露出の秘密:正しい露出とクリエイティブな露出

露出をカメラの自動設定に任せていたり、手動モード時に内蔵されている計測にまかせているなら、ほとんど心配する必要はありません。この自動機能で撮影すれば、カメラが自動で判断した適正な明るさの写真が撮れます。でも、露出をクリエイティブに利用することで、想像していなかった面白い写真が撮れることがよくあります。適正露出という安全地帯を離れて、自分の写真をクリエイティブにしてみましょう!

露出

露出とは簡単に言うとカメラに取り込まれる光の量で明るさをコントロールするいうことです。画像の最も明るい部分から、最も暗い部分の暗さを設定できます。

自動設定やP、A、Sモードでは自動露出機能(AE)が働くため、カメラが最適な露出を判断し、そのモードに合う絞り・シャッタースピード・ISO感度を決定します。また、技術的な方法もあります。その場合、露出計(外付け、又は内蔵)を使用してシーン内の光を測定し、その読み取った値に基づいてカメラの露出設定を調整します。この手法は報道やドキュメンタリー作品に効果的です。

一方、クリエイティブな写真は、意図的に露出アンダーと露出オーバーを使用して被写体を目立たせ、背景を抑えます。この露出を理解すると、明るい写真から暗い写真までを思い通りに撮影することが可能になります。

技術的な正しい露出

私たちのフォトレッスンの最近の記事では、露出計と露光系 モードについて取り上げました。創造的な調整はしないで技術的に正しい露出は、報道系の写真で特に役立ちます。F8やF11のような中程度の絞りを設定することをお勧めします。ほとんどの標準的なレンズが最高のディテールを持ち、焦点深度が比較的大きいため、軽微な焦点ミスを回避できます。

Canon EOS 7D, EF-S 15-85/3.5-5.6, 1/60 s, F5, ISO 100, focus 55 mm (88 mm equivalent) A classic reportage/documentary photo taken in semi-automatic mode.
Canon EOS 7D, EF-S 15-85/3.5-5.6, 1/60 s, F5, ISO 100, 焦点 55 mm (88 mm 相当)
半自動モードで撮影された古典的なルポルタージュ/ドキュメンタリー写真

技術的に正確な露出で表現したいもう一つの典型的な例は、製品・商業写真です。ここでも、被写体の細部まで完璧に把握するために絞りを狭くして作業しています。そして、正確な露出をメーターの読み取り値に基いて、製品を忠実に捉えることができます。建築や風景写真などについても同様です。

クリエイティブな露出

私は技術的に正しい露出を使用する場合の例として、上記の製品写真を使用しました。しかし、カタログではなく広告用の商品を撮影する場合は、正しい露出の代わりにクリエイティブな露出をする必要があります。

例えば、製品全体を露出不足にし、精密照明を使用してメッセージで重要な部分を強調します。これはいわゆるローキー写真(露出アンダー)と言われ、主に暗い色合いが写っている写真です。次に、正反対の写真は、明るい色調のものが多いハイキー(露出オーバー)な写真です。典型的な例はファッション写真です。モデルの顔は輪郭に縮小され 肌の詳細さは全くありません。 唇が豊かで滑らかなのが特徴です。口紅の 広告にぴったりの写真です。

Panasonic Lumix DMC-LX3, 1/40 s, F8, ISO 80, focus 12,8 mm (60 mm equivalent) The deliberate heavy underexposure emphasizes the main motif—the backlit street clock. The surroundings are identifiable, yet they don’t steal attention from the clock.
Panasonic Lumix DMC-LX3, 1/40 s, F8, ISO 80, 焦点 12,8 mm (60 mm 相当)
意図的な露出不足は、主なモチーフであるバックライト付きの街の時計塔を強調しています。周辺は識別可能ですが、時計の文字盤に目を惹かれます。

今日では高品質の写真編集ツールも非常に多くありますが、その一方、特殊カメラや、遠近法補正機能付き特殊レンズは高価です。そのため、精細で正しく露光された写真を徹底的に撮影し、パソコンで独創的な露出やシャープネス調整を行うことが一般的になりました。この方法では、少なからずコストを削減できます。

クリエイティブで楽しい

クリエイティブで創造的な露出と適正露出は、矛盾する必要はありません。すべての照明条件において、同じ露出を与える設定の組み合わせが複数あるからです。例えば、背景から被写体を隔離する(背景がぼやけたまま)低いF値を使ってポートレートを撮ったり、その判断を自動設定に任せたりすると、大きな差がでます。自動設定で、背景にピントが合ってしまうと、被写体に影響がでてしまいます。

技術的に正しい露出でも、絞りとシャッタースピードで作業する余地はあります。絞りの選択によって、写真の被写界深度が決まります。(被写界深度とはピントがあう範囲を指します。)F値が低いほど被写界深度が浅くなり、より背景がボケやすい特徴を持っています。

これを利用して、被写体を背景から際立たせることができます。背景は、被写体から注意をそらすことなく、識別可能なままにすることができます。この方法で人全体を分離することも、原則に沿ってさらに遠くに行き、たとえば顔だけを分離して、残りの顔をぼかすこともできます。

Canon EOS 7D, EF 28/1.8, 1/40 s, F1.8, ISO 640, 28 mm focus The wide-open aperture and the deliberately “wrong” focus have helped transform the lights of the night-time city outside into an abstract composition.
Canon EOS 7D, EF 28/1.8, 1/40 s, F1.8, ISO 640, 焦点28 mm 
大きく開いた絞りと意図的に「間違った」焦点は、外の夜の街の明かりを抽象的な構成に変えるのに役立ちました。

写真の動きを表現するには、シャッタースピードを操作します。露出が非常に短い場合(1/100分から1/1000分の1秒)、非常に速いモーションでも止める事ができます。長時間露光を使用すると、動きのあるオブジェクトをぼかして、画像に動きのある感じを与えることができます。露出が非常に長い(数十秒または数十分)場合、移動するオブジェクト(たとえば、観光スポットにいる観光客)をぼかして、何もない状態にすることができます。

クリエイティブな露出オプションを広げる

クリエイティブに露出しようと努力する中で、しばしば光の限界にぶつかり、目標を達成できないことがあります。最短シャッター速度でも動けなくなるほど速い物体の動きは、とめた方がいいかもしれません。あるいは、時間が短いほど、光の不足が原因で露出不足になる可能性があります。このような状況では、スタジオフラッシュやシステムフラッシュを使います。

Canon EOS 7D, EF 28/1.8, 1/100 s, F2, ISO 100, focus 28 mm Work with depth of field (f-number is low; subject is relatively close to the sensor compared to the background) to separate the subject out from the background.
Canon EOS 7D, EF 28/1.8, 1/100 s, F2, ISO 100, 焦点 28 mm
被写界深度を操作して(F値が低く、対象が背景に比べてセンサーに比較的近い)対象を背景から浮き立たせます。

また、撮影場面で光が多すぎる状況にも遭遇することが多いです。例えば、自然風景写真の雲をぼかしたい時や、水の流れを十分に表現したい場合、非常に長い露光時間を使う必要があります。

このような状況では、可能な限り小さい絞りでも十分な露光時間を設定できない場合があります。非常に高いF値を設定すると、レンズの回折により画像が劣化する可能性があることは言うまでもありません。これらの状況での理想的な解決策は、NDフィルターを使用してレンズを通過する光の量を減らし、より長い露光時間を設定できるようにすることです。

NDフィルターは、屋外でのポートレート撮影にも役立ちます。周囲の光で開口部が開かない状況でも、NDフィルターを使えばレンズに到達する光の量を減らすことができるので、低いF値で被写体の被写体の奥行きを低くしたり、被写体の背後の背景をぼやけることができます。

楽しんでクリエィティブに撮ってみる

写真の作業中に、露出計の測定値を尊重し、適正露出で写真を撮ることができます。または、平均的な露出の領域を残しつつ、意図的な露出不足、又は露出過度を使って、写真を豊かにし、アートのような予期しない結果を得ることができます。

Canon EOS 7D, 70-200/2.8, 1/125 s, F13, ISO 100 A low-key family portrait made up of five source pictures
Canon EOS 7D, 70-200/2.8, 1/125 s, F13, ISO 100
5つのソース画像で構成された落ち着いた家族のポートレート

光が多すぎたり少なすぎたりしてクリエイティブな露出を行うことができない場合でも、解決策があります。レンズに到達する光の量を変更できるさまざまなアクセサリーです。これらの中で最も広く使用されているのは、スタジオ/システムフラッシュとNDフィルターです。

新しい記事を徐々に追加しております。

無料オンラインマガジン「フォトレッスン教室」を購読する

メールアドレスは正しくありません。
著者編集部

コメント