この月のアーカイブ:%s

  • はじめに

自分を素早く簡単に、そして上手に撮影する方法

フォトグラファーは、自分の写真をどのような形で撮っているのでしょうか?それは簡単です。フォトグラファーその状況をよく知っています。周りの人たちは自分が撮った写真をたくさん持っていますが、自分自身はせいぜい数枚の自撮り写真や舞台裏の写真しか持っていません。まだ試していないのであれば、今がその状況を修正し、自分のことを考え始めるチャンスです。

構図:被写体の位置を決める

見栄えのする写真を撮るためには、構図の基本的なルールを尊重しながら撮影する必要があります。被写体の配置もそのひとつです。シャッターを押す前に、必ず場面シーンを考えてください。そうすれば、写真の中で物が触れ合っていたり、背景に余分なノイズが入っていたりといった問題を避けることができます。被写体の位置が良ければ良いほど、写真の中でその被写体は輝きを増します。

写真撮影上達のための13の基本ルール:構図を学ぶ

構図の基本を理解して、より美しい写真を作りましょう。現実を記録するだけの写真から、本物の写真を撮るためには、これらの構図のルールを守ってください。また、これらのルールをあえて破って、刺激的な作品を作ることもできます。ただし、「ルールを知っているからこそ、ルールを破るのだ」ということがわかるようにしてください。

新しい記事を徐々に追加しております。

無料オンラインマガジン「フォトレッスン教室」を購読する

メールアドレスは正しくありません。