適正露出の3つの鍵を発見:露出トライアングル

露出とは何かという記事では2つの最も基本的な露出設定、つまり絞りとシャッタースピードを紹介しました。それらは、カメラのデジタルセンサーに当たる光の量に直接影響します。シャッタースピードと絞りのサイズを組み合わせて適切な露出を得るには、複数の方法があります。どの組み合わせを選択するかは、どのように撮るかという目標によって異なります。シャッタースピード、絞り、そして、3番目の露出パラメーターISOの関係は「露出三角形」と呼ばれることがよくあります。

サニー16:基本的な露出基準

晴れた日の正午に屋外での風景の撮影の露出を考えてみましょう。この光の条件下では、「サニー16」と呼ばれる基本的な露出ガイドラインが適用されます。サニー16では、晴れた日の正午には、絞りをf / 16に設定し、シャッタースピードをISOの1倍に設定する必要があります。たとえばISOが100の場合、1/100秒を使用します。ただし、露出時間の基本的な範囲には1/100秒の速度はないので、実際には最も近い1/125秒を使用します。サニー16は、覚えておくと便利なルールです。

もし、何らかの理由で1つの露出設定を変更しようと決めた場合は、正しい露出を維持するために、他の露出設定の1つ、又は両方も変更する必要があります。選択した露出をデフォルト値として設定し、値を0 EVにしてから、操作可能な露出パラメーターの基本値を確認します。

絞り

レンズ上のF値の規模は、実焦点距離と光が流れる開口部(絞り)の直径との間の関係を表します。レンズには光の入る量を調整する絞り羽根と呼ばれるものがついています。穴の大きさを大きくすれば光はたくさん入りますし、逆に小さくすると光を少しだけ通すことができます。F値の基本セットは次のとおりです:

 EV  +8 EV  +7 EV  +6 EV  +5 EV  +4 EV  +3 EV
 絞り  1  1.4  2  2.8  4  5.6
 EV  +2 EV  +1 EV  0 EV  -1 EV  -2 EV
 絞り  8  11  16  22  32

F値が1 EV増えるごとに(露出が1 EVずつ減る)、光が流れる穴の表面積は半分になります。

This image depicts the aperture closure for a lens with a speed of F1. (Although in practice you’ll almost never find a lens that fast.)

この画像は、F1の速度のレンズの絞りの状況を示しています。 (実際には、これほど速いレンズはほとんどありません。)

シャッタースピード

時間(シャッタースピード)は、デジタルセンサーがレンズを通過する光の影響にさらされる時間です。 露出時間の基本セットは次のとおりです:

 EV  -5 EV  -4 EV  -3 EV  -2 EV  -1 EV  0 EV
 時間  1/4000 秒  1/2000 秒  1/1000 秒  1/500 秒  1/250 秒  1/125 秒
 EV  +1 EV  +2 EV  +3 EV  +4 EV  +5 EV  +6 EV
 時間  1/60 秒  1/30 秒  1/15 秒  1/8 秒  1/4 秒  1/2 秒
 EV  +7 EV  +8 EV  +9 EV  +10 EV  +11 EV  +12 EV
 時間  1 秒  2 秒  4 秒  8 秒  16 秒  30 秒

露出を1 EV減らすには、露出時間を半分にします。

ISO (ISO感度)

ISO(感度)ISO値は、カメラのデジタルセンサーの光に敏感なセルが光に反応する強さを設定します。 ISO値の基本セットは次のとおりです:

 EV  0 EV  +1 EV  +2 EV  +3 EV  +4 EV
 ISO  100  200  400  800  1,600
 EV  +5 EV  +6 EV  +7 EV  +8 EV  +9 EV
 ISO  3,200  6,400  12,800  25,600  51,200

露出を1 EV減らすには、ISOを半分にします。

1つの露出設定を変更するには、他の露出設定も変更する必要があります

1/500秒のような短い露出時間を使用したい場合、これはそれ自体が2 EVによる露出不足を意味します。適正露出を設定するには、絞りを+2 EVで変更するか、ISOを+2 EVで変更するか、絞りとISOをそれぞれ+1ずつ変更する必要があります。次の表に、正しい設定を選択する方法を示します。

 シャッタースピード  絞り  ISO  EV
 1/125 秒  0 EV  F16  0 EV  100  0 EV  0 EV
 1/500 秒  -2 EV  F8  +2 EV  100  0 EV  0 EV
 1/500 秒  -2 EV  F16  0 EV  400  2 EV  0 EV
 1/500 秒  -2 EV  F11  +1 EV  200  +1 EV  0 EV

 

露出とは何かの記事で触れたように、絞りとシャッタースピードの関係を水道の蛇口とコップで表現すると、蛇口を大きく開ければコップは短時間でいっぱいになり、また、蛇口をあまり開かなくても時間をかければ、コップいっぱいに水はたまります。どちらの方法でも同じ大きさの器をいっぱいにすることができます。同じ水の出し方でも、2倍の時間開いていれば2倍の水の量が出てきます。逆に半分の時間開けば、出てくる水の量も半分になりますね。

上記の組み合わせは全て適正露出につながります。全ての写真に同じ輝度分布(ヒストグラム)があります。最初の写真は1/500秒の速さで撮影され、絞りが小さいため、基本露出時の写真よりも焦点が小さくなります。2枚目の写真ではISOが高いほどノイズが多くなります。3つ目は、この2つの妥協案となるでしょう。

 絞りとシャッタースピードの設定はあなたの写真をどのように影響するか

絞りとシャッタースピードは写真の外観に直接影響しますが(創造的なツールです)、ISOは絞りと時間を使用して作業中により多くの空間を提供します。

 

使用される絞りは、焦点深度に影響します。つまり、写真のどの範囲がシャープで、近かすぎてるのか、遠すぎてシャープにならないかです。焦点深度を慎重に使用することで、被写体を背景から際立たせることができるため、後で邪魔にならないように背景を切り抜く必要がなくなります。F値を変えることで画質が変化するため、被写体に応じて調整すると楽しいです。

Canon EOS 7D, EF 100/2.8, 1/160 s, F2.8, ISO 100, 100 mm focus (160 mm equivalent). By using a large aperture and a long focal length, you can get a small depth of focus. In this photo the model is clearly separated from the background, but the background is still recognizable.

Canon EOS 7D、EF 100 / 2.8、1 / 160秒、F2.8、ISO 100、100 mm焦点(160 mm相当)大口径と長い焦点距離を使用することで、焦点の小さな深度を得ることができます。この写真では、モデルは背景からきれいに分離されていますが、背景はまだ認識可能です。

Canon EOS 7D, EF-S 15-85/3.5-5.6, 1/125 s, F11, ISO 100, 15 mm focus (24 mm equivalent) The wide-angle lens and short focal length used here, along with the tight aperture, leave this picture sharp from front to back.

Canon EOS 7D、EF-S 15-85 / 3.5-5.6、1 / 125 s、F11、ISO 100、15 mm焦点距離(24 mm相当)ここで使用されている広角レンズと短い焦点距離、および狭い絞りはこの画像を前面から背面まで鮮明にします。

適切な露出速度を選択すると、写真で動きを表現できます。写真のすべての動きを止めたい場合は、非常に短い露出時間(1/125秒以下)を使用します。一方、動きを強調するには、長い露出時間を使用します。長時間露光とも言います。それは動きがぼやけて流れるように変わります。被写体は静的な背景(ぼやけた水の流れ、夜の写真の車のヘッドライトからの光の線など)に対して動いている場合があります。この例では、露光中にレンズが車の動きを滑らかに写しました。

Canon EOS 5D MkII, EF 24-105/4, 30 s, F22, ISO 100, 67 mm focus, composite of 6 exposures By setting a long exposure time, the cars driving by can be turned into a stream of light, emphasizing the traffic at this crossroad.

Canon EOS 5D MarkII、EF 24-105 / 4、30秒、F22、ISO 焦点67 mm 6枚の露出の合成露出時間を長く設定することで、車が運転する車を光の流れに変え、この交差点での交通を強調できます。

Panasonic Lumix DMC-LX3, 1/30 s, F8, ISO 80, 5.1 mm focus (24 mm equivalent) Expressing motion through panning. The lens actively follows the car’s motion during the exposure. That leaves the car sharp relative to its surroundings.

パナソニックLumix DMC-LX3、1 / 30秒、F8、ISO 80、5.1 mm焦点(24 mm相当)パンを通じて動きを表現します。レンズは露出中に車の動きに積極的に追従します。これにより、車は周囲に比べて鋭くなります。

通常、ISOは、開放された絞りで達成できるよりも短い時間を使用する場合にのみ有効になります。 典型的な例は、三脚を使わずに薄明かりの中で静的なオブジェクトを撮影する時です。 手で撮影するときに露出時間を長くすると、撮影中にカメラが動くため、写真がぼやけてしまいます。 高いISOを使用するもう1つの一般的な理由は、写真の動きを止めたいためです。そのため、最も広い絞りでも得られるよりも短い露出時間を使用する必要があります。

高いISOの使用には代償があります。技術的な観点からは、写真の品質が低下します。デジタルノイズが発生し、ダイナミックレンジが低下します。

露出ブラケット

露出について説明しているので、ここでもう一つの大切なカメラの機能を知って下さい。その機能は露出ブラケットです。 これを使用すると、カメラは同じ画像を複数回露出し、その度に設定量だけ露出がシフトします。 通常、これらは0 EV-1 EV+ 1 EV3つのショットです。 一部のカメラでは、より長い一連のショットを作成し、ショットが異なるEVの数で選択できます。フィルムで撮影する時代では、この機能は1つの良い写真を撮るという目標だけでも非常に役立ちました。 良い露出を得ることが困難な状況では、フォトグラファーは複数の露出バリエーションを作成し、これは最適なものを選択することができました。

写真のヒストグラムをチェックして、シャッターを押す前に正しく露出されたことを確認できるデジタル時代では、露出ブラケットは主にシーンに高いダイナミックレンジがある場合でも良い写真を得るために使用されます。 ブラケットからの複数のショットは、編集で1つの最終画像に結合されます。

結論

露出を完全に制御するには、3つの露出パラメーター(絞り、時間、ISO)をすべて使用します。

  • 選択した絞りと時間を使用して、創造的な目標を達成します。
  • ISOを変更する事により、光が弱いために、通常は望みの絞りや時間を使用できない場合に役立ちます。

あらゆる状況において、正しい露出を与える露出設定の組み合わせが複数あります。クリエイティブな目標を達成するために1つの設定を変更した場合、他の設定の1つまたは両方を変更して、正しい露出を維持する必要があります。カメラの半自動モードを使用している場合、カメラはこれらの設定の一部を選択します。自動モードを使用している場合、カメラはそれらすべてを選択しています。

露出についてもっと知りたいですか? このトピックに関する他の記事をご覧ください。

露出とは何か、それがどのように写真に作用するかを学びましょう

適正な露出の3つの鍵:ISO

ホワイトバランス:写真の色をマスターする

露出測定の仕組み

露出モードの使い方

露出の秘密:正しい露出とクリエイティブな露出

 グレーカードを使用して露出を測定する

最終更新日 1. December 2020

You already voted!
ありがとうございます!宜しければ、記事をSNSでシェアしてください。

著者: 編集部

すべての記事 を読む.

コメント