RAWの素晴らしいところは何ですか?

RAWファイルで撮影する必要があると思ったことはありませんか? RAWデータは、センサーが捉えた光量を、そのまま高い精度で記録しています。これをパソコンの強力な計算能力を用いて映像化したり、画像編集ソフトで再現することで、カメラ内部の処理よりも高品位な映像を生成することが可能になります。

時々、通常のJPEG形式ではなくRAWを使用する必要があると聞きます。それらの違いは、JPEGにはカメラ内で開発された通常の画像が含まれるのに対し、RAWファイルには「生」データのみが含まれるということです。センサーチップから発せられる信号の記録です。RAWはこれが生データであることを意味します。

RAWの大きな長所は、通常のJPEG画像よりも多くの情報を含んでいることです。階調豊かなデータが得られますので、RAWで撮影するメリットです。そのため、現像中にRAW画像を品質を落とさずに大きく編集できます。さらに、RAWは、保存するには色合いなどが薄すぎたり暗すぎたりする写真の修復にも役立ちます。

RAW現像が有利である例をいくつか見てみましょう。

ブロウアウト白飛び

私の考えでは、これは最大の利点かもしれません。明るい空のようなコントラストの高いシーンを撮影している場合、JPEG出力には多くの場合、すべてが100%白になる大きな領域が含まれます。この領域のピクセルにはまったく違いがないため、これでできることは何もありません。画像を暗くすると、真っ白な領域がすべて灰色になります。しかし、RAWファイルの場合、暗くすることで、見落とされることのない詳細が明らかになることがよくあります。

The same photo in two files—JPEG and RAW—produced with a single press of the trigger. If I try to darken the sky (in this case by about 1.39 EV) in the JPEG, all I get is one large one-color blob. I can safely darken the RAW much more, although there too I eventually run into limits. Canon 5D Mark III, Canon EF 16-35/2.8 II, 1/125 s, F8.0, ISO 160, focus 27 mm
JPEGとRAWの2つのファイルにある同じ写真は、シャッターを1回押すだけで作成されます。 JPEGで空を暗くしようとすると(この場合は約1.39 EV)、1つの大きな単色の塊が得られます。 RAWでさらに安全に暗くすることもできますが、最終的には限界に達します。Canon 5D Mark III、Canon EF 16-35 / 2.8 II、1/125秒、F8.0、ISO 160、焦点27 mm

RAWでも、暗くすることには限界があります。正確な制限はカメラごとに異なります。ただし、通常は最大約1 EV暗くても、見栄えは良くなります。したがって、1/200秒ではなく1/100秒を使用した場合でも、おそらく写真は保存可能です。

ホワイトバランス

これは、RAWのもう1つの大きな利点です。 ホワイトバランスはデータ損失の原因にもなります。JPEGで撮影する場合、この調整はカメラで直接行われます。調整が不適切な場合(手動で、またはカメラで自動的に)、後でPCで行った修正は品質の低下を意味します。

RAW出力の場合、カメラ内のホワイトバランスはまったく適用されません。 カメラは、ホワイトバランスを適用した場合にカメラが使用する設定に関する情報を提供するだけです。必要に応じてそれらを使用するか、または自由に異なる設定を使用できます。

ホワイトバランスを修正する際の損傷の例を次に示します。

JPEG and RAW with badly set white balance (top) and after correction on a PC to make the paper completely white (bottom). Canon 5D Mark III, Canon 24-70/2.8, 1.0 s, F18, ISO 200, focus 58 mm
ホワイトバランスが適切に設定されていないJPEGとRAW(上)、そしてPCで補正した後、用紙を完全に白にする(下)。
Canon 5D Mark III、Canon 24-70 / 2.8、1.0 s、F18、ISO 200、フォーカス58 mm

修正した後でも、JPEGの色は洗い流され、写真の影響が軽減されます。 RAWでは問題ありません。PCのホワイトバランスは品質を低下させません。

詳細の管理

誤って暗すぎたり、光と影の範囲が広すぎたりした写真を撮影したとします。いずれにせよ、一部または全部を明るくする必要がある写真の事です。

Another photo shot to JPEG and RAW, which we will be brightening by 4 EV. Canon 5D Mark III, Sigma 50/1.4 Art, 1/200 s, F10, ISO 400, focus 50 mm
JPEGとRAWで撮影した別の写真。4EVで明るくなります。
Canon 5D Mark III, Sigma 50/1.4 Art, 1/200 s, F10, ISO 400, 焦点 50 mm

今回は編集の結果として、説明が必要な複雑な画像を提供します。 

The results of the brightening, in JPEG on the left and in RAW on the right.
左側がJPEG、右側がRAWのブライトニングの結果。

左上の明るくなったJPEGのクローズアップはノイズを示していませんが、ノイズリダクション(ノイズを減らす画像処理)をオフにしようとしてもぼやけています。標準設定で開発され、明るくされた(右上)RAWファイルにはノイズがありますが、かなりシャープです。ノイズリダクションとシャープネスのバランスをとる方法を正確に選択できます・・・また、画像のさまざまな部分でさまざまな強度を使用するオプションがあります。最終的なRAWベースの画像は次のようになります。右下のように。(残念ながら、ここには赤いモアレがいくつかあります。おそらく、この特定のRAW変換の問題です。)JPEGもシャープにしてノイズを除去することができますが、詳細度の低いデータから始めて、編集するとJPEG圧縮の欠陥が明らかになります。したがって、最善の努力でさえ、おそらく不安定なデジタルノイズが含まれるでしょう(左下)。

最高品質での編集

厳密に言うと、これは前の点の言い方が違うだけで RAW 形式では、色はより正確に保存されます。現在では、R、G、 B カラー チャネルごとに最大 14 ビットに達するため、RAW 画像は理論的には最大 16,386 の緑の色合いを持つことができます。一方、JPEG 形式は 1 チャネルあたり 8 ビットで動作します。そのため、例えば256 色の緑色で動作します。中間の陰影は切り上げるか、または切り下げる必要があります。

その後、大きな編集を行うと、この違いが非常に目立つようになる可能性があります。雲は典型的な例です。全体的に十分なディテールが含まれていますが、非常に近い色合いであるため、コントラストを大幅に上げて、局所的なシャープネスを行う必要があります。

As a side effect of sharply increasing the contrast, colors that were not discernable before have become visible. (In this case that’s not a problem.) Canon 5D Mark III, Canon 16-35/2.8 II, 1/250 s, F8, ISO 100, focus 33 mm
コントラストを急激に上げる副作用として、これまで識別できなかった色が見えるようになりました。(この場合、それは問題ではありません。)
Canon 5D Mark III, Canon 16-35/2.8 II, 1/250 s, F8, ISO 100, 焦点 33 mm

この詳細ショットは、JPEGに対するRAWの利点を非常に明確に示しています:

A difference in the details.
細部の違い。

もちろん、どちらの場合も、ノイズが発生しているため、除去できる可能性があります。ただし、ここでJPEGを処理すると、RAWに滑らかなグラデーションが含まれている単色の断片もあることに注意してください。

レンズの欠陥を修正する

一部のRAWコンバーターには、特定のレンズ用の高度なプロファイルが含まれています(多くの場合、特定のカメラと組み合わせて)。これらのプロファイルを使用して、コンバーターに一般的な欠陥を自動的に修復させたり、手動で微調整したりすることができます。

ここでは、JPEG ファイルでも同様の編集が可能であることを説明します。 ただし、前述のように、完全自動編集用のプロファイルは通常 RAW 開発ツールでしか使用できないことは言うまでもなく、画像の品質を低下させることになります。

JPEG on left; RAW with automatic correction on right. Close-ups: each picture’s bottom right corner.
左側のJPEG。 右側に自動修正されたRAW。 クローズアップ:各写真の右下の隅。

上の図では、次の3つの欠陥の修正を確認できます:

  • 樽型歪み(左側の線が直線ではなく曲線になっていることに注意してください)
  • ケラレ、口径食、つまり角が暗くなる
  • 色収差(左側の紫と緑のヒントを探してください)

一部のカメラは、お客様の要求に応じて、これらの補正を自動的に行うことができます。ただ、そうすることで、より正確な手動補正を行う自由がなくなります。レンズごとにパラメータが少しずつ異なるため、編集が必要になる場合があります。

RAWもデメリットがあります

すべての場合と同様に、RAWには利点と欠点の両方があります。この場合、欠点は常に少しのPC処理を行う必要があるため、Facebookなどですぐに写真を共有することはできません。RAWのファイルサイズ(通常の数倍)も問題を引き起こす可能性があります。最後になりましたが、RAW開発ソフトウェアを使用する必要があります。RAW開発を支援するDNGコンバーターを備えたZoner Photo Studio Xは、ここでの優れたオプションです。ただし、新しいカメラを購入した場合、そのRAWファイルは、DNGコンバーターでさえも、どのコンバーターでもまだサポートされていない可能性があることに注意してください。

それらを考慮しても、私はRAWを使用することを強くお勧めします。また、写真を最高のものにしたいときはいつでもRAWを使用することをお勧めします。

新しい記事を徐々に追加しております。

無料オンラインマガジン「フォトレッスン教室」を購読する

メールアドレスは正しくありません。
Autor編集部

コメント