テーブルの上で製品を撮影する方法を学ぶ

スタジオを借りたり、大きな部屋を探したり、高価な機器を持つ必要はありません。 小さな物を撮影することで、製品写真に取り組むことができます。 また、光があなたの仕事を練習する機会を与えてくれます。 おそらく既に所有しているいくつかの一般的な小道具が必要です。

写真は、人や風景だけではありません。 多くのアイデアを通常のテーブルに表現できます。 いいえ、マクロではありません。それよりもトリッキーではありません。 ミニスタジオを即興で作るために最低限、必要なのは、小さなランプ三脚付きのカメラだけです。 そして、撮影するもの。 その過程で、写真で光を扱うための基本原則についての知識を新たにすることができます。

The “backstage” of our little photo studio.

小さな写真スタジオの「舞台裏」

And this picture was taken using the setup above. The picture isn’t black-and-white. It just looks that way, because the white balance is so precise. Canon 350D, Canon EF-S 18-55/3.5-5.6, 1/25 s, F5.6, ISO 100, focus 41 mm

そして、この写真は上記のセットアップを使用して撮影されました。 写真は白黒ではありません。 ホワイトバランスが非常に正確であるため、そのように見えます。
Canon 350D, Canon EF-S 18-55/3.5-5.6, 1/25 s, F5.6, ISO 100, focus 41 mm

紙はあなたの背景です

紙から始めましょう。 あなたの背景として役立ちます。 シートが大きいほど良い。 シートを大きくすると、より大きなシーンで作業したり、より短い焦点距離を使用したりできます(したがって、より広いシーン)。 A3シート、または米国で使用されているリーガルサイズでさえ、小さなオブジェクトを単独または小さなグループで使用するには十分ですが、大きなオブジェクトの場合は大きなシートが必要です。

紙は折り曲げられているため、どこにも折り目が見えないので、写真を見ると、「床」がどこで終わり、「壁」がどこから始まるかがわかりません。 これにより、視覚的に無限の背景が得られます。 紙に重さを置くか、一時的にテーブルにテープで留めます。

A bolder composition, which still fits on an A3 sheet. Canon 350D, Canon EF-S 18-55/3.5-5.6, 1/15 s, F8.0, ISO 100, focus 33 mm

A3シートに収まる大胆な構成
Canon 350D, Canon EF-S 18-55/3.5-5.6, 1/15 s, F8.0, ISO 100, focus 33 mm

ここでは白いシートを使用しましたが、空が限界です。必要な色を使用してください。 黒を使用すると、非常にドラマチックなシーンを作成できますが、色付きの背景はより快適に感じられます。

使用する光源

ここには幅広い選択肢があります。 リモートで発光するフラッシュ、デスクランプ、自転車のライト、キーリングペンライトなど、手元にある光源を使用することを恐れないでください。 すべて使用可能です!

弱いライトの唯一の問題は、エフェクトを表示するために周囲に暗闇が必要であることです。 (これは電気スタンドにも当てはまります。)この記事が出版された直後に読んでいるなら、幸運です。長い冬の夜がここで理想的です。

ライトには、その強度以外に動作する他のプロパティがあります。 仕事に合わない場合は、別のライトを使用します。 卓上ランプは大きな表面で光を生成してソフトシャドウを生成しますが、ハンドヘルドランプは非常に硬いシャドウを生成する点光源になる傾向があります

しかし、一方を他方に簡単に変換できます。 ランプからより硬い影を得るには、被写体から遠ざけます。 一方、ポイントライトをエリアライトに変えるには、その前に紙を置いて光を拡散させます。 これも光を日陰にしますが、三脚とより長い露出を使用してそれを解決できます。

The hard shadow from a bike lamp, vs. the soft shadow from holding ordinary office paper in front of that lamp. The shot time increased from 1/20 second to 1/2 second.

自転車のランプからのハードシャドウと、そのランプの前に普通の事務用紙を置くことからのソフトシャドウ。 ショット時間が1/20秒から1/2秒に増加しました。

上の右側の写真では、距離とともに光が急速に消える様子を見ることができます。 これを防ぐには、ランプまたは紙をシーンから遠ざけます。さらに暗くしますが、このフェードをより緩やかにします。

機材リスト

三脚です。 短いですよね? 三脚の使用を強くおすすめする理由は2つあります。 最初の例は直前に言及しました。カメラがシーンを十分に鮮明に捕えられるように、弱い照明では長時間の露出が必要です。

2番目の理由は再現性です。 オブジェクトを撮影するときは、通常、すべてが自分の好みになるまで、シーン内の位置、ライトの配置、およびその他の要素を微調整します。 一般的には、写真を撮り、それを再確認し、その後すぐに、最初のものよりも次第に良い他のものを撮ることを含みます。 カメラがコンピューターに接続されている場合は、ケーブルまたはカメラのWi-Fi、Eye-Fi SDカードなどを介してワイヤレスでコンピューターに接続されている場合、すぐにコンピューター上の画像を検査することもできます。

実際には、カメラの手動モードを常に使用して、すべてを完全に制御できるようにします。 また、特定の ホワイトバランスを設定すると、カメラが各ショットの白の色相を固定すると便利です。これにより、写真ごとに異なる色が残る可能性があります。

ミニスタジオが非常に小さい場合は、背景と部屋の残りの部分との境界が画面から飛び出さないように、より長い焦点距離を目指してください。 しかし、ここでレンズの最小焦点距離が邪魔になることがあります。 次に、この点で持っている最高のレンズを使用する必要があります。

小さな物を撮影しているため、焦点深度が浅くなります。 これは写真に役立てるために使用できますが、すべてに焦点を合わせる必要がある場合は、非常に狭い絞りが必要です。 ただし、適切な三脚を使用している場合、これは問題ありません。

Taking advantage of low depth of field. Canon 350D, Canon EF-S 18-55/3.5-5.6, 1/5 s, F5.6, ISO 100, focus 42 mm

低被写界深度を活用します。
Canon 350D, Canon EF-S 18-55/3.5-5.6, 1/5 s, F5.6, ISO 100, focus 42 mm

ヒントとコツ

オブジェクトを撮影する場合でも、合成のルールが適用されることに注意してください。 たとえば、次の図では、黄金比、対角線、およびリズムが壊れた繰り返し要素が表示されています。

Composition’s rules, made edible. To get a large depth of field, an extreme F-stop is used: F29. Canon 350D, Canon EF-S 18-55/3.5-5.6, 2.0 s, F29, ISO 100, focus 54 mm

食べるものを撮る時の撮影のルール。大きな被写界深度を得るには、極端なF値が使用されます: F値29.Canon EOS Kiss Digital , Canon EF-S 18-55/3.5-5.6, 2.0 s, F29, ISO 100, focus 54 mm

上に示した以上の光でできることはまだまだあります。 望んでいない場所に光が当たっている場合は、段ボール、本の山、または実質的に何でも、いつでも部分的に陰影を付けることができます。

また、ライトを再着色することもできます。 色の付いたプラスチックフィルムですが、注意してください。光が熱くなると、プラスチックが溶けたり電球にくっついたりすることがあります。 スペースを空けます。

一部のシーンでは、複数の光源を使用することもできます。 ただし、同じように見えても、すべてのライトが同じホワイトではないため、複数の光源を使用する場合、正しいホワイトバランスを取得できない場合があることに注意してください。 違いが目立ちすぎる場合、唯一の解決策は、結果の画像をグレースケールに変換することです。

光源が1つしかない場合でも、2つ光を持つことができます。 弱いより拡散した2番目のソースを作成するには、シーンに白い紙を配置します。 これは元の光を反射し、そうでなければ暗い影を明るくします。 これは、写真家の古典的な反射シートの一種の弟です。

Reflector paper. Its effects are only perceptible on the closest parts of the scene. Here, too, moving the light source farther away will help to reduce the attenuation.

リフレクター紙。 その効果は、シーンの最も近い部分でのみ知覚できます。 ここでも、光源をさらに遠ざけることで減衰を減らすことができます。

実験することを恐れないでください

上記は基本的な可能性をカバーしています。 あなたを妨げるものは何もありません!もっと試して色々な実験をしてください。

このシリーズの次の記事では、製品写真を詳しく見て、すべての機能がより多くの機器でどのように機能するか、および製品写真家を待っている問題に対する典型的な解決策を取り上げます。

 

最終更新日 16. February 2015

You already voted!
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集長

すべての記事 を読む.

コメント