露出測定の仕組み

デジタルカメラに組み込まれた露出計は、一般的にうまく機能し、フォトグラファーとしての仕事をずっと楽にします。 しかし、特定の複雑な状況では、混乱する可能性があります。 そのため、正確な露出測定を行うには、カメラに内蔵されている光度計を補助する補助具を使用するか、外部の露出計を使用します。 これらの高品質オプションは、実際に場面に含まれる光を測定します。

露出の測定

露出に関する記事の中で、露出計について簡単に触れました。 これらのデバイスは、シーンに当たる光の量を測定するのに役立ちます。 光度計は、被写体に当たる光(入射測光)または被写体から反射した光(反射測光)のいずれかを測定します。

入射光の測定
入射光を測定するために、外部露出計が使用されます。 これらのデバイスには拡散半球が装備されています。 あなたは撮影現場で彼らと一緒に立ち、光を取り入れさせます。 外部露出計は、内の撮影場面の光量を測定するため、正確です。 これらは比較的高価です。 しかし、今日販売されているほとんどの外部露出計は、定常光とフラッシュ光の両方を測定できます。 最先端のものは、スタジオライトとスタジオライトを一緒に使用すると、これらの比率を測定することもできます。

A top-grade light meter like the Sekonic L-758 costs almost as much as a mid-range DSLR.

Sekonic L-758のような最高級の露出計は、ミッドレンジのデジタル一眼レフカメラとほぼ同じ価格です。

今日のデジタル時代では、撮影の為の露出する事にはほとんど費用がかからず、カメラのヒストグラムで露出をすぐに確認できますが、アマチュアにとっては露出計はほとんど役に立ちません。 しかし、スタジオライトを使用してスタジオ撮影を行う場合、露出計なしではプロのフォトグラファーは通用しません。

反射光の測定
現在、光が当たるのではなく、場面から反射した光を測る露出計を使うのが一般的です。 これらの露出計はデジタルカメラに統合されています。 このタイプのメーターはあまり正確ではありません。撮影風景が光の18%を 正確に反射するという前提で動くからです。そのため、通常、ニュートラルグレーのテストカードがこれらの光計とともに使用されます。 これらは入射光の18%を正確に反射します。

This shape contains 50 percent black and 50 percent white. It thus amounts to an average gray scene, and the camera’s light meter did its job appropriately.

この図形には、50%の黒と50%の白が含まれています。 したがって、平均的な灰色のシーンになり、カメラの光度計は適切に機能しました。

The shape contains 25 percent black and 75 percent white. But the camera’s light meter assumes that the scene is an average gray. Because of this, it underexposes the scene and makes the white look gray.

図形には、25%の黒と75%の白が含まれています。 しかし、カメラの露出計は、シーンが平均的なグレーであることを前提としています。 このため、シーンが露出不足になり、白が灰色に見えます。

The shape contains 75 percent black and 25 percent white. But the camera’s light meter assumes that the scene is an average gray. Because of this it underexposes the scene and makes the black look gray.

図形には、75%の黒と25%の白が含まれています。 しかし、カメラの露出計は、シーンが平均的なグレーであることを前提としています。 このため、シーンが露出不足になり、黒が灰色に見えます

カメラの内蔵メーター

全ての場面が灰色のカードのように動作するわけではない為、カメラにはいくつかの種類の測光機能が搭載されており、撮影する場面に基づいて測定タイプを選択できます。 次の段落では、マトリックス、中心加重平均、部分測光、ポイント測光など、いくつかのタイプの露出測光を紹介します。

評価(マトリックス)測光
評価、またはマトリックスメータリングは、最も近代的で高度なタイプです。 撮影されたシーンはゾーンに分割され、露出はその中で測定されます。 この測定値は、最適な露出調整のために、カメラに保存されているシーンの大規模なデータベースと比較されます。

この測定方法は、最も厳しい場面でも処理できます。 最新のデバイスは、色調だけでなく、場面の色も考慮しています。 この種の測定は、実質的にあらゆる通常の状況に十分です。 また、一般にアクティブフォーカスポイントの周囲の領域を優先します。これは、カメラが画像の被写体がある場所であると予測するためです。

 

The shape contains 75 percent black and 25 percent white. But the camera’s light meter assumes that the scene is an average gray. Because of this it underexposes the scene and makes the black look gray.

図形には、75%の黒と25%の白が含まれています。 しかし、カメラのライトメーターは、シーンが平均的なグレーであることを前提としています。 このため、シーンが露出不足になり、黒が灰色に見えます

中央部重点平均測光
中央重点平均測光では、シーン全体が考慮されますが、中央の焦点を囲む領域により多くの重みがかかります。 これは主に、光に対してポートレートを撮影する場合に役立ちます。マトリックス測光は失敗する傾向があります。

The icon for center-weighted average metering on Canon digital cameras.

キヤノン製デジタルカメラの中央重点平均測光のアイコンShooting against the light. Center-weighted average metering. The light meter takes the whole scene into account, and so it underexposes the subject.

光に逆らって撮影。 センター加重平均測光。 光度計は場面全体を考慮に入れているため、被写体が露出不足になります。

部分測光
これは部分計測と同様に機能しますが、使用される領域はかなり小さくなります(センサー領域の3%以下)。 これは、灰色のカードや、他の場所で露出を犠牲にして特定の部分を正しく露出したい高ダイナミックレンジの高コントラストシーンに適した別のモードです。 場面内の最も明るい場所と最も暗い場所を探すときに、部分測光を有効に活用することもできます。 これは主に、後処理中に結合するさまざまな露出レベルのブラケット撮影のセットを計画する時に役立ちます。

The partial metering icon for Canon DSLRs.

Canon デジタル一眼レフカメラの部分測定アイコン。

スポット測光
これは部分計測と同様に機能しますが、使用される領域はかなり小さくなります(センサー領域の3%以下)。 これは、灰色のカードや、他の場所で露出を犠牲にして特定のスポットを正しく露出したい高ダイナミックレンジの高コントラストシーンに適した別のモードです。 シーン内の最も明るい場所と最も暗い場所を探すときに、スポット測光を有効に活用することもできます。 これは主に、後処理中に結合するさまざまな露出レベルのブラケットショットのセットを計画するときに役立ちます。

The spot metering icon for Canon DSLRs.

Canon DSLRのスポット測光アイコン

Shooting against the light. Spot metering. The exposure meter only looks at a small part of the scene—in this case the photographed subject. The scene is overexposed overall, but the subject has good detail. The unimportant detail in the background has been sacrificed. To get proper detail throughout the scene, the subject would need to have supplemental lighting (via a reflector sheet, a system flash, or a studio flash).

光に逆らって撮影。 スポット測光。 露出計は、シーンのごく一部、この場合は被写体を見るだけです。 シーンは全体的に露出オーバーになっていますが、被写体のディテールは良好です。 背景の重要でない細部は犠牲にされました。 シーン全体で適切なディテールを得るには、被写体に補助照明が必要です(反射シート、システムフラッシュ、またはスタジオフラッシュを使用)

練習することで完璧に

デジタルカメラに内蔵された露出計は、その場面が平均反射率を持っていると仮定して、その反射する光を測定します。 これは外光計ほど正確ではありません。外光計は、ある場面に実際に入射する光の量を測定します。

このデジタル写真の時代では、ヒストグラムを含め、撮影した各写真をすぐにディスプレイで見ることができます。 そのため、測定誤差を修正して写真を撮り直すのはそれほど難しくありません。

しかし、撮影すればするほど経験が増え、一目見るだけですぐにその場面の、カメラの露出計をどれだけ上手く処理できるかを知る事ができるようになります。 そのため、失敗する写真を撮る前に露出を得ることができるようになるでしょう。

最終更新日 13. May 2015

0 0
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集長

すべての記事 を読む.

コメント