この月のアーカイブ:%s

  • はじめに

透明度とテキスチャーで写真をより見映え良くする

写真のディテールが不足していると感じることがあり、どうすればそれを引き出せるか悩んでいる人はいませんか?Zoner Photo Studio Xの「透明度」と「テキスチャー」を調整してみてください。これらの調整は、写真全体のコントラストを変えることなく、写真の質を高めるのに非常に有効です。

露出とダイナミックレンジを調整する方法

ほとんどの写真には、多少の露出やダイナミックレンジの調整が必要です。特にRAW写真では、予想以上の効果を得ることができます。これは、撮影時に露出設定を気にしなかった場合や、ハイライトとシャドウがきついシーンを撮影した場合に便利です。例えば、風景写真や人物写真で、ある部分には明るい空が写っていて、ある部分には影が写っているというような場合です。

写真のシャープとノイズの量のバランスをとる

ノイズが多い写真や、シャープさが必要な写真は、多くのフォトグラファーが直面する一般的な問題です。幸いなことに、これらの問題は写真編集で解決できることが多いです。ここでは、写真のノイズを減らしたり、シャープを高めたりする方法を紹介します。この2つの調整は密接に関連しているので、写真のシャープさとデジタルノイズの適切なバランスをとる方法も学びます。    

Zoner Photo Studio X 2022:最新版・新機能搭載

Zoner Photo Studio X の定期アップデートがやってきました。Zoner Photo Studio X 2022 を発売致します!編集速度の向上、露出処理ツールの強化、新しいノイズリダクション、より便利なビデオ編集、そしてZonerama の新機能など、盛りだくさんの内容です。しかも、それだけではありません。何が新しくなったのか、ぜひチェックしてみてください。 

自分を素早く簡単に、そして上手に撮影する方法

フォトグラファーは、自分の写真をどのような形で撮っているのでしょうか?それは簡単です。フォトグラファーその状況をよく知っています。周りの人たちは自分が撮った写真をたくさん持っていますが、自分自身はせいぜい数枚の自撮り写真や舞台裏の写真しか持っていません。まだ試していないのであれば、今がその状況を修正し、自分のことを考え始めるチャンスです。

構図:被写体の位置を決める

見栄えのする写真を撮るためには、構図の基本的なルールを尊重しながら撮影する必要があります。被写体の配置もそのひとつです。シャッターを押す前に、必ず場面シーンを考えてください。そうすれば、写真の中で物が触れ合っていたり、背景に余分なノイズが入っていたりといった問題を避けることができます。被写体の位置が良ければ良いほど、写真の中でその被写体は輝きを増します。

写真撮影上達のための13の基本ルール:構図を学ぶ

構図の基本を理解して、より美しい写真を作りましょう。現実を記録するだけの写真から、本物の写真を撮るためには、これらの構図のルールを守ってください。また、これらのルールをあえて破って、刺激的な作品を作ることもできます。ただし、「ルールを知っているからこそ、ルールを破るのだ」ということがわかるようにしてください。

新しい記事を徐々に追加しております。

無料オンラインマガジン「フォトレッスン教室」を購読する

メールアドレスは正しくありません。