デジタル一眼レフが本当に必要ですか?

「デジタル一眼レフ」クラスのカメラは多くのカメラマンにとって最高の”目標”です。 メーカーがこの機会を見て、最近、デジタル一眼レフの価格を下げているのは当然です。 しかし、これは誰にとっても価値はあるのでしょうか?

フォトグラファーの手にある最も一般的な写真ツールは、コンパクトカメラ、一眼レフカメラ、ミラーレスカメラ(交換可能なレンズとコンパクト)です。 デジタル一眼レフが全てのフォトグラファーにとって最良の選択であるかどうかの質問に答える為の検索として、これら3つのカメラタイプのみにこだわって考えます。

コンパクトーこれらのカメラは、定義により小型で、交換できないレンズを備えており、アクセサリーやカスタム設定が不足する傾向があります。
ミラーレス(交換可能なレンズとコンパクト)ーこれらはコンパクトとデジタル一眼レフのハイブリッドです。コンパクトのサイズですが、交換可能なレンズとデジタル一眼レフのような幅広い設定があります。
デジタル一眼レフ ー これらは、幅広い機能を備えた高度なデバイスです。 近年、多くのアマチュア写真家がカメラ価格の下落のおかげで手に入れました。

最初から、技術的に高度なカメラを使用しても良い写真が保証される訳ではない事を指摘する必要があります。 カメラがプロフェッショナルな出力を提供することを期待している場合、カメラはプロフェッショナルな入力を提供することを期待しています。

「どのタイプのカメラを買うべきですか?」 これは、新しいカメラの購入を計画しているすべての人が自問する質問です。 ニーズに最適なカメラを選択するには、いくつかの質問に答える必要があります。予算はいくらですか? 何を撮りたいですか? どれだけ上手になりたいですか?

主な違い

特別な付属品を必要としないコンパクトが最も安い価格になります。 コンパクトカメラを購入するだけで、撮影に必要な物がすべて揃います。 すぐに写真を撮り始めることができます。 高度なコンパクト、および最も安価なデジタル一眼レフとミラーレスカメラの購入価格は、今までよりも低くなっています。 それでは、一歩進んでデジタル一眼レフを購入しないでください。これは、技術的部門で絶賛されている最高のラングであり、「すべてのプロがデジタル一眼レフを使用しているのですか?」

先ずは、あなたをデジタル一眼レフから遠ざける欠点がいくつかあるからです。 バックパックに入っているデジタル一眼レフには重さがかなりあります。 カメラ本体だけでも0.5キロは普通です。 上級モデルではそれ以上の重たさになります。 次に確実に撮影する為にレンズを1つか2つ持つでしょう。その他のアクセサリーを追加するかもしれません。

また、これらの付属品はどれも場所を取り、デジタル一眼レフ用レンズはコンパクトのようにカメラ本体についているわけではありません。 コンパクトカメラはジーンズやジャケットのポケットに収納できる一方で、デジタル一眼レフは専用のバッグが必要です。 カメラやレンズ、それらをもって飛行機で移動すると、荷物の重量制限にも達します。

モードについてはどうですか? 自動または手動?

全自動モードで撮影するだけで、半自動モードと手動モードが謎であり、あなたが、それらを使用する予定がない場合、デジタル一眼レフカメラは無意味な贅沢です。

絞りをまったく操作しない場合に低い焦点深度を使用する能力はどれほど優れていますか? 同様に、完全手動モード、または絞りまたはシャッター優先モードを使用すると、スポーツ写真で大きな進歩を遂げます。

どんな種類の写真?

ポートレイトと人々

家族や友人、休暇の瞬間、お祝い、および様々なイベントの写真には、古いコンパクトで十分です。 デジタル一眼レフを使用するよりも手間がかかりません。

一方、ポートレート写真の顔をプロの写真の顔のようにしたい場合は、焦点深度、シャープネスなどを制御する必要があるため、ポートレート用のレンズを使って、ミラーレスカメラまたはデジタル一眼レフのメリットが得られます 。

カメラ本体自体は、ポートレート写真撮影にとってそれほど重要ではありません。 正しいレンズを選ぶことは。 50-200 mmの範囲の高速レンズ(例:f1.8またはf2.8)をお勧めします。 最初は、高速の50mmレンズがほぼ理想的です。 それは高価ではなく、優れたディテールを備えています。

Portrait taken with a focal length of 85 mm, at f3.5, using a DSLR with a large sensor. Only the subject is in focus. (Photo: Majo Eliáš)

大きなセンサーを備えたデジタル一眼レフを使用して、焦点距離85 mm、f3.5で撮影したポートレート。 被写体のみに焦点が合っています。 (写真: Majo Eliáš)

You can also get similar results using a mirrorless and a long lens, however. (Photo: Tomáš Slavíček)

ただし、ミラーレスレンズとロングレンズを使用しても同様の結果を得ることができます。  (Photo: Tomáš Slavíček)

風景写真

上記の重量の問題を気にしない場合は、丘や山の写真にデジタル一眼レフを必ず用意して下さい。 お友達がいつでもベルトを外したりジャケットのポケットから取り出したりできるコンパクトを携帯している間、バックパックを外したり、カメラバッグのボタンを外したり、レンズを交換したりなど、いつでも写真を撮る準備ができているかを覚えておいてください。 それは多くの探検を遅くする可能性があります。

 

風景写真では、コンパクトなワイドレンズの使用が最も多く使用されますが、望遠レンズを使用して詳細や接写を行うこともできます。

To capture the whole landscape, you’ll want wide angles... (Photo: Tomáš Slavíček, mirrorless).

風景全体を撮影するには、広角が必要です…(写真: Tomáš Slavíček, mirrorless).

…but carrying a heavy DSLR over the mountains is not all that pleasant. (Photo: Majo Eliáš)

…しかし、重いデジタル一眼レフを山の上に運ぶ事は快適ではありません。 (写真:: Majo Eliáš)

レポート、ドキュメント、および旅行

ドキュメンタリーおよびジャーナリストの写真は、屋外と屋内の両方のシーンを撮影するという点で特別です。 可能であればデジタル一眼レフを避けてください。 理由は簡単です:デジタル一眼レフは目立ってしまいます。

一部の国では、人々は「プロの」カメラマンに対する防御を行います。 例えば、彼らは新聞や雑誌などに載ることを恐れています。デジタル一眼レフがその印象を与えるからです。 予算が許せば、交換可能なレンズを備えた高級なコンパクト、つまりミラーレスカメラをお勧めします。 そうすれば、人々はニュースの専門家としてではなく、無害な観光客としてあなたに反応します。

This praying man noticed me because of my DSLR. Fortunately, however, he still let me take the shot. (Photo: Majo Eliáš)

この祈りの男は、私のデジタル一眼レフに私に気づきました。 幸いなことに、彼はまだ私にショットを撮らせてくれました。 (写真: Majo Eliáš)

Even though I had a bulky DSLR in my hands, this stoneworker didn’t notice me and remained devoted to his work. You wouldn’t think it from these two photos, but I’m not often this lucky. (Photo: Majo Eliáš)

かさばるデジタル一眼レフを手に持っていたにもかかわらず、この石細工師は私に気付かず、彼の仕事に専念し続けました。 この2枚の写真からは思わないでしょうが、私はそれほど幸運ではありません。 (写真:  Majo Eliáš)

スポーツと運動

スポーツは、最初から言わない理由がないカテゴリの1つです。デジタル一眼レフが必要です。 実際、ここにはデジタル一眼レフだけでなく、素早いフォーカスの切り替え、高速シャッター時間設定、高感度センサーを備えたボディが必要です。

スポーツフォトグラファーは、プロクラスのボディを持つカメラを使用します(通常はフルフレームも使用します)。 これらのカメラは、照明条件が悪い場合でも、品質を大きく損なうことなく、良好な画像を取得できます。

スポーツフォトグラファーは、これらのボディに合わせて高品質のレンズも購入使用します。 すべてのスポーツには異なるレンズ属性が必要であり、魚眼レンズから800mmまでのあらゆるものを要求する場合があります。 しかし、70〜200mmの望遠レンズなら、まったく問題はありません 。

A snowboarder’s jump, photographed with a 17mm lens. (Photo: Majo Eliáš)

17mmレンズで撮影したスノーボーダーのジャンプ。 (写真: Majo Eliáš)

Goalie in action. Focal length 116 mm. Bad lighting conditions; ISO set to 2000. Thanks to quality equipment, noise is insignificant even at this high ISO. (Photo: Majo Eliáš)

ゴールキーパーのアクション。 焦点距離116 mm。 悪い照明条件; ISOは2000に設定されています。高品質の機器のおかげで、この高ISOでもノイズは無視できます。 (写真:MajoEliáš)

野生動物生物の写真

野生動物は、少なくともカメラにとって、スポーツ選手に驚くほど似ています。 素早く正確なフォーカス、高速シャッター、高感度、そして非常に長い焦点距離を備えたデジタル一眼レフが必要です。例えば、200 mmはほんの手始めです。 広角レンズはスキップできます。 代わりに1つのマクロレンズをお勧めします。

A leopard photographed with a focal length of 400 mm, in the rain. (Photo: Majo Eliáš)

雨の中、焦点距離400 mmで撮影されたヒョウ。 (写真:MajoEliáš)

Moments like this are very hard to capture with a compact. (Photo: Majo Eliáš)

このような瞬間をコンパクトカメラで撮影するのは非常に困難です。 (写真:MajoEliáš)

マクロ写真

これはかなり特殊な分野です。 最初は、マクロモードを提供する少し高級なコンパクトで十分です。 しかし、マイクロ写真は勿論のこと、マクロに完全に専念したい場合は、より幅広いアクセサリや機器なしでは満足できません。 デジタル一眼レフ含め。

With a compact camera, you can take much better detail shots than with a basic DSLR. The disadvantage is that you’ll have to be just a few centimeters from the subject, which will scare it away if it’s an animal. (Photo: Majo Eliáš)

コンパクトカメラを使用すると、基本的なデジタル一眼レフを使用するよりもはるかに詳細なショットを撮ることができます。 欠点は、被写体から数センチ離れている必要があることです。これは、動物の場合は怖がってしまいます。 (写真: Majo Eliáš)

This DSLR lens doesn’t have a macro mode. I’d get much better details with a compact. (Photo: Majo Eliáš)

このデジタル一眼レンズにはマクロモードがありません。コンパクトでもっと良い詳細が得られます。 (写真: Majo Eliáš)

コンパクトカメラからデジタル一眼レフに変える?よく考えてください。

写真の品質を自動的に改善するためにコンパクトからデジタル一眼レフに切り替えることを期待しないでください。これまでコンパクトを使用していた場合は、デジタル一眼レフに切り替える前に注意してください。コンパクトは、センサーサイズが小さいため、被写界深度が非常に深くなっています。一方、デジタル一眼レフは被写界深度が浅いため、「ぼやけた写真を撮る」ことになりま す。

これは、デジタル一眼レフセンサーサイズがはるかに大きいため、被写界深度を操作する方法、つまり正確、かつ正確に焦点を合わせる方法を学習する必要がある為です。被写界深度は、焦点距離、F値、およびセンサーサイズのいくつかの要因に依存します。センサーのサイズが大きくなると、焦点距離が長くなり、開口が広くなるほど、被写界深度は小さくなります。

デジタル一眼レフは終わりではなく、開始です。

この原則を念頭に置いてください:デジタル一眼レフカメラ本体に費やすものは何でも、レンズにも同じように費やさなければなりません。基本的な比較的安価なレンズだけでデジタル一眼レフを購入する場合、素晴らしい結果が得られるとは思わないでください。これらのレンズは、高級なクラスのコンパクトよりも出力が悪い事がよくあります。最初にカメラ本体のみを購入してから、必要なアクセサリーを購入する事が最善の場合があります。

お金が足りなくても、まだデジタル一眼レフが必要な場合は、中古のデジタル一眼レフも考慮に入れてください。価格は非常に良い場合が多く、1年以上の保証が付いた中古モデルを見つける事もできます。このようにして、カメラで苦労することを避け、より賢明にレンズに投資することができます。結局のところ、最終的な絵を「描く」のはレンズです。

最後に:この記事ではデジタル一眼レフについて不親切な言葉をたくさん話しましたが、実際には経験豊富な人が最良の結果をもたらす素晴らしい機器です。何をどのように撮影するかを決めるのはあなた次第です。そして、コンパクトで間に合うか、ミラーレスに行くか、デジタル一眼レフが必要かどうかを判断します。

あなたがどのように決定するかに関係なく、私たちはあなたが最高の写真を得る為に応援したいです!

最終更新日 2. December 2013

You already voted!
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集長

すべての記事 を読む.

コメント