ポートレート構成の基礎①:モデルのフレーミング

ポートレート写真は、古い携帯電話や高価なカメラを使っていようと撮影機材は関係ありません。 ポートレートでは、「構図」に一定の規則が常に適用されます。 あなたがその規則ににこだわるなら、あなたのポートレートはもっとずっと良く見えます。 勿論、ルールは破られるように作られていますが、破る前に知っておくべきです。 それでは、基本的なものを見てみましょう。 ご覧のとおり、これらを知る事であなたの写真を劇的に改善できます。

Foundations of Portrait Composition Part - portrait of a girl with tree sticks and flowers in her hair

この記事では、ポートレートの構成の中で被写体に関係する基本的なルールに焦点を当てます。 私の「第2部」の記事では、被写体の周囲での作業について説明します。 これらのルールを全て覚える必要はありませんし、いつもそれを守る必要もありません。 創造的なルール違反に制限はありません。 それでも、これを読んでいるうちに、無意識のうちに陥りやすいミスをしていないかどうかを考えてながら読み進めて下さい。

遠く離れて

これは、携帯電話やカメラの基本レンズを使用して写真を撮る全ての初心者にとって普遍的な問題です。

ここでの問題は、一般的な基本レンズが約30 mmであるということです。これは、かなり広い画角を意味します(この焦点距離とここで言及する他の焦点距離は、フルフレームを基準としていることに注意してください)。 この種のレンズを使用して、モデルの周囲を写真に含めずに「頭から肩」の写真に使用すると、広角の為、被写体に非常に近づきます。 その結果、視点が変わります。 人間の目はそれを認識しませんが、カメラは容赦なく拡大した鼻、ぽっちゃりした頬、頭全体の丸い外観を捕らえます。

Foundations of Portrait Composition Part - comparison of photos taken with different lenses

28 mmレンズで撮影したクローズアップ(左)と85 mmレンズで撮影した同じポートレート(右)

そのため、遠くから写真を撮り、モデルを「ズームイン」することをお勧めします。 理想的な焦点距離は85mm以上になる傾向があります。 焦点距離の詳細については、同じポートレートで使用した場合のした 焦点距離の違いを比較 記事をご覧ください。

下の写真のように、目標がモデルとその周辺を含むポートレートである場合、ズームインする必要はありません。しかし、私が説明した顔と肩の遠近法の変形を防ぐためには、十分な距離を保つ必要があります。

Foundations of Portrait Composition Part - portrait of a girl taken with ultra_wide lens

超広角レンズ(16 mm)で撮影した全身のポートレート。被写体の周囲の環境も表示されます。

適切な高さから撮影する

もし、あなたが、モデルよりかなり背が高い場合は、自分の高さから撮影すると、モデルが子供のように見える状況になります。 その為、モデルの目の高さから写真を撮る方が良いでしょう。

Foundations of Portrait Composition Part - photo of a girl in grey sweatshirt

モデルの目の高さから撮影。 私にとって、これは少ししゃがむことを意味しました。

ただし、このルールには実用的で創造的な例外があります。 目の高さから全身を撮影すると、遠近法の歪みによりモデルの脚が非常に短く見えるため、目の高さより下でも、あなたはかがむ事を恐れないでください。 別の記事では、 様々な高さから撮影から撮影したときに人体がどのように見えるかの比較を見つけることができます。

Foundations of Portrait Composition Part - two photos of a girl in white T-shirt taken from different heights

異なる高さから撮影した写真の比較。 左側:目の高さから。 右側:おおよそウエストレベルから撮影

しかし、低い角度から撮影すると、二重あごが現れ、見た目が悪くなります。 レンズを覗き込まないようにするか、少し上から撮影します。 上から見ると、人々の肌の状態は写真のように見えます。 二重あごが問題にならないようにして、より創造的になるように少し上から写真を撮ることもできます。

Foundations of Portrait Composition Part - girl in blue dress in field, photo taken from above

この写真は上から撮影しています。 選択した角度は、タンポポで背景全体を埋めています。

ゴールデンクロップを見る

構成の最も基本的なルールの1つは、ゴールデンクロップルールであり、3分の1ルールとも呼ばれます。 簡単に言えば、被写体は、幅(右または左から)と高さ(上または下から)の点でフレームの3分の1の位置になければなりません。


モデルの頭の配置と連動するもう1つのヒントは、写真の空いている領域を見ていることです。

Foundations of Portrait Composition Part - Photo of a girl, who is situated in 1/3 of the picture

モデルの頭は、フレームの幅と高さの3分の1です。 また、写真の空きスペースに向かっています。

ただし、これらのルールを常に維持できるわけではありません。 多くの場合、モデルの周囲から適切な要素を含めるか、ポートレートがより神秘的に見えるように視線をそらしておくことがより重要です。

Foundations of Portrait Composition Part - Girl in photo is looking outside of the frame

ここでモデルはカメラとは違う方向を向いています:中央ではなくフレームの中

このルールは、幅が関係するに時、頻繁に破られます。モデルは単に中央にありますが、高さについては引き続きルールは適応されます。 よくある基本的な間違いの1つは、頭を下から半分に置き、上部にたくさんの空きスペースを残すことです。 余分な空間が出きないように、頭を上から3分の1までずらした方が良いでしょう。

Foundations of Portrait Composition Part - photo of a girl in colourful sweatshirt

モデルは真ん中で右から左にありますが、頭は上から約3分の1です

身体の関節で切り取らない

通常、モデルを完全に表示することはありません。これは、写真のフレームの「端」はどこにあるのかという重要な質問につながります。あなたの答えが何であれ、通常はモデルの関節のどこも切りとらないでください。 

ここには3つの典型的な解決策があります。

  • 「頭と肩」のポートレートの場合、写真はモデルの肩のすぐ下で切り取られます。 それらの特定の衣服とポーズは、使用されるアクセサリーなどに影響を与えます。 例えば、ネックレスしていたらそれを途中で切ってしまわず、一般的には、ネックライン全体を含める方が適切です。
Foundations of Portrait Composition Part - Woman in blue dress, photo covering her head and shoulders

「頭と肩」のポートレート。

  • 「頭から腰」までのポートレートもよく見られます。 ここで、腕が問題になる可能性があります。 腕を完全に写真に含めるのが最も安全です。
Foundations of Portrait Composition Part - Woman in blue, portrait covering her to the waist

頭から腰までのポートレート

  • 太ももの中ほどまでを撮ったポートレートの長所は、どんなジェスチャーをしようとも、どうやっても、彼らの腕がちゃんと枠の中に収まるということです。そして、モデルの足が入ることで、よりタイトな画像が得られ、見ている人の視線がモデルの表情を認識する為により良い効果になります。
Foundations of Portrait Composition Part - portrait of girl in black sweatshirt

太ももの中ほどまでを撮影したポートレート

目に焦点を合わせる

当然、ポートレートの焦点を合わせる正しい方法は、被写体の頭、より正確には目です。 特に、頭と肩のポートレートの場合、そして低いF値を使用している場合、例えば、目と肩や髪の焦点の違いは非常に目立つ傾向があります。

Foundations of Portrait Composition Part - photo focuses on the eyes

目に焦点を合わせている

モデルの頭をクローズアップする場合は、さらに正確に焦点を合わせる必要があります。そのため、近い方の目(近くの目が髪で覆われている場合はもう一方の目)に焦点を合わせる方が良いでしょう。

Foundations of Portrait Composition Part - portrait of girl taken with close focus on eyes

より近い目に焦点を合わせます。 他の目がどのように強くぼやけているかを見ることができます。

別のポジションを試す 

ポートレートは何もない空間に設定する必要はありません。 モデルは、何かに寄りかかったり、座ったり、横になったりして、手と体で空間を占領することができます。

3分の1の規則と目の高さからの撮影に関する規則を適用すると、これらの位置により、他のどの写真よりも優れた写真が得られます。

Foundations of Portrait Composition Part - photo of a woman in white dress, who is sitting down

モデルが座った状態の写真。 3分の1のルールがここではっきりと見ることができます。 また、どの高さから撮っているか再度注意してください。

この状況では、高い位置から撮影することを恐れないでください。 しかし、モデルが仰向けに横たわる時は、あなたは足元よりも頭の後ろに立つ方が良いというのがルールです。 さもないとあごが目立ってしまい 結果が悪くなります。

Foundations of Portrait Composition Part - Portraif of girl in a dress, who is lying down

モデルが横になっている写真は、モデルの頭の後ろから撮るとよく見える傾向があります。

まとめ

ここで、ポートレートモデルの撮影作業に関するいくつかの基本的なルールを説明しました。 第2部では、私はそのモデルの周囲を視野に組み立て撮影をしたいと思います。

最終更新日 10. September 2019

1 0
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集長

すべての記事 を読む.

コメント