる角度で使用したり、3つ目のライトを使用して照明を強くしたりすることもできます。

小さな部屋で撮影する場合、反射率の高い物体が問題になります。 壁(そしてあなた、フォトグラファー)に当たる光はすべて、ある程度オブジェクトに反射されます。 可能な限り、それと戦うことについては、今後の記事で説明します。

撮影ボックス内の白い背景

撮影ボックスとも呼ばれる拡散ボックスは、上記のセットアップの一般的な代替手段です。 気を散らす可能性のある周囲を隠すため、穏やかに反射するオブジェクトでの作業を簡素化します。 (ボックスでも強い反射物は問題です。)撮影ボックスの壁は自然に光を拡散し、全ての側面から拡散するため、暗い影の潜在的な問題を排除するため、ソフトボックスが不要であることも便利です。 ここでは光を非常に正確に制御することはできませんが、白い背景に対してシンプルな写真だけが必要な場合は、細かく制御する必要はありません。 その間、ほぼすべてのライトを使用して、常に非常に見栄えの良い画像を取得できます。

市販の撮影ボックスには、通常、白と黒の両方の背景が付属しているため、最初に思われるよりも幅広い状況で使用できます。 独自のボックスを作成するためのさまざまなインターネットガイドも用意されているので、即興バージョンを非常に安く作ることができます。

A diffusion box setup.

撮影ボックスのセットアップ

The resulting photo. The background is not completely flat, because it was folded for a long time and now contains large creases. Ironing would fix that.

結果の写真。 背景は長い間折りたたまれていて、大きなしわが含まれているため、完全に平らではありません。 アイロンをかけるとそれは消えます 。

拡散ボックスの内側にプラスチックシートを置いて、ボックスとシートの両方の利点を得るのも問題ありません。

さらに白い背景の撮影テーブル

撮影テーブルは、影をまったく付けずに背景を真に100%白にしたい場合に特に便利な特別な代替手段です。 標準品種は、半透明の素材で作られたボードを使用しており、下から照らすことができます。

A scene with a shooting table with three lights.

3つのライトが付いた撮影テーブルのあるシーン

The resulting photo.

結果の写真

上の写真では、下から来る光を見ることができます。 それでも多すぎる場合は、撮影テーブルが特別に構築されており、水平ショットの場合、パイプや他のサポートがボードを超えて光路にないという事実を利用できます。 そのため、ボードを完全に透明なものに交換し、別のライトを使用して照明をテーブルを越えて背景(壁など)に戻すのは簡単です。

A shooting table from behind. The bottom is designed to not have any horizontal connectors.

撮影テーブルの背後から。 底部には、水平コネクタがないように設計されています。

撮影用テーブルも既製品で購入するか、自宅で組み立てることができます(ここでは、写真用に自家製のテーブルを使用しました)

最後に一言

白い背景に対しての写真はこれで終わりです。 より複雑なニーズがある場合は、より複雑な背景と効果に関する今後の記事に目を光らせてください。

 

 

最終更新日 22. March 2015

1 0
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集長

すべての記事 を読む.

コメント