露出とは何か、それがどのように写真に作用するかを学びましょう

露出という言葉を聞いたことがあると思います。もし、それが何を意味するのかわからない場合は、この記事をご覧ください。美しい写真は、撮影中の光の状態など、さまざまな要因に依存します。そして、カメラの正しい設定、特にシャッタースピード、絞り、ISOの3つの露出設定にも依存します。フォトグラファーであるあなたは、正しい露出(写真の暗さまたは明るさ)を覚え、表現したいものを表現するのに役立つ値を選択する必要があります。これらの設定は、時間と空間が写真に記録される方法に影響を与えるため、表現に影響を与えます。

露出

「写真」という言葉は、光で描かれたものという意味のギリシャ語が語源となっています。露出は光のコントロールです。つまり、良い露出は良い写真の基礎となります。いつでも、どんなシーンにも一定量の光が当たっています。写真を撮る時には、その光をカメラのデジタルセンサーの感光セルで捕らえる必要があります。センサーが十分な光を得ていないと、暗く露出不足の画像になります。一方、露出オーバーの画像は、センサーの感光性セルの光が多すぎます。各セルが記録できる光の量には制限があるので、光が多すぎると、さまざまな明るさが全てその限界に達し、その結果全てが同じように見え、細部が薄くなります。

基本的な露出とパラメーター:絞りとシャッタースピード

最も基本的な2つの露出設定は、デジタルセンサーに当たる光の量に影響します。その2つとは、絞りとシャッタースピードです。今日広く使用されているカメラでは、絞りはレンズの中にあります。絞りによって、レンズを通る光の流れを調整します。これは、水道の蛇口とほぼ同じように機能します。蛇口を開くほど、蛇口から多くの水が流れ出します。同様に、レンズの絞りを開くほど、より多くの光が流れます。

もう1つの基本的な露出設定はシャッタースピードです。つまり、光がレンズを通って流れ、センサーの光に敏感な細胞に当たる時間です。100分の1秒から数十秒までです。

個々の感光セルは、空っぽのガラスのコップの列として考える事ができます。シーンが暗い場所では少ない水しかなく、明るい場所ではより多くの水で満たされています。理想は、最も暗い場所でもグラスが少くとも満たされ、コップの水が溢れないよう、流量(絞り)と流量(速度)を設定することです。その為には、カメラが処理できるだけの”ダイナミックレンジ”を持つシーンが必要です。

A scene with a low dynamic range. A photo of the scene can easily express all the detail in the shadows (no pure-black blobs) and the lights (no blowout, i.e. no pure-white areas).
低ダイナミックレンジの場面。この写真は、影(純粋な黒の塊がない)とライト(白飛び、つまり純粋な白い領域がない)の全ての詳細を簡単に表現できます。

ダイナミックレンジ

撮影されたシーンのダイナミックレンジは、最も暗い部分と最も明るい部分の明るさの違いです。 露出値、EVとして表すことができます。(ダイナミックレンジとは明るい部分から暗い部分への再現可能な幅のことです。)+ 1 EVは0 EVに含まれる光量の2倍を意味し、-1 EVは0 EVの半分の光量を意味します。

A scene with a high dynamic range. Standard photographic techniques will tend to lose some detail in the light and dark parts of this scene.
高ダイナミックレンジの場面。 標準的な写真技術では、このシーンの明るい部分と暗い部分の一部の詳細が失われる傾向があります。
The same scene as in the previous photo. This picture is the result of an HDR processing technique that joined 9 sub-exposures into one. The detail has been preserved in everything from the darkest shadows to the brightest lights.
前の写真と同じ場面。この写真は、9枚の露出を変えて撮ったものを1つに結合したHDRの結果です。細部は、最も暗い影から最も明るい光まですべて表現されています。

JPEG形式の画像(カメラの標準形式)で表現できるダイナミックレンジは約6~7 EVですが、晴れた日の風景場面の実際のダイナミックレンジは大きくなる傾向があります。お持ちのカメラにRAW形式があれば、 RAW 形式で撮影したら良いと思います。カメラのセンサーは、おそらくここでは問題ありません。最近のカメラは、大きなダイナミックレンジの場面を撮影できます。RAWを使えば、例えば Zoner Photo Studio Xを使って、JPEGで失われる影や照明から細部まで引き出すことができます。

HDRをご存じですか?

HDR(ハイダイナミックレンジ)は、明るさの違う写真を複数枚撮影し、カメラ内やスマートフォン、RAW現像も、ZPSXなど現像ソフトで合成することで、より明るさの再現幅が広い画像を作り上げます。RAW形式で合成後はJPEGで保存されます。

これらはモニターで通常表示されるよりも大きなダイナミックレンジで画像を印刷または表示できます。

写真を撮る時に、太陽の光などを考慮し、ダイナミックレンジのどの部分が最終的な写真で失うかを考える必要があります。先ず、写真の被写体が正しく露出されるようにする露出を使用してください。典型的な例としては、青空の下で光に逆らって撮影されたポートレート写真です。露出でシーン全体を捕らえてしまうと、最終的な写真には空が適切に露出されます。ポートレートではなく人物の影を撮影してしまいます。これは、空が被写体よりもシーン内の多くを占めるため、露出測定に大きな影響を与えるためです。ここでは、空の詳細を放棄し、被写体に基づいて露出する必要があります。

この特定のシナリオでは、光源を追加して被写体を明るくする事により、シーンのダイナミックレンジを縮小することができます。フラッシュのような人工光源を使用したい場合や、被写体に反射シートなどを使って自然光を選択する場合があります。同様に 自然風景写真では、レンズに配置された減光フィルターを使用してシーンのダイナミックレンジを縮小し、光の流入を減らします。

技術的に正しい露出

技術的に正しい露出を得るには、露出計を使用します。高度なメーターは、シーンの光量を直接測定できます。被写体の近くの光量を測定し、それに基づいて露出設定を調整するだけです。露出計は比較的高価で、通常は通常のコンパクトの数倍です。このため、おそらくカメラに組み込まれている露出計に落ち着くでしょう。この種の露出計は、シーンの光量を直接読み取ることはできませんが、シーンからカメラのレンズに反射される光量を検出できます。露出計については、今後の記事で詳しく説明します。

A top-quality exposure meter that measures both natural light and flash light.

自然光とフラッシュ光の両方を測定する最高品質の露出計。

クリエイティブな露出

技術的に正しい露出が、いつも最良の選択とは限りません。暗闇の中でロウソクの炎を撮影しようとしても、周囲に色々な光があると、技術的に正しい露出では炎とその周囲の両方を捕らえてしまいます。ロウソクの光を撮りたいなら、意図的に露出不足にして、比較的弱い周囲光が捕らえられないように絞りと速度を設定し、輝くロウソクの炎が適切に露出されるようにします。

今後の記事では、絞りと露出時間について詳しく説明します。同じ技術的に正しい露出を達成するために、さまざまな時間と絞りの組み合わせをどのように使用できるかがわかります。しかし、そのような組み合わせはそれぞれ、撮影されたシーンに異なる感触を与えるため、露出設定の選択は創造的な目標に依存します。

ISO-3つ目の露出設定

基本的な露出制御には、絞りとシャッタースピードで十分です。それは、デジタルセンサーに当たる光の量に直接影響します。3つ目の露出設定ーISOは、場面の中に必要な露出を得るのに十分な光がない場合にのみ有効にしてください。

より高いISOを設定してもセンサーに照射される光は増えませんが、センサーに当たる光をカメラが増倍します。これの欠点は、高いISOを設定すると、光が倍増するだけではないことです。また、光に敏感なセルに記録されたデジタルノイズの量を乗算します。デジタルセンサーの光感知セルが小さいほど、それらに届く光情報が少なくなり、記録された光と記録されたノイズの比率が小さくなります。したがって、小さなセンサーは、大きな感光セルを備えた大きなセンサーよりも、高ISOでノイズを生成する可能性が高くなります。

このことから、多くの光に敏感な細胞を小さなセンサーに詰め込むというメーカーの努力は無意味であることは明らかです。8 MPxのカメラは、すでにあなたに高品質のA3用紙やタブロイド印刷を与えるのに十分です。一方、ピクセル数が増加すると、デジタルノイズの量も大幅に増加し、詳細は追加されません。実際、細部まで見えてしまうのは、カメラのノイズ除去機能が組み込まれているからです。ノイズ除去機能は写真のぼかしで効果を発揮します 。

したがって、可能な限りカメラの最低ISO設定を使用するようにしてください。ほとんどのカメラでは、ISO 100 または ISO 200 です。必要な場合にだけ ISO を上げます。しかし、デジタルノイズをあまり恐れないでください。 露出時間が長すぎてぼやけている写真よりも、ノイズのある写真の方が良いでしょう。

新しい記事を徐々に追加しております。

無料オンラインマガジン「フォトレッスン教室」を購読する

メールアドレスは正しくありません。
著者編集部

コメント