ホワイトバランス:写真の色をマスターする

人間の目は、光の色の変化に簡単に適応できますが、カメラにとってそれは簡単ではありません。ホワイトバランスは撮影するときの光の色合いを補正して、白を白く撮影する為の機能です。だから、現実のシーンと異なる発色に気を付つける必要があります。これを行う方法は、カメラの撮影モードや自動ホワイトバランスを使用することです。次の記事では、シーンの色を現実に合わせて微調整する方法を見ていきます。

デジタルカメラの写真は、色合い(明るさ)と色に関する情報で構成されています。写真の濃淡は、カメラの露出設定を使用して制御されます。露出設定については、 露出に関する記事 または 露出に関する三角形に関する記事をご覧ください。写真の色を制御するための基本的なツールは、カメラのホワイトバランス設定です。

光の色

異なる光源は異なる色の光を持っています。これを説明するために、色の認識を非常に効果的に調整することができます。たとえば、白熱電球からの光が白い紙に当たると、その紙はオレンジ色になります。人間の目を通すと、『白い物は白いはずだ』と頭の中で自動的に補正をかけます。

しかし、カメラはこのようには機能しません。光の実際の色を記録し、場面の色が変わった場合は何らかの方法で通知する必要があります。

個々の光源の色を直接目にする最も簡単な方法は、街を夜に散歩することです。あなたの脳は外の光に合わせられ、アパートや家の窓を覗くと、白熱電球からのオレンジ色の光、今でも、もしかしたら出会うかもしれないブラウン管テレビからの青い光、蛍光灯からの緑の光を見ることができます。カメラの気持ちになってみましょう。

色温度の設定

色温度は、その色合いの光を放射するために「黒い物体」(光を反射しない物体)を加熱する必要がある温度として表されます。 色温度はケルビンで表されます。 黒い物体を加熱すると、熱が加わると徐々に赤→オレンジ→黄色→白に変化し、最終的に最高温度の青に変わります。この色の変化を色温度といいます。したがって、色温度スケールは、色の知覚に慣れている方法の反対です。暖かい色相(赤、オレンジ)は、青よりも色温度が低く、通常は寒いと考えられます。

写真を撮る時は、照明の温度をケルビン内の温度に直接、または間接的に伝える必要があります。カメラのプロセッサーは、この情報を、撮影した写真の最終的な色付けに組み込みます。そのために色かぶりがなく、本来あるべき姿に見えます。これは非常に複雑に聞こえますが、実際にはすべて非常に簡単です。

ホワイトバランス (正しい色温度の設定)

高度なカメラを使用すると、ケルビンに色温度を直接入力できます。 光源の色温度がわかっている場合は、これらの正確な値で作業できます。しかし、これは日常作業には複雑すぎます。ホワイトバランスを処理するためのとても簡単な方法がいくつかあります。

自動ホワイトバランス(AWB)

通常、工場出荷時の設定では、カメラはAWB(自動ホワイトバランス)を使用しています。カメラのこの洗練された組み込みシステムは、現在の照明の色温度を自動的に決定し、それに基づいてホワイトバランスを設定します。自動露出設定と同様に、この方法は約90%のどの時間で成功しており、通常は信頼できます。照明が複雑な状況では、ホワイトバランス設定に影響を与えるいくつかの方法があります。

Using AWB (Automatic White Balance). The camera’s automatic white balancing evaluated this sunset scene and set the white balance “correctly” to get a blue sky. But the photo’s colors lack the mood that they actually had in the scene. Canon EOS 7D, EF-S 15-85/3.5-5.6, 1/640 s, F16, ISO 100, focus 42 mm (67 mm equivalent)

AWB(自動ホワイトバランス)を使用します。カメラの自動ホワイトバランシングはこの夕景を評価し、ホワイトバランスを「正しく」設定して青い空が撮れました。しかし、写真の色には、実際の風景で持っていた雰囲気がありません。
Canon EOS 7D, EF-S 15-85/3.5-5.6, 1/640 s, F16, ISO 100, 焦点 42 mm (67 mm 同等)

手動プリセット

AWBの他にも、カメラの中には何種類かの場面に応じたホワイトバランスがあらかじめセットされています。AWBで思うような色にならない時や、より好みの色合いに調整したい時は、ホワイトバランスを自分で指定してみましょう。標準のホワイトバランスセットとは、太陽光、日陰、曇り、白熱灯、蛍光灯、フラッシュなどの名前が付いています。これらを使用することにより、各カメラメーカーがそのプリセットで説明されている状況に適していると感じる色温度を選択しています。普段の写真撮影では、これらのプリセットで十分です。しかし、ホワイトバランスをより正確に設定する必要がある場合は、そのためのツールもあります。

The same scene as in the previous photo. The white balance has been set to Cloudy. Now the moody colors of sunset have been captured faithfully. Canon EOS 7D, EF-S 15-85/3.5-5.6, 1/640 s, F16, ISO 100, focus 42 mm (67 mm equivalent)

前の写真と同じシーン。ホワイトバランスは曇りに設定されています。今、夕日の情緒的な色が忠実にとらえられています。
Canon EOS 7D, EF-S 15-85/3.5-5.6, 1/640 s, F16, ISO 100, 焦点 42 mm (67 mm 同等)

正確なホワイトバランスの設定 (グレーカード)

高度なカメラでは、白またはグレーなどの表面を含む場面を撮影し、その画像に基づいて色温度を設定することにより、ホワイトバランスを正確に設定できます。すべてのカメラはこれに近い方法で処理できます。カメラでそれがどのように行われるかを学ぶ必要があるので、マニュアルでこれを読んでください。

グレーカード(安価な商品)又は、特別なホワイトバランスフィルター(expodisc)は、中間色の画像での使用に適しています。
 

Your gray card doesn’t have to look like a card, or even a postcard; you can get a bigger, folding one as well.

グレーカードは、カードやハガキである必要はありません。大きく折りたたむこともできます。

ホワイトバランス補正

カメラによっては、ホワイトバランスを修正する方法も用意されています。これは、設定と比べて少し暖かく、または寒くシフトします。一定の光条件で撮影しており、ホワイトバランスを正しく設定しているが、最終的な写真を少し暖かくしたいとします。ホワイトバランス補正を使用すると、セット内の今後のすべてのショットを暖かいトーンに向けてわずかにシフトできます。

ホワイトバランスブラケット

使用するのに最適なホワイトバランスがわからない場合、特定のカメラがホワイトバランスブラケットを介して助けてくれます。このモードでは、シャッターを押すとカメラが3枚を撮ります。(カメラの機種によっては複数枚撮影できます。)1つはホワイトバランス設定に基づいており、1つはより冷たいショット、もう1つはより暖かいショットです。続けて、最適な一枚を選択できます。

Canon EOS 7D DSLRのホワイトバランスブラケット。ブラケットは、ホワイトバランス補正と組み合わせることもできます。

複雑な照明条件(混合照明)

ホワイトバランスの設定は、単一の光源、または同じ色温度の複数の光源を使用している限り、簡単です。ただし、色温度が異なる複数の光源が混在するシーンを撮影する場合があります。これらの状況に対する解決策はさまざまです。

例えば、コンサート会場で写真を撮る場合は、ステージ上で様々な色付きのライトが使われる為、光のバランスを取り、コンサートの彩り豊かな雰囲気を記録するのに最善です。

一方、蛍光灯と窓から差し込む日光が混ざり合った部屋で写真を撮る場合は、両方の光源のバランスを取る必要があります。これはカメラ内では不可能です。このような複雑な状況では、編集ソフトで作業する必要があります。最も単純な解決策であり、人気のある解決策は、写真を白黒に変換することです。写真の色を実際に保持するには、ローカルの色編集を使用する必要があります。

コンピューター上のホワイトバランシング

ホワイトバランス設定に関する上記の情報はすべて、JPEG形式で撮影する場合に主に重要です。必要なカラーシフトが大きすぎない場合、写真を編集することもできますが、RAW 形式で撮影する場合は、撮影後のホワイトバランスを完全に制御できます。

ここでの正しいルートは、光が変化するたびに、中間色の表面(グレーのカードなど)を含むショットを撮ることです。これらのショットは、同じ光条件で撮影した他の写真のホワイトバランスを設定するための基準になります

 

Zoner Photo Studioの現像セクションを含むすべてのRAWコンバーターを使用すると、RAW写真を現像中に正確にホワイトバランスをとることができます。

プロの製品写真では、製品の色が正確に見えるように設定する必要があります。ここでは、中間色の表面に基づくホワイトバランス設定でさえも十分ではない場合があります。この状況では、さまざまな色のボックスを備えた特別に調整されたカードが使用されます。 カードを撮影すると、互換性のあるRAWコンバーターがそれを使用してカスタムカラープロファイルを作成し、写真の色を正確に調整できます。ここで人気のある高品質のソリューションの1つは、X-RiteのColorChecker Passportです。

クリエイティブなホワイトバランス

技術的に正しい色を得るために、常にホワイトバランス設定を使用する必要はありません。また、これらを使用して、写真の色合いを意図的に暖色または冷色にシフトし、異常な雰囲気を与えることもできます。

日光の下で撮影する際にポートレートフォトグラファーの間で人気のあるトリックの1つは、意図的にホワイトバランスを曇りに設定することです。そうすることで、温かみのある画像が得られます。これはポートレートにとってプラスです。暖かい肌の色は、ポートレートをより生き生きとさせます。

写真を改善するための手動設定を学ぶ

JPEG形式で撮影する場合、カメラでホワイトバランスを正しく設定することが非常に重要です。RAWで撮影した場合、Zoner Photo Studio Xの現像セクションなどで、写真の現像中に品質を損なうことなくホワイトバランスを変更できます。

通常、カメラの自動ホワイトバランスに頼ることができますが、手動プリセットを一貫して使用することを学ぶと、写真の色がより一定になります。ホワイトバランスを正確に調整するためのツールはたくさんあります。それらの中で最も単純なのは、標準的なグレーのカードです。

露出についてもっと知りたいですか? このトピックに関する他の記事をご覧ください。

露出とは何か、それがあなたの写真をどのように形作るかを学ぶ

適正露出の3つの鍵を発見:露出トライアングル

適正露出の3つの鍵を発見:ISO

写真の色をマスターする:ホワイトバランス

露出モードの使用方法

露出の秘密:正しい露出とクリエイティブな露出

灰色のカードを使用して露出を測定する

最終更新日 1. December 2020

You already voted!
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集部

すべての記事 を読む.

コメント