ポートレートの基礎 構成②:モデルの環境の使用方法を学ぶ

ポートレート写真で最も重要なのはテーマです。 それは彼らの背景に果たすべき役割がないという意味ではありません。 多少なりとも 被写体の周囲で写真が示すものは、その写真が全体的にどのように感じられるかにという点で共有しています。 普通の茂みでさえ、ポートレート全体を台無しにしたり、完璧に仕上げることができます。 この記事では、環境に対処する方法と環境を活用する方法を学びます。

Foundations of Portrait Composition Part II - ballet dancer

 ポートレート写真の構図のルールに関する最初の記事では、主にモデルとの作業について説明しました。今回は、彼らの環境も念頭に置くことが重要であることを示します。 写真のスタイルに応じて、自分で環境を選択できる場合と、迅速な報道写真の場合は、少なくともフレームの内の内容とフレームの外側にあるものを選択できます。

柱などに気を付けて!

高く伸びる木、電信柱、アンテナ、孤立した暗い枝はすべて危険です。初心者によくある間違いの1つは、「見落とす」事を忘れることです。これらのオブジェクトは、被写体のすぐ後ろに落ちついており、視覚的に頭から突き出るのが大好きです。 3次元の現実の観察者は個々の距離を区別でき、遠い極を無視しますが、写真ではすべてが2次元であり、構造は視覚的に溶けて被験者の頭と溶けます。 このため、ファインダーでこれらの間違いを見ることはできません。 ただし、そのような問題のある領域を積極的に監視し、カメラを動かして被写体の邪魔にならないようにできます。

Foundations of Portrait Composition Part II - woman in blue dress

唯一のポールは、私の被験者の頭のすぐ外側に伸びています。

通常、間違いを修正することはできますが、間違いを避ける方が簡単です。

低いF値を使用して背景をぼかした写真では、ポールが見えにくくなっています。 しかし、それでもまだ障害になる可能性があります。

気を散らす色を持つ対象物に注意して下さい

写真を乱す可能性があるのは、ポールと木だけではありません。 他の対象も、たとえモデルの頭から突き出ていなくても、問題を引き起こす可能性があります。 交通標識、駐車しようとしている赤い車、または見苦しいゴミ箱に関係なく、印象的な色のものはすべて注目を集めます

可能であれば、1歩か2歩、横に移動します。 別の方向で写真を撮って、それらの印象的な色のオブジェクトをフレームから取り出します。 または、被写体のすぐ後ろに隠すことができます。

当然、 何かを写真に収めたい場合は、ここでも微調整することで全てを満足できるようにあなた自身で微調整できます。

Foundations of Portrait Composition Part II - girl in white hat

クリスマスのデコレーションを背景に電車と観覧車も意図的に置きました。それらも注目されます。

逆行や日陰での撮影

太陽光線が差し込む方向で撮影している場合、それは可哀そうにも被写体が太陽に面していて、目を細めなければならないことを意味しますーそして、それらの特徴も同様に暗い影を形成します。 これらはしわを強調し、目を暗くし続けます。

日陰、又は太陽に逆らって撮影すると、これらの問題はなくなり、被写体の顔の光は、はるかに穏やかになります。

Foundations of Portrait Composition Part II - woman in white dress

日陰では、光の問題を避けるのがずっと簡単です。

背景に光のある写真のオプションを選択すると、モデルの髪と肩にも輝く輪郭が表示されます。 それらをもっと暗いアウトラインと組み合わせると、問題の人物はいっそう印象的になります。

Foundations of Portrait Composition Part II - woman in white dress

私のモデルに後ろから太陽が輝いていて、光の輪郭が描かれています。

視覚的なガイドラインを活用する

環境内の要素を巧みに使用することで、モデルを強調できます。 ガイドラインは良い例です。 これらは写真の他の場所でよく議論されており、ポートレートでも役立ちます。視聴者の注目を集めるためにモデルに向けてください。

Foundations of Portrait Composition Part II - woman above staircase

ここの階段と手すりは、あなたの目をモデルにまっすぐに導いています。

繰り返す要素のリズムを解く

写真内の要素の繰り返しは、ガイドラインの拡張と見なすことができます。 ここでは、ガイドラインは明確ではありませんが、人間の心がそれらを埋めます。モデルは、リズムを壊す要素として機能し、周囲の調和の中で目立つようになります。

Foundations of Portrait Composition Part II - ballet dancer

ここでは、反復する柱のリズムがモデルによって中断されています。

前景も含める

本当に素晴らしいフォトグラファーは、自分自身を他のフォトグラファーと区別します。 彼らは環境や周囲の物体を創造的に利用し、写真を撮ったり、何らかの枠組みで撮影したり、モデルの前に適切な”小道具”を入れたりすることができます。

私自身はこのような写真のファンです。もっと多くの写真を私の写真の記事に載せたいと思いますが、このヒントを実践することは言うよりもはるかに簡単です。

それでも、いくつかのショートカットがあります。 特に、繰り返し要素を使用すると、最初のそのような要素の近くではなく、少し後ろにモデルを配置できます。 リズムを壊すだけでなく、ボーナスとして、イメージを壊して深みを与える心地よい前景も得られます。

 

Foundations of Portrait Composition Part II - woman in white dress

手前の列には、それを「三次元」感じを与えるために、画像に加工しました。

奥行きのある空間を表現する場合、撮影し微妙にぼやけた対象物が注目を得るための良い方法となります。 ここでも、これらのことは単独では起こりません。 カメラと一緒に非常に近くに移動する必要があり、多くの場合、不安定な位置や撮りにくい場所で写真を撮る必要があります。 下の写真を撮るとき、私は実際にカメラをテーブルの上に置いていましたが、それは近くの花瓶の真ん中を狙っていました。 近くに座っている人はきっとみんな私が陶芸専門のフォトグラファーだと思っていたに違いありません。

Foundations of Portrait Composition Part II - woman in purple-ish swetshirt

最初の表の花瓶は、意図的にこの写真にあります。

次の写真は、写真を撮るのがさらに困難でした。 私は茂みの真ん中からそれを取りました(そこに私がそこにたどり着くのはかなり困難でした)。

Foundations of Portrait Composition Part II - woman leaning on a tree

木々の茂みを通してこの写真を撮ることで、ぼやけた枝でそれをフレーミングすることができました。

複数のオプションを試す

どの構成がうまく機能するかを事前に伝えるのは困難です。遊びの要素が多すぎます。さまざまなオプションを試してから、自宅でそれらの1つを先ず選んでください。 それらの多くが失敗しても、または最良の選択ではなく、誰もそれらを見ていなくとも、新しいアプローチの方法をあなたは学びました。 次回、自分で何ができるか、何ができないかがわかります。

実験する!

ポートレートを決まり通りに撮影しなければならないという法律はありません。 すべてが許可されており、未開拓な実験は将来あなたに人気をもたらすスタイルに導くかもしれません。

Foundations of Portrait Composition Part II - woman mid-jump

シャッターを押す瞬間にモデルが宙に浮いた、かなり珍しいポートレート。

Foundations of Portrait Composition Part II - mainly old building

この写真は、宮殿のような環境によって支配されています。 モデルはあまり見えません。 彼女の一連のより「普通の」肖像画の補足としてうまく機能します。

Foundations of Portrait Composition Part II - woman in mist

このポートレートは霧で味付けされています。 スタジオのフォグマシンの助けを借りて撮影されましたが、屋外で煙爆弾を使用して同様の実験を行うことができます。 (ただし、安全で安全性の低いタイプの煙爆弾があることに注意してください。また使用にあたっては各地域の警察など確認を必要とされる場合があります)

ルールに従うか、または意図的にそれらを破るか

毎回、新しいアイデアを考え出す必要はありません。 次の比較的簡単な演習でも、これらのルールのいずれかを選択して完全に順守するか、完全に無視してみてください。 例えば、写真に表示されないルールや、頻繁に使用してうんざりしているルールなどです。

Foundations of Portrait Composition Part II - woman under branches

モデルの頭をフレームの中央に配置しました。何故ならば、上半分に咲く花が実は私の頭上にあったからです。

そして、これがポートレートの構図です。 経験豊富なフォトグラファーの写真ページで、さらにインスピレーションを得ることができます。 そして、この記事を読んだいま、彼らが仕事で使用する上記のルールのどれについても使うことができます!

最終更新日 8. October 2019

You already voted!
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集長

すべての記事 を読む.

コメント