最新記事情報・カテゴリー名: ZPS:

基本的な編集方法 0

口径食・ケラレー問題点と長所

実際に、どの写真にも少しの口径食やケラレがあります。これが欲しい時もあるし、不用な時もあります。口径とは交換レンズの一番前のレンズのことを指し、最初に光が入る入口の事です。光は常に平行ではなく、斜めから入り込んでくる光もあります。斜めから入ってくる光は他のレンズの径に邪魔されるため、中心に比べると入ってくる光の量が減ってしまう性質があります。口径食を回避する方法があります。どのように、いつ、どう使うかご存じでしょうか?

基本的な編集方法 1

無料のAdobe DNGコンバーターを設定する手順

ZPSXは、多くのカメラのRAWデータに対応しています。(こちらで確認できます)カメラが捉えた光の情報をRGBの三色に分解して保存しているのがRAWデータです。RGBの三色はあらゆる色を再現することができ、パラメーターの調整次第で1枚のRAWから様々な仕上がりの写真を作ることができます。しかし、編集する人の中に、このファイルがサポートされていないと言われることがあります。それは誰かが悪いわけではありません。各カメラメーカーのRAW形式は企業秘密となっており、各社で少しづつ違うからです。もし、対応していなくても心配しないでください。Adobe DNG Converterをダウンロードして、Zoner PhotoStudioに統合します。

基本的な編集方法 0

LCP(およびDCP)の使い方を学ぶ:口径食やケラレやその他のレンズの欠陥を修正する

ケラレや口径食、色収差、および樽型歪みなどの変形写真の変形。 どのレンズにもこのような欠陥があります。写真によっては隠れていても、見えるものもあります。しかし、これらは簡単に抑えられます。DNGコンバータをインストールし、LCP(および DCP)プロファイルを利用するだけです。

上級者向け編集方法 1

ポートレートのレタッチ:ポートレートを完成させる方法

高品質のポートレートのレタッチとは、ニキビ跡を除去するだけではありません。ここでのレタッチとは写真の編集の事です。画像にあるゴミや汚れの除去、明るさの調整や合成などを指します。だから、肌だけでなく他のすべても改善することによって、ポートレートで理想的な顔を得る方法をご紹介します。