家族を撮影する:集合写真の基本を学ぶ

シンプルな家族の集合写真で何を気を付ける必要があるかをご覧ください。グループ写真撮影時での構図、被写界深度、光などの問題をどのように扱うかなどです。この記事では、家族写真、グループ写真、子どもの写真、ポートレートなどに役立つヒントがいくつか紹介されています。室内でも屋外でも、家でもあてはまります。

集合写真を撮影する時は、個人を撮影するよりも多くの注意する点があります。あなたが撮る写真の中に、撮影技術が高く、すべての人が良い状態で表現できている写真が、最低でも1枚が含まれていないといけません

見映えの良い写真を撮るには、手際良く、すべての参加者に上手く指示を行う必要があります。制限時間内に複数の異なる写真を作成する必要がある場合は、より注意して被写体であるモデルたちとのコミュニケーションをとりましょう。

シャッターを押す時の注意点

ファインダーで確認して、悪い所があればモデルに伝えてください。撮影が終わるまで、ミスを直す時間があります。特に、手足の位置や、手を握ってしまっていたり、姿勢が曲がってないか気を付けてください。例えば 、焦点距離が不適切に選択されているために比率が不均衡になります。さらに、人の腕や脚が奇妙に見える可能性のあるものも注意してください。

最も顕著な例は、正面から写真を撮っている時に真正面を向いて正座することです。この位置では、足が膝の下で切断されたように見え、太ももが大きく見えるので、モデルたちはあまり自分の写真をそのように写して欲しくありません。足を組むとか、足が側面でくっつく横座りの方がスマートに見えます。

その他の注意点としては、髪の毛がはねていたり、顔や目を覆ってしまっている(意図的でない場合)場合、衣服のタグが飛び出していたり、ポケットに入っている鍵や携帯電話などが見える事もあります。撮影を始める前に、これらのポイントをチェックしましょう。また、人物の撮影で上半身を撮影するときなど、腕が中途半端な位置で切り取られてしまうような写真がありますので、手の位置なども撮影する時は注意してください。

Photographing Families: Learn the Basics of Group Photography
脚を横に出せば自然な姿勢に見えます。
Nikon D750, Sigma Art 85/1.4, 1/160 s, f 3.5, ISO 200.

最適な被写界深度に設定する

子供の写真を撮影する記事でグループ写真の被写界深度について触れましたが、同じ原則がここでも当てはまります。 グループを撮影するときは、全員の顔がシャープになるように絞りを設定します。全員が1つの平面に沿って隣り合っている場合、それほど高いF値は必要ありませんが、ある人が別の人よりも後ろになっている場合は、低いF値では顔がシャープに写りませんので、より高いF値が必要になります。

経験に基づいてF値を推定する人もいますが、多くのカメラマンがここで悩みます。入力したデータに基づいて被写界深度を自動的に計算するモバイルアプリを使用する人もいます。。

Photographing Families: Learn the Basics of Group Photography
f / 5.6に設定したことで、犬も含めた家族の誰もをシャープに撮ることができました 。
Nikon D750, Sigma Art 35/1.4, 1/125 s, f/5.6, ISO 200.

適切な衣服を選ぼう

多くの場合、モデルたちはどう撮られるべきか、どうしたら見映えが良い写真になるかを知りません。撮影に適した服と、できれば避けたい服もあります。演出もあるので鉄壁のルールではありませんが、記念写真などは通常、文字または画像が上部にある服、少なくともシャツ全体に広がる大きな文字や画像があるものは好ましくありません。そんなことも注意して撮影すれば、写真の出来上がりは美しくなります。

体をねじるようなポーズをとると、衣服にある文字や画像は変形して見えてしまいます。

理想的には、グループの全員が同じ色や柄に見えるように人の服を選びます。もちろん、これは常にうまくいくとは限りませんが、著しく不適切な色の組み合わせを防ぐために、慎重かつ合理的な選択を行ってください。

スタジオでの撮影では、靴下(どんな色のものでも)はあまりよく見えないことが多く、素足(または靴)の方が適していたりします。靴を履いて撮影する際は、靴底までを含めて泥などの汚れはきれいに落とし、清潔でなければ見映えが悪くなってしまいます。。

Photographing Families: Learn the Basics of Group Photography

理想的には、全員の服の色を統一すると際立ちます。
Nikon D750, Sigma Art 85/1.4, 1/125 s, f 8, ISO 100.

光について考える

複雑な照明について確信がない場合でも、スタジオの1つの照明だけでも簡単に撮影できます。顔の影を防ぐことが何よりも重要なのです。影に関しては、日光を使用した屋外でも屋内でも、同じことが当てはまります。

屋内で写真を撮るなら、窓から差し込む光を使って作業し、日が暮れる時には暗くなったら絶対に写真を撮らないようにします。それ以外の場合を除き、フラッシュや撮影用の照明を使うなども含めることを計画しています。

Photographing Families: Learn the Basics of Group Photography
室内で撮影するときは、窓から差し込む自然光をうまく利用できます。
Nikon D750, Sigma Art 35/1.4, 1/200 s, f 1.4 ISO 1000.

もちろん、屋外ではさまざまな天気の中で写真を撮ることができますが、それでも簡単に撮影したい場合や、晴れた日の真昼の日差しに煩わされることがない場合は、ゴールデンアワーを待ってみて下さい。美しい直射日光を使用する場合でも、逆光を使用する場合でも、写真撮影には最適な時間帯です。

新しい記事を徐々に追加しております。

無料オンラインマガジン「フォトレッスン教室」を購読する

メールアドレスは正しくありません。
著者編集部

コメント