基本的な編集方法

LCP(およびDCP)の使い方を学ぶ:口径食やケラレやその他のレンズの欠陥を修正する

ケラレや口径食、色収差、および樽型歪みなどの変形写真の変形。 どのレンズにもこのような欠陥があります。写真によっては隠れていても、見えるものもあります。しかし、これらは簡単に抑えられます。DNGコンバータをインストールし、LCP(および DCP)プロファイルを利用するだけです。

写真の切り取り方法

トリミングツールは、最もシンプルで広く使用されている写真編集ツールです。このボタンを使用すると、構図を改善したり、印刷するための辺の比率を調整したり、画像の端にある不要な物を取り除くことができます。

赤目の修正について

一見、この写真は何も問題なさそうに思うかもしれません。しかし、よく見るとモデルの目が赤く光っています。この醜い状況をどうやったら取り除くことができますか?Zoner Photo Studio X なら、簡単です!

HDR写真を簡単な手順で作成する方法

HDR画像の作成は非常に簡単です。素となる写真を重ねるだけです(ソフトウェアで作成できます)。 そして、HDRの結果は驚くべきものになる可能性があります。この記事では、Zoner PhotoStudioを使用してHDR画像を作成および編集する方法を見ていきます。

カラーシフト:部分的な編集も可能になりました。カラーシフト、トーンカーブ編集の導入

この秋、カラーシフト機能が追加されたことで、ZPSXは写真全体に必要な色を調整する為の新しいツールを手に入れました。写真全体を通してただ広域的に編集できるだけでは不十分だったので、部分的な色を変更する素晴らしいツールの追加です。写真の任意の部分を簡単に選択して、色を微調整できます。 それだけでありません。部分的なトーンカーブを編集することで、写真を完璧に再現できます。方法については続きを読んで下さい。

顔とナンバープレートを隠す方法:匿名化機能の使い方を学ぼう

顔をぼかし、自動車のナンバープレートを隠します。これらはあまり通常の写真編集だと思わないかもしれませんが、フォトグラファーだけでなく、中小企業、企業、政府の役職のスタッフには、とても重要で頻繁に使う作業です。そして、GDPR(EU一般データ保護規則)の為、これはヨーロッパではかつてないほど重要な事です。幸いなことに、これらの編集はどちらも、適切なソフトウェアの助けを借りれば簡単です。ZPS Xには、顔とナンバープレートの両方を匿名化するための簡単で便利なツールが含まれています。

「原色シフト」クリエイティブな編集で微調整ができる優れたツール

原色シフトは、カメラが色を描い方法に対応するための簡単な方法です。編集を開始する前に、必要に応じて写真の開始色を調整できます。それだけではありません。原色のシフトは、色をクリエイティブに変更するための優れたツールでもあります。そのしくみを見て、実際に試してみてください。

新しい記事を徐々に追加しております。

無料オンラインマガジン「フォトレッスン教室」を購読する

メールアドレスは正しくありません。