明るい空の下でのポートレート撮影と編集のコツ

空は、多くのフォトグラファーにとって、写真を撮ることが難しい場合があります。多くの人が、太陽を背にして撮影しなくて済むように、被写体の顔が暗くならなようにと家族全員であちこち移動したりします。幸いなことに、今日のテクノロジーとソフトウェアは、問題なく逆光での撮影を可能にしています。大切なのは、いくつかの基本的なルールを覚えておくことです。カメラの設定をよく見て撮影し、後で Zoner Photo Studio Xを使って適切に写真を編集する方法を知っておくことです。この記事では、これらすべての方法をご紹介します。

空は美しくドラマチックであったり、ロマンチックであったりします。それをうまく利用すれば、写真に適切な色と雰囲気を加えることができます。明るい空を背景に撮影するには、さまざまな方法があります。

  • フラッシュを使う。私は、必要な場所に設置できるリモートフラッシュを愛用しています。また、光をよりよく拡散させるためにソフトボックスを追加します。この方法は、技術的には最も難しいオプションです。 
  • レフ板を使う。モデルの顔など、必要な場所に光を当てることができます。価格も手ごろです。
  • 適切な設定を使用してください。RAWで撮影し、露出とダイナミックレンジの調整にはZoner Photo StudioXを使用することをお勧めします。

露出アンダーで撮影

空を背景にして撮影する場合は、若干の露出アンダーが必要です。空が明るすぎる写真になってしまうと、どうしようもありません。逆に、露出を下げると、被写体の顔がとても暗くなってしまいます。そこで、フラッシュやレフ板を使って明るくするか、撮影後に編集する必要があります。

追加の照明を使わないと、写真のノイズが増えるリスクがあります。とはいえ、リモートフラッシュやレフ板を持ってくれるアシスタントがいない場合は、仕方ありません。最善の方法は、現場での照明と撮影後の編集を組み合わせることです。

レフ板やフラッシュがなくても、このような写真が撮れます。適切な設定とRAWでの撮影、そしてその後の編集によって、暗くなってしまったすべてが完璧に見えるようになります。Nikon Z6II, Nikon 50mm f/1.4 AF-S NIKKOR G, 1/80秒, f/7.1, ISO 100, 焦点距離50mm.

3つの基本的な提案

  • 地平線が被写体の頭を切り裂かないようにします。地平線をよく見て、まっすぐにしてください。もちろん、シーンの中に丘がある場合は別です。
  • センサーを清潔に保つ。空が明るいということは、センサーに汚染物質が付着していることを意味します。
  • 適切なレンズを選ぶ。焦点距離の長いレンズはポートレートに向いていますが、そうすると空がボケの中に入ってしまいます。広角のレンズでは、空が目立ちますが、歪みがでるために人物がきれいに写らないことがあります。レンズを選ぶ際には、中間的なものを選ぶのが良いでしょう。
Editing Portraits Against a Bright Sky
この写真はレフ版のみを使用して撮影したものです。 空はあまり風合いがなかったので、代わりに夕日を利用しました。モデル:Mirael.swscosplay  Nikon D750、Nikon 50mm f / 1.4 AF-S NIKKOR G、1 / 50秒、f / 2.8、ISO 100、焦点距離50mm

撮影に適した時間帯

空を背景に撮影するには、特に夏場の夕暮れ時が最適です。太陽の光が強すぎず、ゴールデンタイムには最高の逆光が得られます。逆光の美しさは、太陽を背景にした撮影で最も美しいもののひとつです。光がモデルを「包み込む」ように見え、モデルの曲線を強調し、髪を美しく照らすことができます。

Editing Portraits Against a Bright Sky
レフ板なしで太陽に向かって撮影しますが、モデルの横顔の輪郭を美しく描く逆光に重点を置きます。 モデル:@Morithemorbid  Nikon Z6II、Nikon 50mm f / 1.4 AF-S NIKKOR G、1 / 1000秒、f / 2.2、ISO 100、焦点距離50mm

カメラの設定とRAWでの撮影

 ISO の設定は?特にレフ板やフラッシュを使わずに撮影する場合は、できるだけ低く設定してください。この場合、シャドー部からできるだけ多くの情報(ディテール)を得る必要があり、やはりノイズが目立ってしまいます。   

ヒント:写真にノイズが含まれている場合は、簡単に取り除くことができます。フォトレッスン教室「写真のシャープネスとノイズの量のバランスをとる」を参考にしてください。

さて、シャッタースピードはどうでしょうか。より長いシャッタースピードを使うことができます。静止しているモデルであれば、1/80秒まで可能です。しかし、安全を期して1/100秒以上で撮影してください。もちろん、三脚を用意すれば、より長時間の撮影も可能です。

最後に、F値はどうでしょうか。F2.8は普遍的で、ポートレートには最適ですが、モデルよりも空をシャープにしたいので、F2.8よりも大きくすることができます。恐れずにF7まで絞り込んでみてください。

50mmレンズの設定例は、ISO100、シャッタースピード1/80、絞りF7.1です。

Editing Portraits Against a Bright Sky
モデル: @Aretta_conagher レフ版やフラッシュを使用せずに撮影した写真の別の例

この種の写真撮影では、画像から最大限の情報を得る必要があります。そのためには、RAWで撮影しましょう。RAWであれば、ハイライトとシャドウから多くの情報を引き出すことができますし、色にも素晴らしい効果があります。JPEGとRAWの違いについて詳しく知りたい方は、RAW 対 JPG: Rawで撮影するのはいつが最適なのか?をご覧ください。

さあ、編集してみましょう

 すべての編集は、Zoner Photo Studio X 現像モジュールで簡単に行うことができます。グラデーションフィルター(G)、フィルターブラシ(B)、放射状フィルター(R)は、編集に使用するのに最適なツールです。ローカル編集では、写真のあらゆる部分を完全にコントロールすることができ、モデルと空を別々に編集したり、逆にモデルと空を別々に編集したりすることができます。そのため、明るい空と露出アンダーの被写体のコントラストが高い写真全体を露出オーバーにする必要はありません。 

Editing Portraits Against a Bright Sky
モデル:@joanbaggins「ポピーの妖精」のポートレートは、フラッシュ付きの非常に広角のレンズで空を背景に撮影されました。この写真は、空を強調することのみを目的として撮影されました。Nikon D750、Sigma 20mm f / 1.8 EX DG ASP RF.1 / 2000秒.f / 4.5.ISO 200.焦点距離20mm

また、現像モジュールの右パネルにあるにある「露出」または「ダイナミックレンジ」の設定グループにあるツールを使用する方法もあります。「ライトとシャドウ」のスライダーを使って、写真の明るい部分と暗い部分を別々に調整します。これにより、空のハイライト部分がきれいに暗くなり、モデルがいる部分やその周辺のシャドウ部分が明るくなります。露出の調整方法については、「露出とダイナミックレンジを調整する方法」をご覧ください。この方法は素晴らしい結果をもたらします。

また、暗い部分の画像が粗くなってしまった場合は、「写真のシャープとノイズの量のバランスをとる」機能で簡単に修正することができます。

Editing Portraits Against a Bright Sky
空と太陽を使用して、少し幻想的な背景を作成します。モデル:@nelly_neverland  Nikon D750.Nikon 50mm f / 1.4 AF-S NIKKOR G.1 / 1000秒.f / 2.8.ISO 200.焦点距離50mme

ぜひ、試してください

夕陽に照らされた雲、逆光の中の美しいライン、ドラマチックな秋の空などを撮ることができます。怖がらずにどんどん試してみてください。明るい空を背景に撮影することは十分に可能です。しかし、暗めの写真を撮ったり、モデルに追加の照明を当てたりする必要があることは覚えておいてください。暗い写真からは多くのことが得られますが、露出オーバーの写真からはほとんど何も得られません。最後になりましたが、RAWで撮影することを忘れないでください。

新しい記事を徐々に追加しております。

無料オンラインマガジン「フォトレッスン教室」を購読する

メールアドレスは正しくありません。
著者編集部

コメント (0)

現在、コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。