正しい位置でポートレートを撮影する

ポートレートの全身撮影は、身長によって劇的に異なる印象を与えます。高いところから撮影していると、脚が短くなるなど、写真が歪んでしまうことがあります。高さと距離がポートレートに与える影響を一緒に図解して見てみましょう。

このような「極端な」撮影の危険性がある事を念頭に置くのはよいことです。これは印象的な視点でレンズから遠い部分を縮小する危険性です。簡単に言うと、写真のモデルの脚が短くなるのです。

様々な高さ

説明する為に、さまざまな高さから約2メートルの距離で一連の写真を撮りました。私の身長が2メートル弱です。かなり身長は高めです。したがって、最初の写真は少し誇張されているように感じるかもしれません。ただし、目の高さでこれに近い撮影をすると、常にこのように感じるでしょう。(私たちは靴には気にしませんでしたが、少なくともあなたは彼女の足に何が起こっているかを見ることができます。)

Shooting from a natural height.
私から見ての自然の高さから撮影
Shooting from somewhere below my shoulders.
私の肩下の部分から撮影
Shooting from around stomach height.
胃の高さから撮影しました
Shooting from around my thighs.
太ももの周りから撮影する
Shooting from around ground level, below my knees.
膝下の地上付近からの撮影

簡単な比較については、上部の写真を参照してください。撮影の位置がが低ければ低いほど、足が伸びます。

一方、あごの影に気をつけましょう。カメラが下がるにつれて、あごの影は強くなります。膝元からの撮影は極端だし、脚を劇的に伸ばしたいときに使うものには特にです。(おしゃれなズボンを強調する為かもしれませんが)。

遠くから

私はこの効果を誇示するために上の写真を撮りました。一番大切なのは 距離も大切だし、その距離は決してお世辞にもないからです。

同じ一連の写真がありますが、今度は2倍の距離、つまり約4メートル離れた場所から撮影されています。

Shooting from a natural height.
自然な高さから撮影する
Shooting from somewhere below my shoulders.
肩の下のどこかから撮影
Shooting from around stomach height.
胃の高さから撮影します
Shooting from around my thighs.
太ももの周りから撮影
Shooting from below my knees.
膝下からの撮影

今回の違いは微妙ですが、あなたがこれを知っているならば、あなたにはその違いが見えているでしょう。そして実際、彼らの微妙さが問題になる可能性があります。経験の浅い観察者(又はフォトグラファーでさえ)は、写真に問題があると疑いますが、正確には何を知っているのでしょう。

最適な高さ

個人的に私は通常、中央の場所を選択し、モデルの胃の高さの周りのどこかにカメラを保持します。

注意事項として、子供や動物にとっては、カメラをその高さ付近に保持するのが理想的です。ここでは目の高さは問題ありません。

私は背が高いので、スタジオポートレートを撮影しているときによくかがむので、自分の身体を安定させなければなりません。もし、 あなたが同じ状況にいるなら、膝パッドが必要かもしれません。

もし、これらの写真があなたの興味を惹きつけ、人物の写真を撮ることを学び続けたいなら、ポートレート撮影の最適な方法についての記事を読み逃さないで下さい。

新しい記事を徐々に追加しております。

無料オンラインマガジン「フォトレッスン教室」を購読する

メールアドレスは正しくありません。
Autor編集部

コメント