風景写真のヒント

風景写真に関する記事がたくさんあります。 しかし、今回は、このジャンルの主要なガイドラインと、シャッターを押す前に心に留めておくべき事柄について説明します。

路上で何をするか・・・

時々、風景写真に最適なレンズは何かと聞かれます。 知らないと伝えます。 どんなレンズでも容認できる風景写真が撮れます。ただ、一部のレンズは他のレンズとは異なる写真を撮るだけです。 しかし、大丈夫。 おそらく最も印象的な写真は、超広角レンズ、つまり20 mmフィルム相当以下の焦点距離を持つレンズからのものです。 広く使用されているAPS-Cセンサーサイズ形式のカメラの場合、これは13 mm以下の焦点距離になります。

このレンズタイプを自分は持ち歩いています。 望遠レンズでも撮影し、細部まで撮影しています。 たとえば、次の 2 つの図を比較します。

An overall view of a castle, with a very wide angle. Canon 40D, EF-S Canon 10–22 mm F3.4–4.5 USM, 1/200 s, F8.0, ISO 100, focus 13 mm. Photo: Vít Kovalčík

広角の城の全体像。 Canon 40D、EF-S Canon 10–22 mm F3.4–4.5 USM、1/200 s、F8.0、ISO 100、フォーカス13 mm。 写真:VítKovalčík

Taken from the same spot as the last photo. This time a telephoto lens was used to crop the picture down to just a small part of the landscape (a part of the horizon located roughly in the middle of the top picture). A white-balance edit was used after the shot to deliberately shift the picture’s tones heavily towards orange. Canon 40D, EF-S Canon 55-250 mm F4-5.6 USM, 1/250 s, F8.0, ISO 100, focus 194 mm. Photo: Vít Kovalčík

最後の写真と同じ場所から撮影。 今回は、望遠レンズを使用して、写真を風景のほんの一部(上部の写真のほぼ中央に位置する地平線の一部)に切り取りました。 ショットの後にホワイトバランスの編集を使用して、写真のトーンを意図的にオレンジに大きくシフトしました。 Canon 40D、EF-S Canon 55-250 mm F4-5.6 USM、1/250 s、F8.0、ISO 100、フォーカス194 mm。 写真:VítKovalčík

・・・カメラと共にあるのは

風景写真では、全てをシャープにする必要があるので、ほとんどの場合、F8以上のF値を使用します。 開放的な風景を撮影するのに最適な時間は「ゴールデンアワー」です。つまり、風景に深みを加える長い影に満ちた夕暮れや夜明けの時間です。 美しさが長かったとしても、黄金の時間は光が足りません。 だからこそ、プロの風景写真家の為のナンバーワンの援助者は三脚です。 しかし、旅行に出かけたくて、荷物を積んでもいけない場合、助けてくれる友人もいないなら、ISOを上げてみてください。

そして、全てを本当に正しくしたい場合は、画質を改善するために設計された他のアクセサリーに目を向けることができます。 偏光フィルターはここでは古典的です。 雲のコントラストを高め、植物からの反射を防ぎます。 残念ながら、彼らの秘密の弱点は・・・超広角レンズです。 これは、これらのレンズを使用すると、フィルターの縁が画像の角に影響を与え、醜いケラレを引き起こすことが多いためです。

カメラフィルター、あなたが望むなら

高度な風景写真の場合は、グラデーションフィルターまたは複数のフィルターを搭載することもできます。 これらのガラス(またはプラスチック)は、一端が透明で、他端が暗いです。 それらは途中で様々なサイズと様々に急激な遷移と、様々な種類があります。 レンズのフロントフランジに取り付けるか、特別なホルダーに挿入する(またはレンズの前で手動で保持する)ように設計されています。 それらは、空を暗くするために使用されます。空は通常、地面に対して写真では明るすぎます。 その長方形の形状と特別なホルダーは、写真家が地平線に対して正確にそれらを並べるのを助けます。

そして、その後、一方の端部に透明であり、より複雑な逆勾配NDフィルター、非常に暗い色に鋭く変化があり、その後、徐々にその後に戻って、透明性に移行します。 これらのフィルターは、日の出と日の入りを撮影するために使用されます。場面の最も明るい部分は中央のどこかにあり、場面は下と上に向かってより暗くなります。

どこで納得するか

これらのフィルターは全て、通常は画像の一部を明るくすることにより、デジタル編集を使用して交換できますが、常にノイズが増加します。 これらのコンピューターを編集できるようにするには、太陽や雲が露出オーバーになっていない画像から開始する必要があります。画像は最高品質、つまりRAWで撮影されます。 これは通常、これらの撮影を処理する方法です。なぜなら、私は現場でフィルターを使用する忍耐力がない事が多く、コンピューターでの編集後の品質は通常十分である為です。

Before and after. Some saturation and sharpness was added to the clouds, and a digital gradient filter was applied to darken the sky so it wasn’t brighter than the grass. Canon 5D Mark II, EF Canon 16–35 mm F2.8 II USM, 1/100 s, F7.1, ISO 100, focus 26 mm. Photo: Vít Kovalčík

使用前後。 雲に彩度とシャープネスが追加され、デジタルグラデーションフィルターが適用されて空が暗くなり、草よりも明るくなりませんでした。 Canon 5D Mark II、EF Canon 16–35 mm F2.8 II USM、1/100 s、F7.1、ISO 100、フォーカス26 mm。 写真:VítKovalčík

ここでのもう1つの代替方法は、全く同じ場所から複数の異なる露出を取得し、それらをコンピューター上の1つの画像に結合することです。つまり、HDRと呼ばれる手法を使用します。 これは、複数の記事を掲載するほどの大きな方法と説明が必要です。

地平線を正しく取得する

使用する機体に関係なく、構図についても考慮する必要があります。 最も一般的な初心者の間違いは、写真の中央に水平線を配置することです。 この配置がエレガントに見える写真がいくつかありますが、ほとんどの写真では間違いです。 この写真で地面や空がより面白く(そしてあなたにとって重要)かどうかに応じて、地平線を下または上から写真の約3分の1に入れた方が良いでしょう。 地平線を傾けないでください。 これはコンピューターで修正できますが、それでも・・・気を付けて下さい。

奥行きのある写真に近くのオブジェクトを含めるようにしてください。 次の写真の違いに注意してください。

A hilltop sunset. Add dramatic clouds and you’ve got yourself the kind of picture everyone loves, except that... here there’s nothing really eye-catching. Canon 5D Mark II, EF Canon 16–35 mm F2.8 II USM, 1/100 s, F9.0, ISO 100, focus 20 mm. Photo: Vít Kovalčík

丘の上の夕日。 ドラマチックな雲を追加すると、誰もが愛するような写真が撮れます。ただし、ここでは目を引くものは何もありません。 Canon 5D Mark II、EF Canon 16–35 mm F2.8 II USM、1/100 s、F9.0、ISO 100、フォーカス20 mm。 写真:VítKovalčík

The same sunset, but this time with a dry branch that illustrates the real extent of the scene. Also note the positioning of the horizon a third of the way from the top of the picture. Canon 5D Mark II, EF Canon 16-35mm F2.8 II USM, 1/50 s, F7.1, ISO 100, focus 20 mm. Photo: Vít Kovalčík

同じ夕焼けですが、今回はシーンの実際の範囲を示すドライブランチがあります。 また、画像の上部から3分の1の水平線の位置に注意してください。 Canon 5D Mark II、EF Canon 16-35mm F2.8 II USM、1/50 s、F7.1、ISO 100、フォーカス20 mm 写真:VítKovalčík    One last version. This time the horizon is positioned a third of the way up. It is especially striking due to the tree, not only because of depth but also because the tree, which looks black against the light, is a great contrast to the colored sky. Canon 5D Mark II, EF Canon 16-35 mm F2.8 II USM, 1/100 s, F9.0, ISO 100, focus 16 mm. Photo: Vít Kovalčík

最後のバージョン。 今度は地平線が3分の1の位置にあります。 深さのためだけでなく、光に対して黒く見える木は、色付きの空と非常に対照的であるため、木が特に印象的です。 Canon 5D Mark II、EF Canon 16-35 mm F2.8 II USM、1/100 s、F9.0、ISO 100、フォーカス16 mm。 写真:VítKovalčíkst 視聴者の目を写真の周りに導くガイドラインも非常に便利です。

A sea near Cape Town. The shoreline and hill line guide your eyes. Canon 40D, Canon EF-S 18–50 mm F3.5–5.6, 1/200 s, F7.1, ISO 400, focus 23 mm. Photo: Vít Kovalčík

ケープタウン近くの海。 海岸線と丘のラインが目を引きます。 Canon 40D、Canon EF-S 18〜50 mm F3.5〜5.6、1 / 200 s、F7.1、ISO 400、フォーカス23 mm。 写真:VítKovalčík

これをまとめる前に、風景写真だからといって人を入れられない訳ではない事に注意してください。人々は規模の確立と判断基準の提供をくれます。 彼らは本当に絵の構図の基礎になることができます。 あなたの人間の写真のサファリに幸運を!

The stone-carved city of Petra in Jordan. The figures of my friend at the top and of the tourists at the bottom give a rough notion of size. Canon 40D, EF-S Canon 10–22 mm F3.4–4.5 USM, 1/160 s, F8.0, ISO 100, focus 22 mm. Photo: Vít Kovalčík

ヨルダンのペトラの石彫りの街。 一番上の友人と一番下の観光客により、遺跡の大まかなサイズ感を示しています。 Canon 40D、EF-S Canon 10–22 mm F3.4–4.5 USM、1/160 s、F8.0、ISO 100、フォーカス22 mm。 写真:VítKovalčík A morning beach after grooming, with athlete. Without the jogger, this picture would be boring. Canon 5D Mark II, EF Canon 70–200 F2.8 IS II USM, 1/25 s, F8.0, ISO 100, focus 115 mm. Photo: Vít Kovalčík

アスリートとグルーミングした後の朝のビーチ。 ジョギングしている人なしでは、この写真は退屈だったでしょう。 Canon 5D Mark II、EF Canon 70–200 F2.8 IS II USM、1/25 s、F8.0、ISO 100、フォーカス115 mm。 写真:VítKovalčík

最終更新日 18. March 2014

2 0
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集長

すべての記事 を読む.

コメント