光を見る

写真に目を向けることは、優れた構図に目を向ける以上のものです。 又、光の見方や、写真を撮るタイミングもわかります。 運が良ければ、写真に「熱」を感じ、光や構図などの基本が自然にわかるようになり、それらについて考える事すらなくなります。先ず、ただやってみる事です。

多くのフォトグラファーは、最も重要なのは自分が立って撮影する場所だと誤って信じています。 それは・・・間違いです! 最も重要なことは、光の状態です。 今日の記事では、光の見方と写真でそれを利用する方法について説明します。

どこでも真実を、真実の風景

以下のアドバイスは、自然光、つまり影響を受けない光で作業するすべての写 真ジャンルに当てはまります。 しかし、自然光の条件とそれらだけに頼らなければならない風景写真が最も当てはまります。 興味深い状況を捉えられない場合、写真は、同じスポットですべての一般の観光客が撮ったすべての写真のようになります。 その間、良い光と興味深い天候の隆起風景写真は完全に別の次元。

風景の光を捕らえる方法

好むと好まざるとにかかわらず、光はしばしば運に関するものであり、適切な場所に適切なタイミングで存在します。 天気予報に本当に頼ることはできません。 それは、せいぜい、オリエンテーションにのみ使用できます。 興味深い光は一度に一瞬しか持続しないので、常に注意して、常にカメラを準備してください。

Without the rain and the sun, this photo wouldn’t really shine. The light conditions have made it something exceptional.

雨と太陽がなければ、この写真は本当に輝きません。 光の条件はそれを何か特別なものにしています。

それから、ポートレートはどうですか?

それらも同じことが言えます。ほとんどの写真家は、被写体を撮影する場所の選択にかなりの時間を費やしています。しかし、自問してみてください。あなたはその場所を撮影しているのですか、それとも人ですか?興味深い環境が写真にほとんど影響を与えないことは明らかですが、多くの初心者または上級フォトグラファーでさえ、適切な撮影場所を見つけることに集中しすぎて、ポートレイトの照明と写真の背後にある原則を忘れています。単に場所にこだわる必要がある場合は、明るい場所から暗い場所へのグラデーションがある場所を探してください。トンネルなどに気を付けてください。被写体の顔を構成して、被写体の背後の背景が全体的に暗くなるようにします(または、光が少なくなります)彼らの顔より。対象の背後にあるトンネルは、これを「無料」で提供します。被写体を半メートルから1メートルのトンネルに配置し、リフレクターを使用して補助的な光を少し追加し、最も高価なソフトボックスで得られるものよりも優れた照明を楽しみます。

Taking advantage of a light gradient in a tunnel.

トンネル内の光の勾配を利用する

写真を撮るときはいつでも、最初に光を当てて見てください。 それに注意を払い、その強度と色を知覚することを学びます。 気が散る音? 心配する必要はありません。 時間が経つにつれて、練習を重ねながら、無意識のうちにこれらのことを行うようになるでしょう。 それは当然の事です。

最終更新日 15. December 2014

You already voted!
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集長

すべての記事 を読む.

コメント