リングライト付きのポートレート? 素晴らしい照明、持ち運びが簡単、たくさんの楽しみ方がある

写真用の照明には、様々な色と形があります。 これらのライトのうち、よりエキゾチックな物には、LEDリングライトがあります。 そして、私達はあなたがリングライトで何を思いつくかを見ることに興味があったので、私達はそれらの1つに徹底的なテストランをしてみました。 当然、私達は自分だけの為に結果を保持したのではありません。 このライトがどれだけできるかを見て驚きましたーそれが生み出す効果は魅力的で、しかも簡単に操作できます。 理論だけに固執することはありません。 また、実際にリングライトを使用する方法についても説明します。

私がテストした特定のライトは、「Falcon Eyes Ring Light」と呼ばれるLEDリングライトでした。 この特定のモデルを選択した理由は、グリッド電力と充電式バッテリーからの電力の両方をサポートする数少ないモデルの1つだからです。 だから、どこにでも持って行っても問題ありません。 

メインライトとしてソフトボックスを置き換えることができます

主にメインの光源として使用し、モデルの顔を横からあてました。 直径は40 cm未満なので、非常に柔らかく快適な光を生成します。 被写体全体を照らすことはできませんが、その為に作られた訳ではありません。 腰からのポートレートでは、それで十分です。又、光の強度も十分です。通常、強度を半分以上に設定する必要はありませんでした。 とにかく短い距離では、その高い強度は私のモデルにとっても快適ではありませんでした。

Portraits With an LED Ring Light - portrait

このライトをメインのポートレートライトとして使用します。 Nikon D750、50mm、1/125、f /1.4、ISO 560

約1メートルの距離では、その照明は最適でした。 当然、ライトが近いほど、このライトは柔らかくなり、リングライトのキャラクターが前面に表示されます。 しかし、気をつけないとならないのは、あまりにも近くに置くと、フレームに入り込みます。 この特定のリングライトには、三脚ネジ付きの実用的なベースもありますが、「人間の三脚」を使用する方が効率的です。

Portraits With an LED Ring Light - angle

照明の距離と角度を示す舞台裏の写真

スムーズに調整可能な色温度と光強度

このライトの強度と色温度は2つの別々のダイヤルを使用して調整できるため、必要な時にいつでもこのライトを周囲のライトに合わせることができます。 これにより、その後のホワイトバランス作業がはるかに簡単になります。 Zoner Photo Studioのホワイトバランスコントロールを使用して、わずかな調整を行うだけですみます。

これらのダイヤルに加えて、背面の4つのボタンを使用して、このリングライトの強度を管理することもできます。 これらを使用して、ライトの個々のセクターのオンとオフを切り替えます。

Portraits With an LED Ring Light - symmetry

対称性と椅子。 もともと右側に壁はなく、照明アシスタントは椅子のすぐ後ろにいました。 しかし、この特定の写真に選んだ恐怖感がテーマのために、左側をミラーリングし、より小さな「閉所恐怖症の」空間を作成することにしました。 Nikon D750、50mm、1/125、f /1.4、ISO 560

モデルの顔だけを照らす 

必要に応じて、このライトを使用してオブジェクトの一部のみを照らすことができます。 上に傾けると、このライトが異なる角度で光り、モデルの顔でのみ、たとえば顔だけを写真で支配したいときに、照明の円錐を照らします。 それ以外はすべて暗くなります。

Portraits With an LED Ring Light - face

リングライトを傾けると、写真の全体的な印象が変わります。 Nikon D750、50mm、1/125、f /1.4、ISO 280

それは良い道具になることさえできる

ソフトボックスや傘とは異なり、リングライトは、必要最低限の外観のおかげで、写真の中に置いても邪魔にならないという大きな利点があります。 実際、それはあなたが仕事につながる興味深い働きをします

Portraits With an LED Ring Light - ringlight

写真のすべての光が悪く見えるわけではありません.Nikon D750, 50mm, 1/125, f /1.4, ISO 400.

Portraits With an LED Ring Light - holding

このライトをモデルの手にまっすぐに置いても問題ありません。 驚くほど軽いので、長時間持っていられます。 Nikon D750、24mm、1/125、f /1.4、ISO 100.

別のライトと組み合わせると、より興味深いシーンが得られます

また、撮影中にライトを完全に消し、リングライトと RGB LEDスティック,  LEDスティックを組み合わせて、モデルの頭の後ろでバックライトを生成しようとしました。 

Portraits With an LED Ring Light - centered

背景に色のついた光のある暗い肖像画。 Nikon D750、50mm、1/125、f /1.4、ISO 560.

ここでフォグマシンと低F値を使用し、モデルを背景に対して「浮き出るように」させたことに言及する価値があります。 

Portraits With an LED Ring Light - fog

霧がこの写真の雰囲気を完成させます。 Nikon D750、50mm、1/125、f /1.4、ISO 560.

Portraits With an LED Ring Light - blue in background

青の背景は肌の色調と組み合わせて、特定の実証済みの色の組成を生成するため、意図的にあります。Nikon D750, 50mm, 1/125, f /1.4, ISO 400.

光を当てて撮影するときの目の反射

カメラを光の真ん中に差し込み、まっすぐ前に向けて撮影すると、モデルの目に非常に特徴的な反射が得れることができます。 また、彼らの肌は完全に照らされ、影はありません。 このため、化粧品スタジオや広告主は、メイクアップ用のプロモーション写真を撮影するときにリングライトを使用することがよくあります。

Portraits With an LED Ring Light - headshot

モデルの目に映る特徴的なリングの反射。 Nikon D750、85mm、1/125、f /1.8、ISO 560.

Portraits With an LED Ring Light - backstage

舞台裏ーこれが青いバックライトを隠した方法です。

コンパクトでほとんど見えない

サイズは、従来のフラッシュと比較したリングライトの大きな長所の1つです。 静寂が支配する図書館で撮影している時、私は小さいサイズを選び、他の利用者の邪魔をしないように、できるだけ目立たないようにしようと思いました。フラッシュとスタンドだけではできなかったでしょう!

Portraits With an LED Ring Light - library

コンパクトな寸法を実用化する。

欠点がある

このライトの欠点は何でしょうか? 次の写真でわかるように、背面には電源がオンになっていることを示すライト、三脚のスレッドのスポット、光のどの部分が輝いているかを示す赤いライトがあります。 しかし、強度と色温度のダイヤルは点灯しておらず、暗闇で作業している時、私たちはそれらを少し手探りしなければなりませんでした。これらのダイヤルは緑と赤のインジケータの間のどこかにあることを思い出すことができますが、しかし、ダイヤルの名前が点灯していたら、それは本当に役立つでしょう。しかし、それでも慣れてしまえば問題はありません。

Portraits With an LED Ring Light - indicators

もう一つの例、写真の中に光がまっすぐに輝いている。 Nikon D750、24mm、1/125、f /1.4、ISO 100.

それを持ってイベントにいくと誰もが写真を撮りたくなる

私は結婚式でこの光を回した瞬間、それは本当にみんなの目を引きました。そして、彼ら全員がこの円い光のまたはその首の周りのリングと写真を撮りたがりました。

Portraits With an LED Ring Light - halo

人気のハロー写真。 Nikon D700、24mm、1/125、f /1.4、ISO 280 ハロとは聖像などの頭部(時に全身)を囲む後光

Portraits With an LED Ring Light - halo

横からのドラマチックなポートレートライト。 Nikon D750、59mm、1/125、f /1.4、ISO 280.

Portraits With an LED Ring Light - Matěj Liška

当然これらのいくつかもあります! Nikon D700.24mm.1/160.f/1.4.ISO400.
他の何かよりもリングライトを選ぶ理由

その光の出力はそれほど大きくありませんが、非常に創造的な助けとなり、扱いやすく、かさばらず、柔らかく美しい光を生成します。 あなたが写真家としてそれで感動するだけでなく、あなたの周りの誰もが感動するでしょう。

テスト用にこの素晴らしいキットを貸してくれた Phototools.cz に感謝します。

最終更新日 1. November 2019

0 0
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集長

すべての記事 を読む.

コメント