タグ:非破壊編集

口径食・ケラレー問題点と長所

実際に、どの写真にも少しの口径食やケラレがあります。これが欲しい時もあるし、不用な時もあります。口径とは交換レンズの一番前のレンズのことを指し、最初に光が入る入口の事です。光は常に平行ではなく、斜めから入り込んでくる光もあります。斜めから入ってくる光は他のレンズの径に邪魔されるため、中心に比べると入ってくる光の量が減ってしまう性質があります。口径食を回避する方法があります。どのように、いつ、どう使うかご存じでしょうか?

非破壊編集で時間とディスク容量を節約

非破壊編集は、元の画像ファイルを破壊しない編集です。 画像の2つの別々のバージョンを管理する必要がなくなります。1つは編集済みで、もう1つは編集しません。 つまり、大規模なコレクションの編集作業をより速く、全体的に管理しやすくします。

新しい記事を徐々に追加しております。

無料オンラインマガジン「フォトレッスン教室」を購読する

メールアドレスは正しくありません。