露出モードの使い方

カメラ内蔵の露出計は、入射光のレベルを測定し、それに基づいて絞り、シャッタースピード、ISOを調整します。露出モードの設定によって、カメラと測定される光レベルが決まります。モードに応じて、カメラは完全に自動的に調整されるか、又は写真の最終的な色調をある程度制御します。一方、手動モードでは、メーターは露出設定にはまったく影響しません。カメラはどのような露出モードを提供し、どのように役に立つのか?本日の記事でこれらの質問にお答えします。

露出モード

選択した露出モードによって、露出設定(絞り、シャッター、ISO)の決定がカメラにどれだけ残されるかが決まります。手動露出モードは、すべての露出設定を完全に制御できる唯一のモードです。残りの全てでは、カメラ設定によって実行される露出分析に基づいて、一部またはすべての露出設定が設定されます。

The mode dial on an amateur DSLR (left) contains a wide range of automatic scene modes. Meanwhile pro-class cameras (right) don’t have these beginners’ modes. But they do have user modes that you can program yourself.
初心者向けデジタル一眼レフカメラ (左側)のダイヤルモードには、色々な自動シーン モードがあります。一方、プロクラスのカメラ(右)には初心者向けモードはありません。 しかし、自分でプログラムできるユーザーモードがあります。

一般的に、写真を始めたばかりの時は、特定の場面でどんな設定が必要か、どのような絞り/シャッター/ISOが目標に一番合うかが分からないと思います。自動モードはあなたの進歩の段階の為のものです。時間の経過とともに、実践を重ね、3つの露出パラメーターの間の関係を見つけ、それらの感触をつかみ、さまざまな状況を覚えていけます。

自動モードの使用をやめて、色々なモードを使ってみましょう。自動化されたシステムはクリエイティブな目標とあまり関係がないため、手動モードに切り替えます。

全自動モード

最も基本的な自動モードは完全自動モードです。通常は緑色のフレームシンボルで表されます。このモードはあなたの為に全てを決定してくれます。メーターからのデータを評価し、絞り、シャッター、ISOを設定します。通常、フラッシュを使用するかどうかも決定します。一部のカメラでは自動モードでフラッシュをオフにすることができます。

Automatic modes on Canon DSLRs. Fully automatic mode, flashless automatic mode, scene modes, and program modes.
Canon デジタル一眼レフカメラ の自動モード。 全自動モード、フラッシュレス自動モード、シーンモード、プログラムモード。

ISOモードを設定できるプログラムモードでより細かく制御できます。カメラが露出レベルを誤って選択したと感じる場合は、露出設定を変更できます。

このモードでは、一部のカメラでもプログラムを変更できます。例えば、カメラの絞りや時間設定は、選択したものと異なるように設定できます。しかし、カメラは露出値を監視し続けます。初心者の方には、プログラムモードをお勧めします。使い慣れていない借りたカメラを使う時にも、プログラムモードが最適です。

シーンモード/撮影モード

シーンモードを使用すると、露出値間の関係や写真の外観への影響を細かく知る必要なく、クリエイティブな制御を強化できます。撮影するシーンのタイプをカメラに指示するだけで、カメラが自動的に露出値とそれに最適な他の値を設定します。

基本的なシーンモードには、風景、ポートレート、スポーツ、夜のポートレート、雪などが含まれます。露出の原則をマスターするまで、シーンモードは、高品質の写真を取得するための全自動よりも優れた選択肢です。

Sample scene modes on Canon DSLRs. Portrait, Landscape, Macro, and Sports.
Canon のデジタル一眼レフのサンプルシーンモード。 ポートレート、風景、マクロ、スポーツ

ここ数年、多くのカメラがインテリジェントオートモード(各社で呼び方はさまざま)を提供しています。このモードでは、カメラは被写体と環境タイプを認識し、それに基づいてシーンモードを選択しようとします。それに関して、今日のカメラがどれほど成功しているかはわかりませんが、現時点では自分で直接、シーンモードを選択することをお勧めします。

プログラムモード

プログラムモードでは、クリエイティブな意図を表す露出値を 1 つ以上選択できます。次に、正しい露出が得られるように残りの値を設定します。絞り優先とシャッタースピード優先です。

絞り優先では、絞り設定を選択すると、カメラがシャッタースピードを自動調整します。シャッター優先では、シャッター速度を選択し、それに応じてカメラが絞りを選択します。ISO感度も自動に設定した場合、カメラは光レベルに基づいてISOを変更します。

The subgroups of program mode in Canon digital cameras. Shutter priority and aperture priority.
Canonデジタルカメラのプログラムモードのサブグループ。左:シャッター優先と右:絞り優先。

プログラムモード、特に絞り優先は、日常の写真撮影で最も使用されているものです。あなたが創造的なコントロールをしている間、カメラは正しい露出を得ていることを確認しています。

もし、あなたが暗い場所にいて、カメラの内蔵メーターが混乱している場合は、露出を修正できます。よくある例は、非常に明るい背景、又は暗い背景の写真で、メーターは中間灰色の露出を実現しようとします。そうすると、明るいシーンが露出不足になり、暗いシーンが露出オーバーになります。

マニュアルモード

マニュアルモード(手動)では、露出を完全にコントロールできます。すべての露出設定を自分で制御します。カメラの自動システムは介入しません。ただし、光度計はアクティブなままであり、その提案に従うか、完全に無視することができます。手動モードは、入射光を正確に測定できる外部メーターと組み合わせて使用するのが最適です。

Manual mode on Canon DSLRs.
canonのデジタル一眼レフカメラのマニュアルモード

マニュアルモードは、次の3つの状況で最も役立ちます:

  • 安定した照明の条件下で撮影する場合。露出を 1 回測定し、露出設定を 1 回設定すると、すべての写真で一貫性のある露出が得られます。例えば、人工的に照明されたインテリアで写真を撮ることです。
  • 非常に暗い非常に明るい手動モードも考える必要があります。手動モードは、夜の撮影での雰囲気を保つのに役立ちます。半自動モードでは、簡単に夜景を昼間のように見せることができます。
  • また、スタジオのフラッシュを使用した場合は、手動モードに切り替えることをお勧めします。そのような状況では、カメラの内蔵メーターは役に立ちません。スタジオのフラッシュが発する光を測定できないからです。 また、スタジオフラッシュを使用した写真撮影は、自然光を使用した写真撮影とはまったく異なります。自然な一定の光で作業するときは、露出設定をその光に合わせて、必要な露出を取得します。スタジオフラッシュを使用するときは、目的に合った露出設定を選択し、フラッシュの強さを制御して露出を制御します。

露出をロック

カメラの露出ロックを使用して、シーンの撮影したい部分とは異なる部分に露出を設定します。逆光でポートレート写真を撮る場合などに便利です。中央重点測光を設定して、ポートレートがシルエット以上になるようにすることができます。この種類の測光では、カメラのメーターがセンサーの中央領域を強調します。

露出ロックのもう1つの古典的な使用例は、太陽が当たっている空の写真を撮る場合です。太陽は非常に明るいため、写真が露出不足になるため、空の太陽のない部分に露出を設定する必要があります。ここでも、露出ロックは適切です。ただし、手動モードに切り替えて露出を設定するだけの方が適しています。

ジャンル別モード

完全自動モードからプログラムモード、マニュアルモードに至るまで、写真には非常に多くの露出オプションがあります。 経験豊富なフォトグラファーは絞り優先を好む傾向があり、適切な露出を得ていることを確認しながら、簡単に自分を表現できます。

一方、一定の照明条件下では、マニュアルモードを使用することで、最も正確で一貫性のある結果が得られます。報道写真などには、プログラムモードまたはシーンモードを使用します。しかし、シーンモードは、全自動と同様、写真の最終的な外観をコントロールできないため、通常初心者向けです。

新しい記事を徐々に追加しております。

無料オンラインマガジン「フォトレッスン教室」を購読する

メールアドレスは正しくありません。
Autor編集部

コメント