タグ:露出

露出とダイナミックレンジを調整する方法

ほとんどの写真には、多少の露出やダイナミックレンジの調整が必要です。特にRAW写真では、予想以上の効果を得ることができます。これは、撮影時に露出設定を気にしなかった場合や、ハイライトとシャドウがきついシーンを撮影した場合に便利です。例えば、風景写真や人物写真で、ある部分には明るい空が写っていて、ある部分には影が写っているというような場合です。

Zoner Photo Studio X 2022:最新版・新機能搭載

Zoner Photo Studio X の定期アップデートがやってきました。Zoner Photo Studio X 2022 を発売致します!編集速度の向上、露出処理ツールの強化、新しいノイズリダクション、より便利なビデオ編集、そしてZonerama の新機能など、盛りだくさんの内容です。しかも、それだけではありません。何が新しくなったのか、ぜひチェックしてみてください。 

露出の秘密:正しい露出とクリエイティブな露出

あなたがカメラの自動設定に任せている場合や、手動モード時に内蔵されているメーターにまかせている場合、心配する必要はありません。おそらく毎回正しい露出が得られるでしょう。でも、露出を創造的に利用することで、想像していなかった面白い写真が撮れることがよくあります。平均露出という安全地帯を離れて、自分の写真をクリエイティブにしてみましょう!

露出とは何か、それがどのように写真に作用するかを学びましょう

露出という言葉を聞いたことがあると思います。 でも意味が分からないかもしれません。 ご不明な場合は、この記事をお選びください。写真の成功は、ショット中の光の状態など、さまざまなものに依存します。 、カメラの正しい設定、特に3つの露出設定(時間、絞り、ISO)にも依存します。フォトグラファーであるあなたは、正しい露出度(写真の暗さまたは明るさ)を与える値を選択し、表現したい事を表現できるようにする必要があります。 これらの設定は、写真での時間と空間の記録方法に影響を与えるため、表情に影響します。

適正露出の3つの鍵を発見:露出トライアングル

露出設定に関する以前の記事では、2つの最も基本的な露出設定、つまり開口サイズとシャッタースピードを紹介しました。 それらは、カメラのデジタルセンサーに当たる光の量に直接影響します。 シャッター速度と絞りサイズを組み合わせて正しい露出を得るには、常に複数の方法があります。 どの組み合わせを選択すべきかは、創造的な目標によって異なります。 時間、絞り、および3番目の露出パラメーターISOの関係は、「露出三角形」と呼ばれることがよくあります。

露出モードの使い方

カメラ内蔵の露出計は、入射光のレベルを測定し、それに基づいて絞り、シャッター速度、ISOを調整します。 露出モードの設定によって、カメラと測定される光レベルが決まります。 モードに応じて、カメラは完全に自動的に調整されるか、または写真の最終的な色調をある程度制御します。 一方、手動モードでは、メーターは露出設定にはまったく影響しません。 カメラはどのような露出モードを提供し、どのように役に立つのか?本日の記事でこれらの質問にお答えします。

適正な露出の3つの鍵:ISO

「露出三角形」は、3つの主要な露出設定の用語です。絞り、露出時間、ISO(感度)です。 これらのうち2つ(絞りと時間)は、露出設定に関する記事で説明されています。 今回は、3番目の露出設定であるISOに焦点を当てます。

不健康な肌の色をどのように修正しますか? トーンカーブが役立ちます

適切な肌のトーンを持つことは、ポートレート写真の鍵です。 しかし、それは多くの場合、被写体の周囲からの悪い光や色の反射が自分の肌の不健康な表情を与えていることが判明しました。 ただし、これらの写真を捨てる必要はありません。 Zoner Photo Studioのトーンカーブを使用すると、この問題を簡単に解決できます。 その方法を説明します。

露出測定の仕組み

デジタルカメラに組み込まれた露出計は、一般的にうまく機能し、フォトグラファーとしての仕事をずっと楽にします。 しかし、特定の複雑な状況では、混乱する可能性があります。 そのため、正確な露出測定を行うには、カメラに内蔵されている露出計を補助する補助具を使用するか、外部の露出計を使用します。 これらの高品質オプションは、実際に場面に含まれる光を測定します。

新しい記事を徐々に追加しております。

無料オンラインマガジン「フォトレッスン教室」を購読する

メールアドレスは正しくありません。